« 2016/04/20 お詫びと訂正 | メイン | 2016/4/20 更新情報「新刊案内」 »

Coreシリーズ 英文法の核【問題演習編】





西 きょうじ 【著】

【出版社】東進ブックス
【ISBN】9784890856831
【定価】本体850円+税
【頁数】288頁
【判型】B6判
Amazon_logo.gif

初版・第2版をお買い上げいただいた方へ訂正のお知らせ


message.gif

【1】共感できる文法ルールの解説
 『英文法の核』本編は「文法の核」の理解を、本書は実戦力強化を目標として作っていますが、まずは文法とは理解可能なものであるということを強調しておきたいと思います。文法とは、世界認識の仕方が身体化され概念化される共通項をルール化することによって、意思疎通をしやすくするものだからです。文法的制約があるから、言語の意味が限定され意思の疎通が容易になるのです。
 また、そもそもルールに対する共感がなければルール化されることはありえません。共感できなくても覚えろ、というルールだと広く共有されることもないでしょう。もちろん英語話者と日本人との感覚が同じなわけではないので、覚えるだけという部分もありますが、文法ルールはやみくもに暗記しなければならないものではなく、基本的には理解可能なものだということを前提にしています。
続きはこちら>>



♦本書の特長
『英文法の核』完全対応の問題集。
 試験に出る文法問題のみを大学入試の過去問から厳選しました。
基礎〜難関レベルまで、この1冊で必要な力がつく構成です。


【1】見やすいレイアウト
 左ページに問題、右ページに解答解説のシンプルなつくりで、見やすさ・わかりやすさを追求しました。
解答は赤シートで隠して勉強することができます。

【2】詳しい・納得の解説
 「なぜこの解答になるのか」を丁寧に解説。『英文法の核』本編とリンク付けることで、体得できていないところはすぐに本編に戻って確認することができます。
 さらに詳しい解説が必要な場合は、章末に掲載しているAdviceで説明しています。

【3】コンパクトサイズで持ち運びしやすい
 『英文法の核』と同じサイズなので、いつでもどこでも確認することができます。入試直前まで何度も繰り返し演習しましょう。

♦目次
第1章:動詞の型
第2章:動詞の識別と態
第3章:時制と相
第4章:準動詞
第5章:助動詞と仮定法
第6章:名詞・冠詞・代名詞
第7章:形容詞・副詞
第8章:比較表現
第9章:疑問詞・関係詞
第10章:接続詞
第11章:前置詞
第12章:強調・倒置・省略・否定・一致