2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

法政大学
情報科学部

no image

写真

垣本健吾くん

東進衛星予備校東急日吉校

出身校: 東京高等学校

東進入学時期: 高2・11月

所属クラブ: ソフトテニス 副部長

引退時期: 高2・11月

この体験記の関連キーワード

全力の日々

 東進での日々はとてもつらいこともありましたが、がんばってよかったと心の底から思います。

東進での受験勉強ではいろいろなことを学びました。まず計画を立て、それを実行することの大切さです。計画を立てないと何をやればいいのかがとても曖昧になってしまいます。一週間のうちどの時間に何をやるか、担任助手の方たちと相談しながら計画を立て、次の週に先週は何がよかったか、何がだめだったかを考え、それをふまえながらまた計画を立てる。この繰り返しが合格へとつながったのではないかと思います。

次に、環境の大切さです。僕は家で勉強することが全然できない人だったので、来れる日はとにかく東進に来ていました。周りの人が全員集中しているので、僕も集中することが出来ました。また、東進で知り合った友人と、どちらが先に塾に来て長くいられるかを競ってたりもしていました。こういったことはやはり家での勉強では出来ないので、ストイックに勉強することができました。

僕は勉強量がとにかく多い人が試験に受かると思っています。勉強法を東進の担任助手の方たちと相談し、計画を立て、来れる日は絶対に東進に来て夜遅くまで勉強する。もちろん辛い日もたくさんありましたが、家族や先生、友達に相談してなんとかメンタルを整えてまたひたすら勉強する。これの繰り返しをしたことによって合格できたと思います。僕はこの受験での後悔はひとつもありません。毎日が全力だったからです。とにかく全力でやることが一番大事なんだなと思いました。大学でも勉強、遊び、趣味、いろいろなことに全力でやっていけたらと思います。日吉校で勉強できてよかったです。本当にお世話になりました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター講座


学力POS


実力講師陣


 法政大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 9

友達にシェアする