2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
社会科学部

no image

写真

佐藤光くん

東進ハイスクール町田校

出身校: 町田高等学校

東進入学時期: 高3・6月

所属クラブ: 陸上部 中長距離

引退時期: 高3・7月

この体験記の関連キーワード

早期にセンター試験対策を終わらせることで余裕が出来ました!

 私はずっと部活に打ち込んでいて勉強を始めるのが他の人より遅くなってしまい、6月に焦りながら東進に入ました。部活をやりながらの授業はたしかに辛いときもありましたが、映像の授業は途中で止められるので、休憩もはさみながら授業を受けられることは東進の利点であったと思います。

東進はほかの予備校と違って、特に町田校は様々なイベントを行っているので毎日の勉強にうんざりすることもあまりなく、楽しく受験生活を送ることが出来ました。ここまでで東進町田校の回し者みたいになってしまいましたが、東進にしかないイベントやグループ・ミーティング、音読会などをうまく活用したことが、第一志望の早稲田大学の合格につながったと思います。私は元々できるタイプではなく6月の入塾テストでも3科目5割程度しか取れず、いわゆるMARCHにも届くか怪しいレベルでしたが、東進に入学してからぐんぐんと学力が伸びました。

東進では受験期の夏休みにセンター試験対策を終わらせて、9月から二次試験対策に進むという特殊なカリキュラムでしたが、早期に基礎を固めて早期に過去問演習に進むという、このカリキュラムをしっかりとこなしたことが学力上昇の要因となったと思います。また定期的にセンター試験本番レベル模試を受けることになり、他の予備校の受験生よりもセンター試験対策が進むだけでなく、緊張で張り詰めた状態の模試会場で本番の演習にもなり、本番も落ち着いて本番のセンター試験に臨むことができました。その結果、本番でも9割以上得点でき、センター利用によって滑り止めを受けることが少なくなり、志望校対策に時間を割くことができるようになりました。現在の入試制度上、センター試験はとても大切であり、センター試験対策を早期から進められる東進のおかげで私は合格できました。今後、私は受験期に培った忍耐力や集中力を活かして、大学でも英語と法学を学び自分の将来を作っていこうと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

学習ルートを導いてくれ、何をすればいいのかがわかりました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

困ったとき辛いとき厳しく指導してくれました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

センター試験の対策を早期にやりながら基礎固めができるところです。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

その他

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

先輩の紹介です。

Q
東進を選んだ理由
A.

授業が楽しいときいたので入学しました。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
死ぬほどやらされるので自然と頭に入ってくることです。

過去問演習講座
添削指導で志望校合格への最短距離がわかることです。

担任指導
困ったとき、行き詰ったときに助けてもらえることです。

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
英語をゲラゲラ笑って楽しみながら学べるところです。

 早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 12

友達にシェアする

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒