>
>
2019年02月01日号 1面
  • 東進タイムズ 2019年02月01日号 1面

早期の基礎力習得で27.4点差!

入試本番真っ只中。受験生は、今まで培ってきたを出し切るときだ。また新高3生にとっては、受験生としての1年がすでに始まっている。

今号では、新高3生のために基礎力の大切さと基礎力が入試に及ぼす影響をデータによって明らかにする。

受験勉強を最初に開始した科目、半数が英語

新年度を目前に控え、受験への意識は高まっているだろうか。

資料1

資料1では大学受験を意識して受験勉強に最初に取り組み始めた科目のランキング上位を示している。1位は群を抜いて「英語」。文理を問わずほとんどの大学で試験科目として課される英語の対策は必須だ。2位は「数学Ⅰ・A」、それ以降は僅差で「世界史」「数学Ⅱ・B」「数学Ⅲ」「日本史」と続いた。数学を合計すると29.5%で、3割近い結果となったのも注目だ。

もちろん、英語や数学の対策だけをすればいいのではない。大学入試はゴールが明確なので、逆算して入試に必要な科目の計画をバランスよく立てることが重要だ。多くの受験生が意識する英語の対策を早期に終わらせることで、他の科目にも力を注ぐことができる。では、英語の対策はいつまでに何を目標にしたらいいだろうか。

基礎力があるほど本番で差がつく!

次の資料2では英語の「基礎力」を単語・熟語・文法・例文とし、修得状況別にセンター試験本番での得点を比較した。

資料2

すると、高2のうちに単語・熟語・文法・例文すべて完全修得したグループ⑤と、単語・熟語・文法・例文すべて未修得だったグループ①では、27.4点も差が開いた。

"基礎=簡単"だから入試に出ないと思い込み、基礎に時間をかけずに応用問題の演習を優先してしまう受験生も少なくない。しかし、実際は正反対だ。基礎力とは、各教科を理解するために欠かせない知識であり、その本質を正しく理解し、応用力を身につけるための力である。そのため、資料2のグラフからわかるように、基礎=土台がしっかりしているほど、その後の学習効率が飛躍的に高まる。新高3生は、遅くとも今年の3月末までには万全な基礎固めをしておきたい。

まずは、現時点で自分の基礎力がどれくらいなのかを確認するために、2月24日(日)に実施される「第1回2月センター試験本番レベル模試」を受験しよう。結果が返却されたら、総合得点だけではなく、基礎問題がどのくらいできているかに着目して、今後の学習計画を立てて実行してほしい。

【データについて】

[資料1]

2018年東進タイムズ編集部アンケートより。難関大は東京大学、京都大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、大阪大学、九州大学、東京工業大学、一橋大学、東京医科歯科大学、東京外国語大学、早稲田大学、慶應義塾大学。

[資料2]

2018年センター試験を受験した東進生の結果を集計。

東進の「高速マスター基礎力養成講座」の「英単語センター1800」「英熟語センター750」「英文法750」「基本例文300」それぞれについて、高2の3月までに完全修得した場合を○、完全修得しなかった場合を×とした。

最新ニュース

上智大学は、2020年度入試および2021年度新一般選抜についての説明会を5月19日(日)に実施する。午前と午後の2回、四谷キャンパスで行われる。国際交流、インターンシップなど数多くのプログラムが充実し、学生の主体的な取り組みも積極的に支援している上智大学。2021年度からは一般選抜制度を一新し、3つの方式を導入することを決定した。その詳細や受験のポイントをいち早く把握できるこの説明会は、25日(木)から予約の受付が開始される。締め切られないうちに申し込みたい。日時5月19日(日)10:00〜12:15(午前の部)、13:30〜15:45(午後の部)会場上智大学 四谷キャンパス 6号館1階101教室プログラム本学の特徴とグローバル教育について2020年度入試および2021年度新一般選抜について個別入試相談コーナー上智大学研究ブランディング事業 高校生向け報告会参加方法ウェブサイトより要事前予約。4月25日(木)10:00より予約受付開始上智大学 大学・入試説明会に関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2019/04/22 東進タイムズ〕
  • 2019/04/22

上智大学 大学・入試説明会を開催

上智大学は、2020年度入試および2021年度新一般選抜についての説明会を5月19日(日)に実施する。午前と午後の2回、四谷キャンパスで行われる。国際交流、インターンシップなど数多くのプログラムが充実し、学生の主体的な取り組みも積極的に支援し… →もっと読む

  • 2019/04/19

文部科学省 平成30年度「英語教育実施状況調査」の結果について発表

文部科学省は、全国の公立小学校、中学校及び高等学校等における英語教育の状況について調査を行い、その英語力の現状についてウェブページに公表した。それによれば、CEFR A1レベル(英検3級)相当以上を達成している中学生、CEFR A2レベル(英検… →もっと読む

大阪市立大学では、4月29日(月・祝)に高校生のための授業を実施する。文学部と理学部からさまざまな講義が行われるほか、文学部学生とのフリートーク、施設見学なども兼ねたオープンレクチャーのイベントだ。文学部からは表現文化、日本史、教育学、英米言語文化、理学部からは数学、物理学、化学、生物学、地球学の講義があり、好きな授業を2つ選んで聴講できる。人間そして世界の根幹を追究する学問と出会って、大学で学ぶことの楽しさを実体験しよう!日時4月29日(月・祝)13:00〜16:50(受付12:00〜)会場大阪市立大学 杉本キャンパス対象・定員高校生とその保護者、各コース150名(先着順)参加方法ウェブページ、往復はがき、FAXいずれかにて申込(4/23締切)プログラム1時限目(13:00〜14:10)「映画的身体」とは何か?―映画表現における身体の諸相大学で学ぶ日本史とは?―合同調査の20年不等式の世界科学の宝石:ダイヤモンドなぜ日本の火山は爆発的に噴火するのか2時限目(14:40〜15:50)学びを促す学習環境のデザイン―教育方法学への誘い英国ユートピア文学入門絶対零度への挑戦生きものって何?―議論していいんです!フリートーク・施設見学会(14:10〜16:50)文学部学生とのフリートーク(申込不要)学術情報総合センター(図書館)見学会大阪市立大学 高校生のための市大授業に関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2019/04/12 東進タイムズ〕
  • 2019/04/12

大阪市立大学 高校生のための市大授業を開催

大阪市立大学では、4月29日(月・祝)に高校生のための授業を実施する。文学部と理学部からさまざまな講義が行われるほか、文学部学生とのフリートーク、施設見学なども兼ねたオープンレクチャーのイベントだ。文学部からは表現文化、日本史、教育… →もっと読む

  • 2019/04/05

大学入試センター 大学入学共通テストの導入に向けた平成30年度試行調査の結果を公表

大学入試センターは、平成30年(2018)11月10日(土)・11日(日)の日程で実施した大学入学共通テストの導入に向けた試行調査(プレテスト)の結果と、地理歴史A科目の参考問題例をウェブページに公表した。協力校は1,453校、受験者数は68,409人… →もっと読む