受講4年目

2013年4月
515

2015年11月    
835

320UP

与えられたものを
どう使いこなすかも学びました

橋本 将嗣 さん
明治大学 経営学部 4年

就職活動時には、そのTOEICスコアに至ったプロセスを聞かれます。私は、2つのことを意識し、スコアアップを図りました。①東進ビジネススクールのコンテンツを用いてインプットを行い、大学で留学生と交流する中で学んだことをアウトプットすること。②企業セミナーやOBOGセミナーに参加し、実際に社会人の方の考え方を大学生の早い段階から知ることで、勉強のモチベーションを維持すること。目標点というゴールに対しては、人それぞれのルートがあるはずです。東進ビジネススクールには、そのゴールに向かう手段が豊富にそろっているので、私は与えられたものをどう使いこなすかという力もTOEICの勉強を通じて学びました。

受講3年目

2013年4月
615

2016年 1月    
920

305UP

学習プロセスにも
成長要因が多くあります

前田 隆裕 さん
青山学院大学 国際政治経済学部 4年

ビジネススクールでの学習が就職活動に活きました。セミナーなど刺激を受けられる機会や、高め合える仲間の存在でモチベーションを維持できました。結果TOEICで900点突破を達成し、自信を持って就職活動に臨むことが出来ました。また、就職活動においてはTOEICはもちろん、学習プロセスでの成長も重要だと思います。何を考えて学習したのか、辛い時期をどう乗り越えたかなど今思い返すと私が成長できた要因は学習プロセスにも多くあったと思いますし、就職活動時にも評価して頂けた点だと考えています。英語力だけでなく、様々な面で成長できるのが、東進ビジネススクールです。

受講2年目

2013年3月
510

2014年10月    
830

320UP

将来の可能性が
大きく広がりました

森田 雄志 さん
早稲田大学 政治経済学部 4年

私にとってビジネススクールは、将来の可能性を大きく広げてくれた場所でした。学習の結果がTOEICの点数に表れた事は自信になり、現在は外国人の上司の元でインターンをしています。また就活では、留学に行かずに点数を上げた事で、点数だけでなく「努力ができる人」という評価も頂きました。私は、東進ビジネススクールの良さは「豊富なコンテンツ」と「学習環境」だと考えています。こういった能力を伸ばしたい……と思った時に学習するコンテンツがある事、そして目標や学習のスケジュールを立てる時に常に優秀なスタッフが近くにいた事は、効率良く勉強する上で大きな助けになりました。

受講3年目

2014年4月
370

2016年 4月    
810

440UP

習慣化で、学習の優先順位を
下げずに勉強時間を確保

岡 里美 さん
津田塾大学 学芸学部 3年

大学生活は自由な時間が多いかと思いきや意外と忙しく、英語学習の勉強時間を確保することに苦心しました。そこで私は、受講や高速基礎マスター講座を行う時間を曜日・時間単位で決め、習慣化しました。それによってモチベーションが上がらなかったり、他にやらなければいけないことがあったりしても、英語学習の優先順位を下げずに毎週一定量の勉強時間を確保することに成功しました。また、2カ月に1回の頻度でTOEIC IPテストを受験することで自分の実力を定期的にチェックし、それを勉強内容の修正に活かすことが成績向上に繋がったと思います。

受講3年目

2014年4月
325

2016年 4月    
930

605UP

豊富なコンテンツと、
校舎への登校で大躍進!

田宮 東 さん
立教大学 経済学部 3年

私は校舎への登校を通してスコアアップを達成しました。校舎に登校することでアドバイザーの方から適切でわかりやすいアドバイスを受けることができたからです。また、学習を進めていく上で非常に大事になってくるモチベーションに関しても同じ東進ビジネススクールに通う意識の高い生徒とのイベントや校舎での交流を通して高い状態で維持することが出来ました。東進のコンテンツには非常に基礎的なものから応用的なものまであり、その時の点数に応じて学習内容を変えることが出来たのも非常によかったです。

受講4年目

2013年4月
440

2016年 2月    
840

400UP

スキマ時間の活用で、
効率的にスコアアップ!

稲葉 温 さん
立教大学 観光学部 4年

大学生になってから、自分で英語の勉強時間を確保していくことが難しいと感じている中、ビジネス英語講座のコンテンツはスキマ時間を使って活用できるものが多く、効率的に点数を上げることができました。また、東進ビジネススクールで行われている企業セミナーに参加することで、自分のモチベーションの面でも大きな支えになっていました。自分が他に力を注ぎたい事との両立に悩んだ時期もありましたが、目標としていた点数を積み上げていくたびに、自信がつき、他の物事へも積極的に取り組めるようになりました。

受講3年目

2014年4月
515

2015年10月    
835

320UP

東進には、学生生活と両立出来る
環境が揃っています

巻山 篤 さん
立教大学 観光学部 3年

英語を学ぶ上で最も重要なことは勉強する環境だと思います。大学生は、大学の勉強や資格の勉強、バイトやサークルなど好きなことが色々あります。英語学習の一番の敵は「継続」とよく言われますが、モチベーションを維持しつつ、そういったことと両立しながら英語学習を継続することは難しいです。しかし、東進ビジネススクールならそれが可能です。映像授業なので学習を毎日コツコツ続けやすいということももちろんありますが、何よりモチベーションになるのは、学習をサポートしてくれるアドバイザーや、同じ目標を持って切磋琢磨し合える仲間の存在です。毎週、アドバイザーとのグループ面談のために登校していたので、そのたびに「自分もやらなければ」と気づくことができました。また、月に一回程度行われる「企業研究講座」で、目まぐるしく変化するグローバル社会の情勢を知ることで、英語のモチベーションを維持することが出来ました。このように、充実したサポートの中で学習できるので、両立しながら英語を学習したい方には、東進ビジネススクールはベストの選択になると思います。

実証!

ビジネス英語講座で大幅スコアアップ

一年半で
平均

219.7
アップ!!

受講1年目の受講生も、先輩に続いています!

6カ月で139.3点アップ!

4月:498.2点⇒10月:637.5点に向上

東進の「ビジネス英語講座」受講生のTOEIC®テストのスコアの伸びは、1年半で219.7点。900点突破もゾクゾク登場するなど、圧倒的な実績を生み出しています。そしてTOEIC®対策にとどまらず、さらに実践的な英語トレーニングを積み重ねています。

112講以上受講かつ高速基礎マスター講座「TOEIC®新・頻出英単語2000」を
修得した生徒のTOEIC®LRスコア(1講は30分もしくは45分)

安河内哲也先生
からの特別メッセージ

言葉を共有すると「仲間」になる。
それが英語の素晴らしさです。

※TOEIC®LR990点満点
 TOEIC®SW400点満点

英語を勉強すると、世界が自分のフィールドになる感覚が身につきます。世界中のあちこちに友達ができる。そうすると、例えばどこかで自然災害のニュースがあったとき「あれ、彼の実家は大丈夫かな。メールでも出そうか」と思い、行動するようになります。同じ言葉を共有することによって、相手を仲間だと心の底から認識できるのだと思います。
グローバル化が進む今、「英語ができないと就職に不利だから」「仕事で役立つから」と、英語を必須条件的に勉強せざるを得ない。そんな社会背景もあってでしょうか、多くの人が「英語の勉強は楽しんでするものではない」と考えてしまっているようです。
でも、どうせ努力するなら、楽しい方が続くに決まっています。日常生活の中に英語を自然に取り入れ、英語と日本語の敷居を徐々になくしていくことで、TOEIC®1390点※も夢ではないのです。
東進の「ビジネス英語講座」は、こんな英語の勉強ができたらいいなという学習コンテンツが満載です。将来の日本のリーダー候補である君の挑戦を待っています!

↑上部に戻る