センター試験同日体験受験



高3生

合格した先輩の1年前と
競争してみませんか?
【1年前の今受けることで、
合格のためにやるべきことがわかる】

現時点で、君の志望校に合格した受験生と比べれば、かなわないのが普通。

続きを見る▼

でも、同じ2年生の1月時点で比べれば勝てるかもしれません。
そう考えるとワクワクしませんか。
もし勝てなかったとしても、あと1年あれば逆転は可能です。そのために今受験するのです。
この試験は、よい成績を取るためのものではありません。1年後に合格するために何をすべきかを知るための試験です。
君のチャレンジを待っています。

高2生

新テスト世代の高1生だからこそ、
今受けることが大切!
【新テストになっても必要な知識は同じ。
しかし+αの対策が必要】

大学入学共通テストとセンター試験では、問題を解くためのベースとなる知識は変わりません。

続きを見る▼

ただし、より高い思考力・判断力・表現力を必要とする進化した試験です。
だからこそ、センター試験内容+αの早い対策が必要です。
センター試験の出題内容は、新テスト世代であっても押さえておくべき重要必須事項が満載です。
だからまずはセンター同日体験受験を受けましょう。
合格した先輩の高1の1月時点の同時期で比べることもできます。
現時点で高得点できなくても当たり前。
重要なのは、今の自分を知り、これからなにをすべきか知ることです。

2020年1月18日(土)・19日(日)
高3生・高2生
特別無料招待
※ただし、特別無料招待は、センター試験と同じ日に東進指定会場で受験した場合に限ります。
上記条件に合致しない場合は、受験料3,240円が必要となります。

・東進ハイスクール、東進衛星予備校、早稲田塾各校舎
 1月18日(土)
教科時間 
地理歴史・公民
第1解答科目※1
15:40-16:4060分
地理歴史・公民
第2解答科目
16:50-17:5060分
国語18:00-19:2080分
個人マスター記入 19:30-19:4010分
英語19:40-21:0080分
英語リスニング21:10-21:4030分

 1月19日(日)
教科時間 
理科 グループ(1)15:40-16:4060分
数学(1)17:00-18:0060分
数学(2)18:10-19:1060分
理科 グループ(2)第1解答科目19:30-20:3060分
理科 グループ(2)第2解答科目20:40-21:4060分
教科   時間 配点
外国語英語80分200点
リスニング30分50点
数学(1)数学I・A60分100点
数学(2)数学II・B60分100点
国語国語80分200点
理科グループ(1) 物理基礎、科学基礎、生物基礎、地学基礎より2科目 60分 100点
理科グループ(2) 物理、化学、生物、地学から最大2科目 【1科目】60分 100点
【2科目】120分 200点
地理歴史・公民 世界史B、日本史B、地理B、倫理、政治・経済、現代社会、「倫理、政治・経済」から最大2科目【1科目】60分100点
【2科目】120分200点
教科 出題範囲
英語「コミュニケーション英語I」に加えて、「コミュニケーション英語II」および「英語表現I」を出題
数学I・A全範囲
数学II・B全範囲(確率分布と統計的な推測を除く)
国語国語総合の内容を出題範囲とし、近代以降の文章、古典(古文・漢文)を出題
(現代文のみの受験も可能)
理科各科目とも全範囲から出題
地理歴史・公民各科目とも全範囲から出題
個人成績表
試験実施中5日より返却開始
窓口返却
試験実施中5日より1カ月の間に、受験した校舎の窓口で受験票を提示し、お受け取りください。
(受付時間は受験校舎にご確認ください。)
郵送返却
ご希望の方はお申込み時にお問い合わせください。(有料)
合格指導解説授業
受講方法…
①校舎受講
(受験校舎にてお申し込みください。)
②2020年1月26日(日)より公開準備
(~2020年3月31日まで)

2020年度センター試験の問題に
受験生と「同じ日」にチャレンジ

大学入試センター試験当日に、受験生とまったく同じ問題に挑戦する。それが、センター試験同日体験受験です。最新の大学入試を知り、現在の自分の実力を客観的に知る絶好のチャンスです。本番そのものの試験だから、真剣勝負で学力もアップ。自分の学力をはかる「学力のものさし」として活用してください。

理科・地歴公民を含む
全教科の受験が可能

センター試験同日体験受験は、英数国だけでなく理科・地歴公民の受験も可能です。主要科目の基礎固めが必須であることはもちろんですが、難関大合格のためには理科や地歴公民の早期完成も重要です。入試レベルを体感し、全科目の学習ロードマップを築きましょう。また、2月以降2カ月ごとに実施されるセンター試験本番レベル模試を連続受験することで、勉強法や学習計画の効果を確認しながら、勉強の質を高めていくことが可能です。

試験実施から中5日の
成績スピード返却

従来の模試では、試験後から成績表返却まで3週間から1カ月もかかり、忘れたころに返ってくるのが当たり前でした。長い時間が空いては、受験結果を元にした復習も効果的に行えません。東進のセンター試験同日体験受験では、試験実施中5日という成績表のスピード返却を実現しました。志望校合格までの具体的かつ的確な学習計画を素早く立てることができます。

東京大学 理科二類
大石 琉聖くん
神奈川県立 相模原中等教育学校卒

 高1のときに「センター試験同日体験受験」を受け、思ったよりも大学入試が厳しいものだということを知り危機感を覚え、受験勉強をスタートしました。

名古屋市立大学 経済学部
藁科 美悠さん
静岡県立 磐田東高校卒

「センター試験同日体験受験」で、初めて受験に向き合い、自分の行きたい大学と今の自分の学力との差を知りました。ようやく受験のスタートラインに立てたのだと思います。

早稲田大学 文化構想学部
内田 葵さん
東京都 私立 立教女学院高校卒

1年後に向けて、自分がどれくらいの学力差があるか明確にわかり、やるべきことが見えモチベーションアップや冷静な自己分析につながります。

フェイスブック ツイッター LINE