大学受験|古文

高速マスターシリーズ


センターに出る古文単語150

message.gif

■古文の基礎を最短でマスターする最強ツール!
本書は、センター試験に「出た」古文単語を徹底分析し、まず覚えておくべき古文単語として150語を収録しました。これを覚えることで、受験古文においてまず覚えておくべき古文単語を効率的におさえるとともに、センター試験に的を絞った効果的な対策をうつこともできます。

■1語1分=150分完成の高速マスター!
とにかく古文単語に時間をかけないことも本書は意識しています。
そのために、本書はイラストを利用して単語をより早く効率的に覚えられるように工夫しました。また私が受験の時に覚えた覚え方や、受験当時、予備校の先生に教わった覚え方なども少しアレンジして載せてみました。その当時は「そんなゴロ合わせなんてすぐ忘れるだろう」と思っていましたが、いまだに意外と覚えているものです。ぜひ参考にしてみてください。

■充実の例文で記憶の定着をさらに深める!
本書の例文はすべてセンター試験から抜粋しています。また、例文には、ただ見出語だけを掲載しているわけではありません。より効果的に覚えられるように、例えば27番の「うつくし」の例文では、単に「うつくし」が盛り込まれているだけではなく19番の「いと」や95番の「ながむ」の見出語も盛り込まれています。つまり、「うつくし」の単語を覚えながら19番の「いと」の復習もできるし95番の「ながむ」の予習もできるわけです。150の例文のすべてがそうなっています。
ただし、例文をしっかり読もうとすると時間がかかるので、まずはイラストや時折登場するポイント・ゴロ合わせを使って150分で150語を一気に暗記した上で、例文を活用しながら記憶の定着をさらに深めていってみてください。本書が机上の友となることを心から祈ります。

吉野敬介

閉じる