2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

信州大学
農学部

no image

写真

北川雄基くん

東進衛星予備校平針校

出身校: 名古屋市立緑高等学校

東進入学時期: 高2・3月

たくさんの人に支えられていることを思い出して

 東進に入ったのは高2の春休みです。きっかけは単純で、クラスの頭のいい友達が東進に通っていたからです。

東進のおすすめは高速マスター講座です。英単語を1ヶ月かけてゆっくり暗記するのではなく、1週間で終わらせ、何度も何度も繰り返すことで、僕は単語をすぐ暗記することができました。入学時、校舎長に「英単語1800終わるまで講座は受けないでね」と言われ、むちゃくちゃ頑張った記憶があります。

僕が特にお世話になった講座は、「ハイレベル生物」と「安河内哲也の基礎から偏差値アップ総合英語」という長文読解の講座です。「ハイレベル生物」を担当している田部先生は講座内でけっこう厳しいことをバンバン言うのですが、僕は田部先生のおかげで、もっとやってやろうと思えました。センター試験から二次試験レベルまで対応している講座なので、理系の生物選択の人にはとてもおすすめです。

あの有名な安河内先生が担当する、「安河内哲也の基礎から偏差値アップ総合英語」のおかげで僕は英語が好きになりました。この講座を受けるまえは英語は80点くらいしかとれなかった僕を、センター試験本番で181点がとれるまでに成長させてくれました。

担当助手の方とのグループ・ミーティングや校舎長との面談はやる気、元気など色々な収穫があると思うので是非参加することをおすすめします。

高校の部活はバスケ部で、高3の4月のおわりに引退しました。基本、火曜日以外は毎日活動していました。

僕は将来、高校の生物教師になりたいので大学でも切磋琢磨していきたいと思います。

最後に受験生の皆さんへ。受験は辛いことがたくさんあると思います。そんな時は、助手、校舎長、友達、学校の先生、家族、たくさんの人に自分は支えられているということを思い出して下さい。そしてたくさん相談してください。一緒に考えることできっと、はやく解決策がみつかると思います。頑張ってください!応援しています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

 信州大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 7

友達にシェアする