2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京工業大学
第2類

no image

写真

河添理央くん

東進ハイスクール船橋校

出身校: 船橋高等学校

東進入学時期: 高2・12月

所属クラブ: 水泳部(水球)

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

東進でよかった3つのこと

 私が入学したのは高2の12月で、部活との両立が出来そうな東進に入りました。しかし実際には入ってからも思うように受講が進まず、結局本格的に受験勉強を始めたのは、部活を引退した高3の7月からでした。それ以降は夏休みの時間を使って遅れていた受講を進め、理科を中心に先取り学習をして徹底的に基礎演習をこなしました。結果、秋ごろには先にスタートしていた受験生と同水準になっていたように感じます。秋からは添削指導や過去問演習講座を利用した二次対策を中心に勉強しました。特に過去問演習では配点や時間配分に注意して“得点する”ことを意識したことで緊張感をもって取り組めたと思います。年明けからはセンター試験の対策も始めて、これを通して知識の抜けを確認しました。センター試験終了後は他の教科をある程度完成させていたためほとんどの時間を数Ⅲにまわすことが出来ました。

東進でよかったことは3点あります。
1点目は映像の授業です。これによって自分のペースで進めることができ、既修分野の復習から未修分野の予習まで様々な使い方が出来ました。
2点目は2か月に一回あるセンター本番模試です。定期的にあったことでモチベーションの維持と自分の現状把握に役立ち、またセンター形式のテストになれることが出来ました。
最後は、過去問演習講座です。問題を解くだけではなく添削指導や解説授業もありとてもためになりました。解説授業では試験問題そのものだけではなく関連事項や過去に出題された類題の紹介まで言及していることもあり、二次対策の指針も立てやすくなりました。添削指導では採点もしてもらえたので、自分ではなかなかつけにくい記述式問題の得点も数値として返却される点がありがたかったです。

これから受験する皆さんの合格をお祈りしています。頑張ってください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

勉強に熱が入らなかったときに「期待しているぞ」と肩をたたかれたときに感じた恐怖と焦りが印象に残っています。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

中・長期的な計画や展望を相談したことで合格までの道筋をはっきりと理解できました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

事前に目標点を定めて努力し、結果に一喜一憂するといいと思います。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

友人の紹介

Q
東進を選んだ理由
A.

部活と両立が出来ると思ったから

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
自分の学力を分析し、どの分野を学習すべきか考えるのにとても役に立ちました。

過去問演習講座


担任指導
実際の体験談を知ることで受験についてイメージしやすくなり、モチベーションにもつながりました。

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル化学 理論・無機化学 】


【 ハイレベル物理 力学 】
物理学の背景から学ぶことが出来て、ものの見方が変わりました。

 東京工業大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 11

友達にシェアする