2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
法学部

no image

写真

田部井志穂さん

東進ハイスクールたまプラーザ校

出身校: 田園調布雙葉高等学校

東進入学時期: 中3・12月

所属クラブ: バドミントン

引退時期: 高2・3月

この体験記の関連キーワード

苦手から逃げずに対策をし続ける大切さ

 私は中学3年生の12月に東進に入学し、英国社3教科の基礎固めを早期からスタートしました。具体的には、一般的に言われていることですが単語、熟語や古文漢文の句法などが学習の中心になりました。これらの基礎固めには市販の単語帳や問題集だけでなく、高速マスター講座を大いに活用しました。特に日本史は年号暗記や基礎編、標準編と項目別に分けてマスターできるので、隙間時間に活用して知識を整理しつつ定着させることができました。早期スタートの結果、センターレベルの勉強を早めに終わらせて、私大対策に時間を割くことができました。

受験の結果でみると、私は第一志望だった早稲田大学政治経済学部に合格することができませんでした。その要因として、英語への苦手意識を最後まで消すことができなかったことが挙げられます。どの大学を受験するにしても、英語は大体の場合で最も配点が高い科目であり、英語での得点力は合否を大きく左右します。しかし、私はもともと英語をあまり好きではなく、結果として苦手としていた英語の点数を十分に伸ばすことが出来ませんでした。その一方で、早くから最も苦手としていた国語に関しては自分のできていないことに対してしっかりと向き合い続けた結果、センター試験本番では過去最高の得点をとり、私大入試でも得点源にすることができました。苦手から逃げずに対策をし続ける大切さを痛感しました。

受験を終えて思うことは、担任、担任助手の方々の支えなしで私は第二志望の合格はできなかったと思っています。実際私は自分が出来ているところであっても自信がなく、精神的に自分で自分を追い込んでしまう面がありました。でも、そのような時期は私を担当して下さった担任助手と話をすることで、自分のやるべきことの再確認ができ、精神的にも本当に支えられたと感じます。一年間担当をして頂いたことを非常に感謝しています。
最後に、これから受験生になる後輩に伝えたいことがあります。それは、自分の第一志望に合格するために努力できるのは自分だけだということです。体調に気を付けつつ、頑張ってください!

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

最終センター試験本番レベル模試で間違った箇所が実際に本番でも出題されたので、失点した箇所の範囲を重点的に復習することが大切です。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

その他

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

覚えていません。

Q
東進を選んだ理由
A.

覚えていません。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

レベルの高い人たちが集まっていたので、参加することでモチベーションを上げていました。

Q
東進のおすすめは?
A.

担任指導
集団授業を行う塾ではなかなか一人に対して細かい指導をするのは難しいと思いますが、東進では生徒1人に2人が担当としてつくので、1人1人に合わせた指導が受けられました。

 早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 639

友達にシェアする