東進ドットコムに寄せられた多くの皆さんの疑問にお答えします。

その他についてのQ&A

画像はクリックすると大きくなります。

Q.春から始まる高校生活がとても楽しみなのですが、高校入試が終わってすっかり気が抜けています。入学前にやっておいた方がいいことはありますか?(新高1・女子)【2021年3月】

A.高校生活を充実させるためにはスタートダッシュが大切です。そのために高校入学前の今、ぜひやってほしいことは……「先取り学習」です!!

1.スタートダッシュが大切なワケとは?

 いよいよ始まる高校生活。部活や学校行事など、新しい生活に期待でいっぱいのことでしょう。しかし、勉強においては難易度・量・授業スピードが中学とは段違いで、高1の1学期からつまずいてしまう人も少なくありません。入学式前の「先取り学習」をすれば、心に余裕ができ、学校の授業を復習のように受けられるので、理解度アップにつながります。定期試験もスムーズに対策することができ、部活との両立もうまくいきやすくなるはずです。クラストップ・学年トップも夢ではありません。

 「先取り学習」を今すぐ始めて、高校生活の絶好のスタートを切りましょう!

2.先取りは何から始めるべき?

 では実際に何から始めればよいのでしょうか。高校の先取りに最適なのが数学です。中学範囲に苦手意識がある人はもちろんですが、中学では得意科目だった人も、レベルが上がる高校範囲の数学が苦手になることも珍しくありません。ただ、高校では進むスピードが速くなることで理解が追い付かなくなっていることも多いため、時間を十分に確保できる春休みのうちに学習を進めておくことが、数学攻略のためのポイントになります。

 他に、大学受験の主要教科である英語に挑戦するのもおススメです。文理を問わず必要とされ、大学入学共通テストでの配点も高い重要な教科です。大学入学共通テスト導入に伴い配点比率の高まったリスニング対策も欠かせません。リスニング力は一朝一夕では身につかず長期的に習慣化して学習していく必要があるため、今からの先取り学習が大学受験対策にもつながります。

 

 東進では、高校入学前のスタートダッシュができる「高1・1学期先取り特訓講習」を実施中! 3/27(土)までのお申込で1講座に無料招待しています。高校範囲を既に学んでいる中高一貫校生には「新年度特別招待講習」がおススメです。英語も数学も90分×5回の授業で単元別に集中的に取り組めます。新学期が始まる今こそ、東進で新しい学びのスタートを切ってみてはいかがでしょうか。

※記載情報は更新日時点の内容です。ご覧いただく日時によって、イベントやキャンペーンのご案内など実施期間が過ぎている場合もあります。最新情報は東進トップページにてご確認下さい。

東進についてのQ&A >

授業についてのQ&A >

受験についてのQ&A >

その他のQ&A   >

各お申し込みはこちら