大学受験|漢文


一目でわかるハンドブックシリーズ 一目でわかる漢文ハンドブック



●漢文は得点源になりやすい科目だ!
 漢文は、古文と同様に、知識が土台として必要な科目である。問題演習というレベルの勉強に入るためには、その土台になる知識を身につけなければならない。
 ただし、漢文の場合、そのやらなければならない勉強の分量が非常に少ない。出題者側にも手加減する意識があって、そんなに難解な内容の問題は出ない。特にセンター試験などは、漢文の配点は古文と同じ五〇点である。つまり、漢文はしっかりやるべきことをやって臨めば、少ない労力で高得点を狙いやすい、オイシイ科目なのだ。

●訓読のスピードと句法の知識を身につけよ!
 漢文は、まず何と言っても、返り点をスムースにこなせる「訓読」の技術が必要である。できればそのスピードも欲しい。
 次に必要なのは、否定形とか反語形とか使役形とかの重要な「句法」の知識である。「句法」は古文で言えば「古典文法」にあたるが、「句法」の知識が解答の絞り込みに直結する問題は、古文における「古典文法」以上に多い。「句法」の知識が大事なのは、問題を解くためだけでなく、与えられた問題文の読解のためでもある。「句法」を意識しながら問題文を読む習慣をつけよう。
 漢文の受験勉強は、一にも二にも「訓読」の訓練と「句法」の習熟である。まずは、第一章の「訓読」、第二章の「句法」を、しっかり覚えよう。

●漢字の力と「古典文法」の力も大切だ!
 漢文は漢字ばっかりなのだから、当然「漢字の力」は大切だ。第三章の「語法」を勉強しておこう。しかし、実際の質問としては、読めればデキルというレベルの問題が多い。しかも、漢字は読めればふつう意味がわかる。漢字の訓読みの力と熟語の力をつけよう。
 もう一つ、漢文は訓読すると「古典文法・歴史的仮名遣い」に従っているので、古文の用言の活用や助動詞の力も大切である。くれぐれも「古典文法」の勉強をおろそかにする勿かれ!

●単語や文学史の問題は少ない。漢詩のきまりは要注意!
 漢文が古文よりラクなのは、「単語」の比重が軽いからである。第四章の「重要語」には二八七語あるが、全部覚えなければ漢文が読めないという性格のものではない。太字になっている九〇語くらいは気をつけておこう。「文学史」や「思想史」の問題もきわめて少ないが、覚えておくにしても重要なポイントは古文とはケタが二つ違うくらい少ない。第五章の「漢詩」のきまりには要注意。近年、漢詩の問題は増えている印象がある。これらのズバリ知識の問題は、知っていればまさに得点源だ!

三羽邦美

閉じる