東進ドットコムに寄せられた多くの皆さんの疑問にお答えします。

東進についてのQ&A

画像はクリックすると大きくなります。

Q.苦手な分野をいくら勉強しても、点数が伸びません。どうしたらいいですか?(高3・男子)【2019年11月】

A.高3生は残り時間が限られています。センター対策の演習に入る12月半ばまでには苦手克服を終わらせたいですね。苦手克服のポイントは、範囲を絞って短期間で学習することです。

1.高3生の苦手克服は「12月半ばまで」を目標に!

 受験生にとって、夏~秋以降はアウトプットの時期です。ですが万一インプットが終わっていない場合は、まずは一通りインプットすることを最優先しましょう。その上で、自分のレベルに合った演習を繰り返し、「わかる」から「解ける」へと深めていきます。知識や概念理解に不足があったらインプットに一回戻るなどして、志望校のレベルに近づけていきましょう。
センター1カ月前の12月半ばごろからはセンター対策の演習に入るので、この1カ月が苦手克服に大切な時期です。「12月半ばまで」を目標に、苦手克服を進めましょう。

2.効率的に苦手を克服する3つの方法

勉強をいくら行っても点数が上がらない場合は、もう一度勉強の仕方を見直してみると良いでしょう。
以下の3つがポイントとなるので参考にしてください。

①範囲を絞って繰り返す
苦手克服のためには、やることを絞って集中的に勉強することが大切です。実際に取りかかるときは自分のレベルに合ったところまで戻って学習をしましょう。そして、ひとつずつ着実に定着させていきます。同じ範囲を何度も何度も繰り返し学習することで、効率的に定着します。

②短期集中で一気に学習
短期集中で一気に勉強をして何度も繰り返したほうが、その部分が頭に残りやすいといわれています。苦手だからと後回しにしないで、思い立ったときにすかさずに学習をスタートして一気に片付けましょう。特に高3生は残り時間が少ないので、スピードが鍵になります。

③学び方を変える
苦手科目や解けなかった範囲は、どう対策をすれば良いかがわからないという人もいるでしょう。そんなときは詳しい人に教えてもらうのも得策です。例えば、学校や予備校の先生、友達や先輩に相談してみましょう。わかりやすく教えてもらうことで、自分の理解が深まります。

高3生は、「12月半ばまで」の苦手克服を目指して取り組んだ成果を測ろう!

高2生・高1生の苦手克服につながる!

東進についてのQ&A >

授業についてのQ&A >

受験についてのQ&A >

その他のQ&A   >

各お申し込みはこちら