2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京工業大学
第4類

no image

写真

鈴木菜々子さん

東進衛星予備校新越谷駅東口校

出身校: 女子学院高等学校

東進入学時期: 中3・12月

所属クラブ: 童話研究班

引退時期: 高2・10月

この体験記の関連キーワード

早くから勉強を始めて、第一志望に合格できました

 私は中3の冬休みにこの東進に入学しました。高1の間は勉強の習慣をつけることに重きを置き、高2位から受験勉強を本格的に始めました。そして私が高3で取っていた授業は、「ハイレベル化学」60コマ、「ハイレベル物理」60コマ、「微積もぐんぐん[理系微積分+α]―基本編、応用編」40コマです。受講講座は多かったのですが、高2の10月から高3分の授業の受講を始めてゴールデンウィークの終わりにすべての受講を終わらせました。それから夏休みの終わりまで受講の復習と問題集での演習を積みました。文化祭なども模擬店委員として参加しましたが受講を早めに終わらせていたお蔭で、思う存分楽しく参加することができました。そして9月からは東工大の過去問演習講座を始めました。11月から私立の早稲田大学や慶応大学の過去問を解き始め、12月中旬くらいからセンターの勉強をはじめました。東工大はセンターが基準点として600点あれば良かったのですが、センター利用での合格を確保しておきたかったので、基本の確認も兼ねて3週間ほどセンターの過去問を解いたりしました。そのおかげでセンター利用で全て合格することができました。

学校の進度に合わせることなく講座を早く終わらせていち早く過去問に手を付けることができたことで、無事第一志望である東京工業大学第4類に合格する事ができました。

将来は医療機器の開発に携わりたいと考えているので、大学では機械系に進み、様々なことを学んでいきたいと考えています。

受験生の皆さんは、いち早く受験勉強に本腰を入れ、有意義な受験生生活を過ごしていって欲しいと思います。高1、高2の皆さんも勉強を進めるなら早くから始めた方が絶対に後々楽になるので、適度に遊びつつ勉強を進めて欲しいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル物理 力学 】


 東京工業大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 15

友達にシェアする