"; echo "body{background:url(http://www.toshin.com/books/image/HeaderTopBg.png) repeat-x;}"; echo "#GlobalMenu{margin-bottom:20px;}"; echo ""; //バッファ開始からここまでにバッファされたものを$out1に代入する。 $out1 = ob_get_contents(); //バッファを終了。 ob_end_clean(); //$out1をUTF-8からSJISに変換する。 $out1 = mb_convert_encoding($out1, "SJIS", "UTF-8"); //$out1を出力する。 echo $out1; ?>

« 2010/12/24 更新情報「新刊案内」 | メイン | 2010/12/27 更新情報「新刊案内」 »

高速マスターシリーズ 化学I 一問一答【完全版】





橋爪 健作 【著】

【出版社】東進ブックス
【ISBN】9784890855070
【定価】本体952円+税
【頁数】320
【判型】B6判
Amazon_logo.gif

message.gif

 今まで、丸暗記の化学を否定する立場に立ち、「考える化学」・「理解する化学」をめざして参考書や問題集を執筆してきました。その自分が、「一問一答」という化学をただの暗記科目ととらえているようなイメージのする本を執筆してよいのか? 執筆できるのか? とかなり悩みました。

 このように、今回はどこから手をつけてよいのかわからない状況でしたので、とりあえず「作業」に没頭することにしてみました。まず、約80校の大学(センター試験を含む)の過去問を多年度にわたって取得し、問題を化学Tの分野別に並べることから始めてみました。次に、用語問題を中心にデータベース化し、頻出問題を抽出し、各分野のベスト問題を厳選してみました。

 ここまでの作業が終わり、部屋いっぱいにつまれた入試問題を眺めながら、あるアイディアが浮かんできました。
 「データに基づいて選んだ頻出のベスト問題を、考える化学の立場から有機的につなげることができれば、入試に必要な用語を身につけることはもちろんのこと同時に思考力も身につけることができるのではないだろうか?」
続きはこちら>>

すべてはここから出る!! 最大効果の化学問題集
試験に「出る」用語問題・計算問題を収録。
入試に直結した問題とポイント解説で、短期間で最大の効果をあげる!

【本書の特長】
(1)入試に必要な知識を完全収録
大学入試に「出る」用語問題・計算問題を収録。
センター、国公立・私立大すべての入試に必要な知識を網羅。

(2)出題頻度を明示
3段階の出題頻度を★マークで表示。どこを重点的に押さえればよいかがわかる。

(3)短期間で最大の効果をあげる
入試に直結した問題とポイントを押さえた解説を掲載。読み進めていくだけで、短期間で効果的に基礎力→応用力を身につけることができる。


★2013年度 センター試験「化学I」第3問 問7
 本書の図がズバリ的中★

p.147の「塩素の製法」の解説の図を覚えていれば、バッチリ得点できた問題です!


【目次】
■第1部 理論化学@ ー物質の構成ー
 第1章 物質のなりたち
  01 物質の分類
 第2章 物質を構成している粒子
  02 原子
  03 イオン
  04 分子や原子からできている物質
 第3章 相対質量と物質量[mol]
  05 相対質量
  06 物質量[mol]
  07 化学反応式と物質量
■第2部 理論化学A ー物質の変化ー
 第4章 熱化学
  08 熱化学方程式と反応熱
 第5章 酸と塩基
  09 酸と塩基
  10 水の電離とpH計算
  11 中和反応と滴定曲線
  12 塩
 第6章 酸化還元
  13 酸化・還元と酸化数
  14 酸化剤・還元剤
  15 金属のイオン化傾向
  16 電池
  17 電気分解
■第3部 無機化学
 第7章 無機化学
  18 金属イオンの反応
  19 気体の製法と性質
  20 典型元素とその化合物
  21 遷移元素とその化合物
■第4部 有機化学
 第8章 有機化学
  22 有機化学の基礎
  23 異性体
  24 アルカン・アルケン・アルキン
  25 アルコールとエーテル
  26 アルデヒドとケトン
  27 脂肪族カルボン酸
  28 エステルと油脂
  29 芳香族炭化水素
  30 フェノール類
  31 芳香族カルボン酸
  32 芳香族アミンとアゾ化合物
  33 合成樹脂・合成繊維
  34 有機化合物の分析