2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1434人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

京都大学
工学部

no image

写真

三宅優希くん

東進衛星予備校倉敷茶屋町校

出身校: 倉敷天城高等学校

所属クラブ: ハンドボール部 副部長

引退時期: 高3・7月

この体験記の関連キーワード

ただ前へと進むこと

 僕はあまり褒められた受験生ではなく、怠惰で無計画な受験生時代を過ごしてしまいました。この上には仰々しい大学名が載っていると思いますが、あまりすごい奴とは思わず、下に書いてあることはダメな先輩からの口うるさい忠告と思っていただけると幸いです。

まず初めに東進は自学自習の予備校である、ということに重々注意してほしいと思います。ここでは自分の学ぶべきこと、学ぶために使う時間などすべてをほとんど自分だけで決めていくことが必要になります。僕は受験生時代、とりあえず難しそうな講座を興味が惹かれるままに取って、できる限り勉強に時間を費やせばいいだろうと考えていました。一日中ずっと勉強していれば、勉強の計画なんて立てる必要なんてないと思っていたのです。

皆さんお分かりだと思いますが、これは大きな間違いです。どんな人間もずっと勉強しつづけることはできません。適度な休憩と十分な睡眠時間が必要です。とくに睡眠は大事です。眠たい時は勉強効率がとても悪くなります。だから、しっかりと休息をとりつつ勉強するには計画が必要です。

僕は実行可能な計画が立てられればやる気が起きなくても勉強は続けられると思っています。せっかく自由に時間を使える東進という塾に通っているのであれば、骨の髄までしゃぶり尽くすように、最大限それを利用してやってください。効率良く、持続可能な計画を組み立ててみてください。うまくいかないこともあると思いますが、東進の先生方や学校の先生、家族の方たちもきっと皆さんの力になってくれると思います。周りの大人や仲間に相談して計画を修正してみてください。

次に、模試の使い方についてです。模試の結果に気を取られる必要はありません。僕は学校で行う受験前の最後の模試ではD判定でした。でも、こうして皆さんに長ったらしいアドバイスを垂れる立場に就くことができました。模試を採点するのはあくまでも塾や予備校の先生であって、みなさんの志望校の教授たちではありません。だから気に病むことなく悪い点をとってください。そしてその代わり、模試の直しは入念に行ってください。たいていの模試は「力を試す」問題というより、「次似た問題が出たとしたら正解してほしい」問題で構成されている、とぼくは思っています。だから、模試で出来なかった問題とその周辺について理解を深めることはとても大きな力になります。皆さんの志望校合格のために、模試の直しを面倒くさいと思わずに前のめりでやってほしいと思っています。

最後に、とても抽象的な話にはなりますが、人間が平等だという文言は少なくとも受験においては真っ赤なウソです。同じ授業、同じ勉強時間で皆さん以上のもの獲得できる奴が必ずいるとおもいます。また一日二十四時間というこの枠組みでさえも平等ではありません。ぼくの友人には一日三時間しか寝ないでも元気だ、という人がいました。この時点ですでに彼が自由に使える時間は僕より三時間ほど多いです。しかし皆さんがこの不平等な世界の中でやるべきことは彼らと張り合って無理をすることではありません。皆さんの成し得ることを成すだけでよいのです。ときに努力は皆さんのことを裏切ります。ときには睡魔や娯楽の魔の手に襲われることになります。しかし皆さんがこうして東進に来ている間、皆さんにはただ前へと進むことだけが許されています。ですので、どうか止まらないでください。みなさんが進み続ける限り、僕たちはその先にいます。末尾にはなりましたが、みなさんが栄冠を掴み取ることを心よりお祈り申し上げ、この体験記を締めさせていたただきます。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

私立の入試制度について教わったことをよく覚えています。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

京大本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

友人の紹介

Q
東進を選んだ理由
A.

家の近くにあったからです。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

仲間と短時間ワイワイできて、いい息抜きになっていました。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
解説動画は詳しくて分かりやすかったです。

 京都大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 8

友達にシェアする