大学受験|地理

名人の授業


名人の授業シリーズ 村瀬の地理Bをはじめからていねいに 系統地理編

message.gif

◆理解することが大切!
地理には「何でそうなるのか」という理由があります。単に用語や地名などを覚えこむ(丸暗記する)のではなく、しっかりと理解することが大切です。
もちろん、センター試験で出題される最低限の用語や地名を覚えることは必要です。知識が多いほど解答しやすくなることも事実です。しかし、センター試験では、単純な知識が問われる問題は非常に少なく、地図、統計図表、写真などを使用して、それらを読みとる能力や理解力を試す出題が中心となっています。覚えることも大切ですが、「理解」することの方がもっと大切です。

皆さんの多くは、地理にかける時間はあまりないと思います。「何だ、そうだったのか!」としっかり理解しておけば、忘れにくくなり、限られた時間の中で効率よく勉強を進めていくことが可能になります。

◆まずは読むだけです。
系統地理編では、地形、気候、農林水産業、鉱工業、人口、都市などのように、テーマに沿って地理を勉強していきながら、センター試験で必要な知識の基本となる見方や考え方を説明します。

本書では、「何でそうなるのか」という理由を、講義形式でこれでもかというくらい丁寧に解説しました。用語などを表にまとめて整理するだけのものとは異なり、どうしてそのようになるのかという要因や背景をしっかり説明していますので、読み進めていくだけで、センター試験レベルの重要事項が理解できます。

さらに、理解を深めるための図版や写真を多く使用しました。図版や写真を見ながら読み進めていくことで、イメージしやすくなり、理解が一層深まります。特に01講の地形と02講の気候では、「どうしてそのような地形が形成されるのか」、「どうしてその地域がこのような気候になるのか」といった成因についてわかりやすく示した図版をたくさん用意しました。

地理の勉強が進んでいる人はもちろんのこと、これから地理の勉強をはじめる人にも十分に理解できるように書いてありますので、安心して読み始めて下さい。

一度しっかり理解できたことは、なかなか忘れないものです。また、しばらくたって忘れてしまったとしても、少し復習をするだけですぐに思い出せるものだと思います。

理解することを大切に。これが間違いなくセンター試験攻略の最短経路です。

村瀬哲史

閉じる