2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

法政大学
経営学部

no image

写真

小林宏充くん

東進ハイスクール川崎校

出身校: 関東学院高等学校

東進入学時期: 高3・4月

所属クラブ: 茶道部 部長

引退時期: 高3・11月

この体験記の関連キーワード

受験が終わるまではあきらめることなく

 自分が東進に入ったのは高校3年生になったときでした。東進に入るまでは成績はそれほど悪くはなかったものの、普段は宿題やテスト前の勉強しかやっていなっかたので、このままでは第一志望校合格には程遠いと思い、勉強の習慣をつけるためにもと思い東進に入りました。

入学してから初めてのセンター試験本番レベル模試では東進に入る前に受けたセンター試験同日体験受験のときよりも目に見えて成績がよくなっていたので、東進に入ってよかったと初めて実感しました。夏休みには東進の夏合宿にも行きました。そこでは1日中英語の勉強するというとてもハードなものでした。自分が行ったクラスの先生は安河内先生で、授業のすべてが英語なだけでなく休憩時間も積極的に英語で会話をし食事中も英語でディスカッションをするなど、まさに英語づけの生活でした。とても大変な合宿ではありましたが、クラス内で得点の向上率第2位になることもでき、とても有意義な時間を過ごせたと感じています。

夏休み後は成績があまり伸びず、また学校の文化祭の用意もありなかなかモチベーションがあがりませんでしたが、それでも最低限は東進に通い勉強しました。自分は第一志望校に合格できなかったので、この期間にもっと勉強していればよかったと後悔もしていますが、法政大学への進学に納得している自分もいます。これは言い訳かもしれませんが、受験が終わってみて、普通第一志望校に合格できなかったらもっと努力していればと思うのですが、自分は自分がどれだけ努力ができる力があるかをも含めて自分の実力だとかんがえるようになりました。ここで後輩の皆さんに誤解してほしくはないので言いますが、これはあくまで受験をおえた一個人の考えであって決して最初から努力を怠っていいという訳ではありません。むしろみなさんのような受験生にとっては努力はしてもし足りません。つまり何が言いたいのかというと、受験が終わるまではあきらめることなく必死に勉強、努力をし、受験が終わった後はその結果をしっかり受け止めてください、ということです。

それでは受験生の皆さん、頑張って下さい。但し、たまの息抜きも大切です。根をつめすぎないように。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分に必要な講座が何かを分かりやすく教えてくれました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

講座を選ぶときにその講座がどのようだったか実体験をもって教えてくれたので、とても参考になりました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

毎回センター試験の形式で行えたので、本番であまり緊張せずにすみました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

テレビCM

Q
東進を選んだ理由
A.

体験授業を受けてみて、映像の授業の何度でも見返せる点や自分の希望した時間に受けられる点が気に入り、東進を選びました。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

受講中の息抜き、情報交換など。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター講座
パソコンでだけでなくスマートフォンでもできたので(一部できないものもありましたが)、通学時間中にもできたので内容が定着しやすかったです。

高速学習
分かっている範囲を勉強するときに時間の節約をすることができました。

講座修了判定テスト
復習にも役立ちましたし、何より自分が理解できていない部分が分かるので、とてもいいシステムだと思いました。

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 センター対策 】
重いしかさばるテキストを持ち運ぶ必要がないので、過去問演習をやりやすかったです。

 法政大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 0

友達にシェアする