>
>
2018年09月01日号 1面
  • 東進タイムズ 2018年09月01日号 1面

こんなに違う合格率6割超!!

受験生諸君は夏休み中に、入試科目全範囲をひととおり終わらせることを目標として頑張ってきたことだろう。

そして9月、いよいよ受験勉強の次なるステージに入った。今月号では、入試のカギを握る「志望校対策」を取り上げ、その重要性の検証を行った。その結果、明らかとなった難関大志望者必見の事実を紹介しよう。

「盤石な基礎」と「志望校対策」あっての志望校合格

「志望校対策」はどれだけ合否に影響を与えるのだろうか。資料は2017年度の東進生の国立大学前期入試の合格率(現役生のみ)を調べたものである。今回は「志望校対策」の有無に加えて、「基礎力」の違いによる合格率も明確にするため、4つのグループに分けて検証を行った。

資料1

全国の受験生の平均合格率は39.2%(既卒生徒含む、合格者/ 受験者で算出)であるのに対し、基礎力と志望校対策が十分ではない②のグループは全国平均を大きく下回っている。また基礎力が不十分なまま志望校対策を行った③のグループも全国平均には及ばなかった。

④と⑤のグループはいずれも8月の時点で「センター試験で7割得点できる」「英単語・英熟語・英文法・英語例文を修得している」すなわち、「基礎力は十分にある」と判断できる受験生。

しかし、基礎だけを行っていた④のグループも全国平均には届いていない。基礎と志望校対策を両方行った⑤のグループのみ合格率54.9%と他を大きく上回っていた。

このことから大学受験において基礎力と志望校対策はどちらも重要であり、両方そろってこそ志望校合格に大きく近づくことが改めてはっきりした。

徹底した志望校対策が合否を分ける

さらに、「基礎」と「志望校対策」を両立していた⑤のグループのうち、志望校対策をさらに徹底した(東進の「記述型答案練習講座」で答案の再提出まで実施)受験生を抽出すると、合格率は61.5%と全国平均から20ポイント以上も高かった。

今回の分析結果から言えることは国立大学といえど基礎を疎かにせず、「徹底した志望校対策」で合格に大きく近づくということだ。

受験生は、早速この秋から志望校対策を本格的にスタートさせてほしい。基礎力がまだ不十分という受験生は二次・私大レベルの問題に触れながら、まずは一日でも早くセンター試験レベルで合格点突破を目指そう。そして、志望校合格をより確実なものにするために徹底した志望校対策を行ってほしい。

【データについて】

※1 「基礎力」は東進の「高速マスター基礎力養成講座」を高3時に取得し英単語センター1800、英熟語センター750、英文法750、英語例文300を8月31日までに完全修得、かつ2017年8月の「センター試験本番レベル模試」で5教科7科目の得点率が70%以上の受験生を「 基礎○」とした。

※2 「志望校対策」は、国立二次の記述対策に着目し、東進の「志望校対策特別講座」の「 記述型答案練習講座」を受講し、100%答案を提出していた場合、「対策○」、さらに答案再提出率が100%の場合、「対策◎」とした。

※3 合格率は合格者/受験者で算出。東進生の合格率の分母は合否が判明した生徒とした。

最新ニュース

慶應義塾大学は、11月16日(金)より受験生向けアプリを公開した。慶應義塾大学の入試情報やキャンパス見学・進学イベントの日程や詳細など、受験生が必要とする最新の情報にアクセスできる。また、デジタルパンフレット(ガイドブック)の閲覧や資料の請求も可能。早速ダウンロードして、今週開催される第60回三田祭の情報をゲットしてみよう。アプリの主な機能入学センターから配信されるニュースなどの閲覧キャンパスの施設情報の閲覧進学相談会や各種イベント、入試日程等の情報をカレンダーアプリへ追加デジタルパンフレット(ガイドブック)の閲覧配信されたプッシュ通知の確認慶應義塾大学 受験生向けアプリに関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2018/11/19東進タイムズ〕
  • 2018/11/19

慶應義塾大学 受験生向けアプリを公開

慶應義塾大学は、11月16日(金)より受験生向けアプリを公開した。慶應義塾大学の入試情報やキャンパス見学・進学イベントの日程や詳細など、受験生が必要とする最新の情報にアクセスできる。また、デジタルパンフレット(ガイドブック)の閲覧や… →もっと読む

東京外国語大学では、学園祭期間中の11月24日(土)に学部説明会と個別相談会を実施する。来春発足予定の国際日本学部を含めた3つの学部について、それぞれの概略を知ることができる。説明会は200名を超えると入場できないが、その場合には学園祭で実施されるキャンパスツアーや受験生応援企画などを楽しもう。学園祭は11月21日(水)〜25日(日)の5日間。国際色豊かなキャンパスに飛び込んだら、世界周遊へ Bon Voyage!日時11月24日(土)9:30〜13:00会場東京外国語大学府中キャンパス 研究講義棟2階227教室プログラム9:30 開場10:00〜10:30 言語文化学部説明会10:30〜11:00 国際社会学部説明会11:00〜11:30 国際日本学部(2019年4月新設予定)説明会11:30〜13:00 個別相談会(3学部共通)参加方法事前登録不要・入退場自由。ただし、教室の収容人数は200名東京外国語大学 「学部説明会・個別相談会 in 外語祭2018」に関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2018/11/16 東進タイムズ〕
  • 2018/11/16

東京外国語大学 「学部説明会・個別相談会 in 外語祭2018」を開催

東京外国語大学では、学園祭期間中の11月24日(土)に学部説明会と個別相談会を実施する。来春発足予定の国際日本学部を含めた3つの学部について、それぞれの概略を知ることができる。説明会は200名を超えると入場できないが、その場合には学園祭… →もっと読む

  • 2018/11/12

大学入試センター 大学入学共通テスト導入に向けた平成30年度試行調査の問題・正解等を公表

大学入試センターは、2020年度からの「大学入学共通テスト」に向け、11月10日(土)、11日(日)の2日間の日程で試行調査(プレテスト)を実施した。全国約8万4,000人の高校生が、実際の試験実施体制により近い形で受験した。今回の試行調査で出題… →もっと読む

東京大学理学部は、12月25日(火)・26日(水)の2日間にわたり、世界をリードする Top Scientists による高校生のための特別授業を公開する。中学生の参加も可能。東大理学部10学科のうち6つの学科の最新研究が高校生のために開陳され、質問もできるという夢のような講座。深遠な理学の世界に足を踏み入れて、魂を揺さぶられる冬休みにしよう。開催日12月25日(火)・26日(水)13:00〜16:30会場東京大学 本郷キャンパス 理学部1号館2階小柴ホール講義内容12月25日(火)ビッグデータから読み解く生命システムの部分と全体(生物情報学科)ほんの少し双有理代数幾何学―円と直線がほとんど同じ?―(数学科)固体状態で強く発光する有機分子(化学科)12月26日(水)電波で観る惑星系の形成過程(天文学科)明るいブラックホールの話〜誕生、成長、合体〜(物理学科)洞窟で探る気候変動と日本人の営み(地球惑星環境学科)参加方法東京大学ウェブページより要事前申込(各日先着170名)、参加費無料東京大学 「東大理学部 高校生のための冬休み講座2018」に関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2018/11/07 東進タイムズ〕
  • 2018/11/07

東京大学 「東大理学部 高校生のための冬休み講座2018」を開催

東京大学理学部は、12月25日(火)・26日(水)の2日間にわたり、世界をリードする Top Scientists による高校生のための特別授業を公開する。中学生の参加も可能。東大理学部10学科のうち6つの学科の最新研究が高校生のために開陳され、質問もでき… →もっと読む