ページを更新する ページを更新する
>
2022年05月01日号 16面
  • 東進タイムズ 2022年05月01日号 16面

部活生必見
高1・高2での学習時間&高3での質の高い学習で難関大現役合格!

部活をしている高3生は、春から夏にかけて引退時期を迎える人が多いだろう。また、高3生の引退を見送った高2生・高1生は新たな体制の中、部活動に励んでいるころだろう。さて、部活動と大学受験にはどのような関係があるのだろうか。勉強の時間を作るために部活を引退する人がいる一方で、高3まで部活動を続けて志望校に現役合格する先輩も数多い。そこで今回は、部活動と大学受験の合否との関係に焦点を当てて分析を行った。

高1・高2の学習時間が大学受験に大きく影響する

まずは資料1を見てほしい。これは、今年難関大に現役合格した部活生が、いつ受験勉強を始めたかを示すデータだ。

これによると、現役合格者の7割以上が高1・高2のうちに受験勉強を始めている。高1・高2のうちから勉強を始めている人に、高3からスタートした人が追いつくことは容易ではない。目標を決め、あらかじめ計画を立てて物事を進めるほうが大学受験でも有利といえる。

次に資料2を見てほしい。難関大に現役合格した部活生と不合格だった部活生の学習時間の比較だ。結果は、合格した部活生のほうがトータルで170時間多く学習していた。高3の学習時間差では不合格者のほうがわずかに上回っていたが、高1・高2での積み重ねには遠く及ばなかった。また、170時間は多いように見えて合格した部活生の総学習時間の約4%。その僅差で合否が分かれるならば、意識をして早めに受験勉強を始めてみる価値がある。

高3まで部活を続けた難関大現役合格者が多数派!

では、難関大に現役合格した部活生は、受験勉強に集中するために早々に部活動を引退していたのだろうか。

難関大現役合格者の部活引退時期を調べると、「高3の1学期」が45.9%、「高3の夏以降」も含めると高3での引退は73.5%であった(資料3)。ここ1、2年は、新型コロナウイルス感染症により、思うように部活動が行えない時期もあっただろう。それでも、多くの部活生が高3まで部活動を続け、難関大に現役合格した様子が伺える。

資料2からも高3では時間だけで勝負しても合格は掴めない。質の高い学習を行うために、部活生が培った集中力や忍耐力、体力は大きなメリットとなる。部活にも全力で取り組み、難関大に現役合格した先輩に続けるよう、受験勉強を今すぐ始めよう!

バックナンバー

「憧れの職業を追え!」アーカイブ

お役立ちコンテンツ

お役立ち情報|予備校・大学受験の東進

入試情報を完全網羅!
全185大学の過去問を無料閲覧!
志望校選びに役立つ情報・最新情報が満載!
志望校合格を目指す生徒と
そのご父母のための大学進学情報
未来につながる答えが、ここにある。
高校生の悩み解決サイト
進路指導にご活用ください。
模試のお問い合わせも可能です。
全国の小学校から大学までの
ピンポイント天気をチェック!
国公立・私大の文理系統別難易度を一発表示
最新の入試情報をはじめ、共通テストや大学入試に関するお役立ち情報を多数掲載
ご父母のための教育情報サイト
「何を究めるか」から始まる本当の志望校選択
無料で使える!学習効果を高めよう!!
若手研究家に贈られる永瀬賞受賞記念
フロンティア精神に溢れた世界に誇れる日本を創ろう。
共通テスト 解答・解説
ベストセラー参考書から
夢ふくらむ人生の参考書まで
世界で活躍するリーダーを目指す東進生諸君へ。
世界は、結構カンタンに近くなる。
毎月開催
高校生の皆さん、この問題が解けますか?