ページを更新する ページを更新する

合格

2534人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

京都大学
理学部

no image

写真

藤田大晃くん

東進衛星予備校日立校

出身校: 水戸第一高等学校

東進入学時期: 中2・10月

所属クラブ: 硬式テニス部

引退時期: 高3・4月

京大本番レベル模試

この体験記の関連キーワード

副教科の勉強にも時間を確保できることは大きなメリット

 僕は中学生のときから東進に通い、周りの人や学校の授業よりもかなり速いペースで予習を進めていました。早めに予習が済むことで演習の時間を多く確保でき、また、現役生が浪人生に比べて劣りがちな物理、化学などの副教科の勉強にも時間を確保できるので、それができたのは大きなメリットでした。これは数学特待や自分のペースで進められる映像による授業など早く学習が進められる仕組みがそろっていたからこそできたことだと思います。

高3になってからは、過去問演習講座や志望校別単元ジャンル演習講座に取り組んで、志望大学の傾向をつかむことや苦手な分野をつぶしていくことに集中して学習していきました。このような演習をする受験期は新しく学ぶことが少なくなり、ひたすら自分との戦いが続きますが、周りより早く学習が進んでいたことで精神的な余裕もあり、最後までやり抜くことが出来ました。

モチベーションの維持については、僕には昔から理論物理学者になるという夢があり、絶対に叶えたい目標があったことは勉強を続ける上では大きな糧になりました。受験生の皆さん、夢や目標を持つことは受験において大きな力になります。自分の目標を見つけて、それを目指して頑張ってください!

最後に僕を長い間支えてくださった東進の先生方、本当にありがとうございました。僕はこれからも夢に向かって頑張っていきます!

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

志望大学を決めるときに過去の先輩の例を参考にしながら志望を考えている大学について教えてくれた

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

1学期の模試から全範囲が出るので自分の予習、高速学習の成果を試せる

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

一人で勉強している中で、ほかの人と話せる時間があったのはとてもリフレッシュになった

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

将来研究職を目指しているので、そのような職業の方の話を聞けたのは自分の将来を考えるのに参考になった

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

模試が悪い結果でも解決策は勉強だけなので、模試の結果は忘れてひたすら勉強するようにした

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

自分にとってはのびのびと学べて合ってるのではないかと考えて京大にした

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

理論物理学者になって実生活には直接役立たなくても、科学の発展に貢献できるような研究や発見をしたい

Q
東進のおすすめは?
A.

実力講師陣
東進に通っている人なら誰でもどこでも一流の先生方の授業を受けられる

東進模試
種類が多く自分の求めているレベルの模試が必ずある

チーム制
受験は自分との戦いだけどチームで励まし合いながら皆で頑張れる

Q
おすすめ講座
A.

【 難関物理 PART1 】
微積を使って物理現象を語れるようになると、難関大学では特に周りと差をつけられる(同じ理由で難関物理part2もおすすめです)

【 過去問演習講座 京都大学(全学部) 】
京大に限らず、志望大学の過去問に取り組んで傾向をつかみ対策をすることは受験の戦略の上では重要

【 今井宏の英語D組・基礎力強化教室 】
今井先生が面白いから息抜きしているような感覚で見られる。それなのにしっかりと英語が学べる

京都大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 22