大学受験の予備校・塾 東進ドットコム

トップ > カテゴリー: 友人関係の悩み > 質問: 友だちの本音がわからない

君の相談でドンドン回答が増える

悩み相談Q&Aは、高校生に悩みを乗り越えてもらうためのサイト。
悩みが投稿されたら、大学生の先輩たちが専門家や著名な方々を取材して、いただいたアドバイスを掲載していきます。君の悩みをお聞かせください。

性別
学年
自分が1番仲の良いと思っている友だちが、別の子とすごく仲よさそうなのを見て複雑な気持ちになります。仲が良いと思っているのは自分だけではないかと不安になります。 (高2男子)

人からもらうものではなく、幸せは自分の心で作るもの

  
東京工業大学 環境・社会理工学院 教授
さいじょう みき
西條 美紀
先生

お茶の水女子大学大学院人間文化研究科比較文化学専攻修了(博士・人文科学)、早稲田大学日本語研究教育センター客員講師を経て、現在に至る。

人の心は変えられないが、自分の心は変えられる

 

 友だちからどう思われているのかを大変気にしているあなたは、その相手のことをとても大切にされているのでしょうね。あなたのように、友だちが他の人と楽しそうに過ごしているのを見て、不安に思う人はたくさんいます。あなただけではないので安心してください。私自身も不安に思ったことがあります。

 

 相手の気持ちというものはなかなかわからないものです。その友だちがあなたの複雑な気持ちに気づいているかもわかりません。仮に気づいていても、それについてどう思っているのかもわかりませんよね。この相手の気持ちがわからない状態が不安を招いているのです。

 

 しかし、相手の気持ちを知ったり、変えたりすることは大変な勇気がいることです。なかなか簡単にはいきません。でも、自分自身の心なら変えることができます。自分の心は訓練することで、少しずつ変えることができます。では具体的にどのように訓練するのでしょうか。


心の訓練、見方を変えてみる

 

 大切な友だちが楽しそうに他の人と話していることは、自分にとって悪いことなのでしょうか。例えば、友だちが楽しんでいることは自分にとっての楽しみと考えたり、その友だちが話している「他の人」と仲良くなるチャンスだと考えてみたりするのもよいでしょう。このように、見方を変えることで、楽しさを感じられる方向に心を持っていくことができます。加えて、心そのものを訓練することができるでしょう。

 

 人が楽しく、幸せに過ごすのに大切なことがあります。それは、「人に感謝する」ことや「他人に対してプラスの感情を持つ」ことです。人から何かをもらうことではありません。人の心は変えられませんが、自分の心は変えることが出来ます。見方を変えてみることで、少しずつ自分の心を訓練してみましょう。遠回りに見えて実は一番の近道ですよ。


SNSで共有

トップに戻る[カテゴリー: 友人関係の悩み] に戻る