ページを更新する ページを更新する
  1. 東進ドットコム
  2.  > 親のための大学受験サイト
  3.  > いつどこでどんなサポートが必要?

変わる受験制度や社会環境。
お子様の不安を受け止め、
自信を高める親の出番とは

知識・技能のみならず、思考力・判断力・ 表現力など、個の強みやビジョンが求められる時代。社会の価値観やシステムの変化を受けて、大学の学びは大きく変わりつつあります。新しい領域やユニークな取り組みが誕生したり、従来の学部の強みが再評価されたり、親世代の常識が覆ることもしばしば。高校生活や受験のサポートには、偏りやとらわれのない親の理解と、将来につながる声かけ・働きかけが欠かせません。

まずは、勉強と部活・学校行事との両立をバックアップしたり、模擬試験のスケジュールを共有したりするなど、日常の基本的なサポートを中心に。毎日の食事や睡眠環境への気配りは健康面を支え、いざというときは信頼に満ちた親の言葉がお子様の精神面を支えます。

学習面については、最先端の学びに即したお子様独自の進路選択をAIによる完全個別対応や徹底的な志望校対策でバックアップする東進が強い味方に。受験はチーム総力戦です。お子様が孤独にならず、親も思い込みやイメージに左右されないために、少しでも早いタイミングから学びの環境やスケジュールを整えて、無理のないサポートを始めましょう。

記事の中身をチェック↓

1.2023年(令和5年)大学入試のスケジュールをチェック!
2.親の出番①自立心を育む「信頼と見守り」
3.親の出番②夢や志を明確にする「相談と応援」
4.受験生・保護者・東進・AIの総力戦!学年別受験対応スケジュール

2023年(令和5年)
大学入試のスケジュールをチェック!

2023(令和5)年大学入試の主要日程

1月14,15日 大学入学共通テスト
1月28,29日 大学入学共通テスト追試験
1月23〜2月3日 国公立大出願期間
2月1日〜 私立大一般入試
2月25日〜 国公立大2次試験(前期)
3月8日〜 公立大2次試験(中期)
3月12日〜 国公立大2次試験(後期)
3月22日〜 国公立大2次試験の追試験

大学入学共通テストの受験案内は2022(令和4)年9月1日から配付されます。(出願期間は9月26日から10月6日まで)。各大学の個別試験の日程等については、受験する大学の募集要項等で必ず確認してください。

親の出番①
自立心を育む「信頼と見守り」

受験を前に、お子様の高校生活に過敏になっていませんか? あれこれ口出しするよりも「好きなこと」「挑戦したいこと」をじっくり見守りましょう。主体的に部活の両立や学習の工夫をして得た成功体験と自信が、これからスタートを切る大学での学びや将来の目標に向かって積み上がっていくようにアシストするつもりで。何もしなくても親は子どもに影響を与える存在です。勉強はもちろん、好きなスポーツや特技を伸ばす習い事や地域とつながるボランティアなど、お子様の取り組みや活動を親が信頼できる関係は、自立心を育てます。各大学でも、大学教育を受けるにふさわしい受験生の能力・意欲・適性等を多面的・総合的に評価・判定するとしています。

親の出番②
夢や志を明確にする「相談と応援」

説明会や面談などをはじめ、子どもだけでは決められない・わからないことについて、一緒に考え、寄り添い、語り合う時間は大事な親の出番のひとつ。お子様の相談には気軽に応じたいものです。そこで親の意見を与えたり選択させたりしようと考えず、お子様の思いを聞き、その理由を聞き、一緒に答えを導くためと考えるとコミュニケーションもスムーズ。大切なのは親が答えを決めることではなく、お子様が自分で答えを見つけることです。いつでも相談できる関係から、お子様が自分の考えを深め、やがて自分の夢や志に気づいていくことができれば理想的。お子様が不安を言葉にできる関係づくりを。

かわって、表面的な振る舞いや上から目線の指示・命令には注意が必要です。「○○大・△△学部がいいに決まってる」といった決めつけや、「ちゃんと勉強してるのか?」といったプレッシャー、「○○さんはもう受かったんだって」といった比較は控えましょう。第一志望校の日程に無理はないか、受験日はかぶっていないかなどをさりげなく気遣ったり、お弁当のおかずに好物を入れたり、一緒に大学の下見に出かけたり……普段と変わらない日常から、応援する気持ちを伝えたいものです。

親の出番はここ!

進路説明会

最新の進路情報を保護者の立場からお子様と共有しましょう

三者面談

お子様の思いに対して、黙らず、けんかせず、任せきりにせず、意思の疎通を

奨学金検討

利用するかどうか、親子で共通理解を持っておくことが大切です

受験生・保護者・東進・AIの総力戦!
学年別受験対応スケジュール

親としてはお子様のペースに寄り添った無理のない志望校対策を共有したいもの。高3生の振り返り・見直しの時間はもちろん、高2、高1のうちから将来を考える時間を最大限に活用しましょう。

保護者もぜひ知っておきたいのが受験計画におけるAIの活用です。東進では、受験生一人ひとりの学力診断・受験計画に基づいて得意・不得意を洗い出し、取り組むべき単元・ジャンルとその優先度を明確化。過去15年以上にさかのぼって受験生の学習履歴、大学・学部の出題傾向、難関大学の合格実績を分析してきた東進のビッグデータが、その信頼と効率を高めています。

限られた時間で苦手克服に挑戦したい受験生に支持されているのが「志望校別単元ジャンル演習講座」です。AIがお子様の過去問演習講座等の学習状況と志望校の入試傾向を判断し、30万問を超える演習データベースから厳選してお子様に個別最適化した学習課題と演習問題を提案。狙いを定めた学部・学科合格に必要な強化ポイントを徹底的に洗い出して、演習問題による得点力アップに導きます。合格力の獲得はもちろん、勉強時間の効率化や質の向上で苦手意識の払拭を。個々の関心や課題到達度を高めることで学びのユニークさの追求や合格のためだけではない未来に備えた学力習得や得意分野の伸展を。東進ならではの最先端のテクノロジーで支えます。

東進の教育システムの柱である「高速学習」は、洗練された高度化・時間短縮が進んでいます。AIはもちろん、東進の実力講師陣や担任、大学の先輩となる助手まで、受験や学習のスペシャリストの指導も活用して、お子様と保護者共に納得度・満足度の高い受験計画を整えましょう。かなえたいのは、お子様一人ひとりの高校生活の充実と、その先の人生につながる夢や志の応援です。

高1生の目標

お子様とチェック

高校合格時はお子様の自己肯定感や将来に対するモチベーションが高まる時期。
高校生活でどんなチャレンジをするか、進みたい大学はどこかを話し合いながら、夢につながる「先取り学習」を親子で計画しては。

高2生の目標

お子様とチェック

夏休み(春休み・冬休み)の過ごし方は千差万別。講習や模擬試験、部活で忙しくなる一方で、心身ともに不安定にもなりがちです。
感染症対策はもちろん、生活管理に気を配り、時間の過ごし方の見守りを。

高3生の目標

お子様とチェック

いよいよ受験本番。高校生活の集大成の時であり、様々な試練も経験します。思うような結果を出せなかったり、周囲との比較に苦しんだりすることも。
子どもの一番の理解者として、否定せずに応援しましょう。