"; echo "body{background:url(http://www.toshin.com/books/image/HeaderTopBg.png) repeat-x;}"; echo "#GlobalMenu{margin-bottom:20px;}"; echo ""; //バッファ開始からここまでにバッファされたものを$out1に代入する。 $out1 = ob_get_contents(); //バッファを終了。 ob_end_clean(); //$out1をUTF-8からSJISに変換する。 $out1 = mb_convert_encoding($out1, "SJIS", "UTF-8"); //$out1を出力する。 echo $out1; ?>

« やる気をアップして効果的に勉強しよう!3−4 | メイン | 難関大対策 短期完成!人文系小論文 改訂版 »

まずは、「自分のしたいこと」をはっきりさせることがポイントになります。好きなこと、社会に出てしたいことがあれば、大学で何をすればいいかがわかり、大学に行きたい気持ちがわいてきます。そのためには、憧れを持つことが大切です。

例えば、「アナウンサーになりたい」「ジャーナリストになりたい」「編集者になりたい」「弁護士になりたい」「作家になりたい」など、テレビを見ていて、いろいろな職業に憧れを持つことがあるはず。その職業につくために、大学で何をすればいいか具体的に情報を集めると、大学に行きたい気持ちが高まり、やる気もアップします。

一方で、高校生の段階では、したいことがなかなか見つからない人も少なくないでしょう。そういう人は……。

 樋口 裕一 【著】
【出版社】東進ブックス
【定価】1000円(本体952円+消費税5%)

受験勉強のように、試験日とそれまでの期間がはっきり決まっているものには、計画が欠かせません。計画を立てれば、やる気もアップしてきます。

受験というのは、計画がどれほど現実的か、それをどれだけ実現したかによって、成功か失敗かが決まると言っても過言ではありません。だから、計画を立てることがとても大事なのです。

まずは、試験までに何をするべきかを中心に、逆算して計画を作るのが原則。そのためには、科目ごとに「月末までに、この参考書を1冊仕上げる」といったわかりやすい目標を設定することがポイントです。

実際、日々の計画、月間スケジュール、合格までの年間スケジュールをァてる時も、この原則を頭に入れておきましょう。

計画を立てたことがない人、いつも計画倒れで終わってしまう人もいるでしょう。そういう人は……。

 樋口 裕一 【著】
【出版社】東進ブックス
【定価】1000円(本体952円+消費税5%)
■勉強、部活、恋愛… とにかく忙しい!
■携帯電話と一緒に勉強している
■飽きっぽい・やる気が続かない
■小さな積み重ねをバカにしている
■模試を受けることを避けている
■苦手科目は見るのもイヤ!
■基礎レベルの授業や参考書をバカにしている
■わからないことをそのままにする
■知名度やイメージで志望校を選ぶ
■受験勉強する意味がわからない