お申込みはこちらから

新高3生は1年後に迫った大学受験のスタートを切る絶好の機会! 新高3生は1年後に迫った大学受験のスタートを切る絶好の機会!

大学入試センター試験と「同じ日」に「同じ問題」に挑戦できるチャンスは、一年に一度だけ。 本番同様の真剣勝負を体感して、夢と志望校合格のための一歩を踏み出してほしい。 そのような思いから東進は、全国の新高3生・新高2生を招待します。 入試本番同様の真剣勝負を体感して、夢と志望校合格のための一歩を踏み出してください。

センター試験のこと、知ってますか?

センター試験はほぼ全員が志願しています。

なぜ、これだけ多くの受験生がセンター試験を志願するのでしょうか?最大の理由は、全国の私大の85%の入試をかねているからです。早稲田大学をはじめ難関大学も参加しており、チャンスはさらに広がっているのです。すべての受験生がセンター試験を受ける。つまり新高3生の君は1年後には、このセンター試験を受験するということになります。

センター試験の問題が解禁となります。

センター試験本番一年前の今から受験勉強を開始した受験生と、高3になってから受験勉強を開始した受験生では17.2点の得点差があることがわかっています。センター試験同日体験受験なら即日問題を知ることができます。

一日でも早くセンター試験を知ること

つまり、センター試験の過去問を受験することは、出題傾向を把握できるだけでなく、センター試験本番の対策にもつながります。

センター試験同日体験受験の3つの特長

 大学入試センター試験当日に、受験生とまったく同じ問題に挑戦する。それが、センター試験同日体験受験です。最新の大学入試を知り、現在の自分の実力を客観的に知る絶好のチャンスです。本番そのものの試験問題だから、真剣勝負で腕試しできます。「学力のものさし」として活用してください。

理科・地歴公民を含む全教科の受験が可能

 センター試験同日体験受験は、英数国だけでなく理科・地歴公民の受験も可能です。主要科目の基礎固めが必須であることはもちろんですが、難関大合格のためには理科や地歴公民の早期完成も重要です。入試レベルを体感し、全科目の学習ロードマップを描きましょう。また、2月以降2カ月ごとに実施されるセンター試験本番レベル模試を連続受験することで、勉強法や学習計画の効果を確認しながら、勉強の質を高めていくことが可能です。

試験実施から7日後の成績表スピード返却

 従来の模試では、試験後から成績表返却まで3週間から1カ月もかかり、忘れたころに返ってくるというのが現状。受験結果を元にした復習も時間が空いては効果的に行えません。東進のセンター試験同日体験受験では、試験実施 7日後という成績表のスピード返却を実現しました。最終目標達成までの具体的かつ的確な学習計画を素早く立てることができます。
お申込みはこちらから

実施概要

実施日

2015年1月17日(土)・18日(日)

対象

新高3生・新高2生

受験会場

東進ハイスクール各校舎・東進衛星予備校各校舎

受験料

通常3,456円(税込)のところ、今年度は特別に無料で招待します。

※無料招待は、センター試験と同じ日に東進指定会場で受験した場合に限ります。
上記の条件に合致しない場合は、受験料が必要です。

返却資料

個人成績表
試験実施7日後より返却開始

資料返却期間

窓口返却
試験実施7日後より1カ月の間に、受験した校舎の窓口で受験票を提示し、お受け取りください。
(受付時間)月曜~土曜 12:00~19:00
郵送返却
ご希望の方はお申し込み時にお問い合わせください。(有料)
合格指導解説授業
受講方法…校舎受講
(受験校舎にてお申し込みください。)

出題範囲

教科出題範囲
英語「オーラルコミュニケーションI」および「英語I」に加えて、「オーラルコミュニケーションII」と「英語II」に共通する事項
数学I・A全範囲
数学II・B全範囲(確率分布と統計的な推測を除く)
国語国語総合・国語表現I (現代文のみの受験可能)
理科各科目とも全範囲から出題
地理歴史・公民各科目とも全範囲から出題

受験教科・科目・時間・配点

教科   時間 配点
外国語英語80分200点
リスニング30分50点
数学(1) 数学I ・数学A60分100点
数学(2) 数学II・数学B60分100点
国語国語80分200点
理科
グループ(1)
物理基礎、化学基礎、生物基礎、地学基礎より2科目   60分 100点
     
理科
グループ(2)
物理、化学、生物、地学から最大2科目 1科目 60分 100点
2科目 120分 200点
地理歴史・
公民
世界史B、日本史B、地理B、倫理、政治・経済、現代社会、「倫理、政治・経済」から最大2科目 1科目 60分 100点
2科目 120分 200点
※実際の2015年度センター試験と同一の問題を使用します。
※出題範囲は2015年度のセンター試験に対応しています。
※理科の「基礎」を付した科目は2科目選択必須(計60分、50点×2科目 計100点)です。1科目のみの受験はできません。
○理科の科目選択方法と時間割
パターン 科目選択方法 時間割
A 理科グループ(1)から2科目 15:40 ~ 16:40
B 理科グループ(2)から1科目 19:30~ 20:30
C 理科グループ(1)から2科目 *1および
理科グループ(2)から1科目 *2
15:40 ~ 16:40
(*1受験)
19:30 ~ 20:30
(*2受験)
D 理科グループ(2)から2科目 19:30 ~ 20:30
(第1解答科目受験)
20:40 ~ 21:40
(第2解答科目受験)

時間割例

1月17日(土)
教科時間 
地理歴史・公民 第1解答科目※ 15:40-16:4060分
地理歴史・公民 第2解答科目16:50-17:5060分
国語18:00-19:2080分
英語19:40-21:0080分
英語リスニング21:10-21:4030分
1月18日(日)
教科時間 
理科 グループ(1)15:40-16:4060分
数学(1)17:00-18:0060分
数学(2)18:10-19:1060分
理科 グループ(2)19:30-21:40130分
※地理歴史・公民1科目受験者は、第1解答科目を第2解答科目の時間に受験してください。
※時間割は変更になる場合があります。必ず受験希望校舎にご確認ください。

充実の成績表

成績表サンプル 受験生が本当に欲しいデータをより見やすく、わかりやすく掲示した成績表で、理想的な成績の軌跡を描けます。

あと何点必要かわかる

合格までにどの科目をどのくらい伸ばすべきなのかが明らかになります。

去年の合格者と競争できる

昨年度同じ志望校に合格した先輩の同時期の成績と自分の成績を比較することができます。

分野別にも分析できる

今回の模試で出題された大問別に、自分の力を分析できます。

おすすめ学習ランキングがわかる

今から始めることをおすすめする順に出題分野をランキング表示しています。
埼玉県立 川越高校卒
「来年には自分が臨むのだ」という特別な緊張感
東京大学 文科Ⅰ類
東京都 私立 桜蔭高校卒

私は「センター試験同日体験受験」で、思うように点数が取れなかったことに危機感を覚え、受験生としての自覚を持てるようになりました。模試受験時は、本番さながらの雰囲気の中で、自分の持てる力を全て出すことを目標に取り組みました。

東京都 私立 海城高校卒
先輩方のラップにどれだけ迫れるか
大阪大学 工学部
奈良県 国立 奈良女子大学附属中等教育学校卒

「センター試験同日体験受験」を受験したことで、センター試験のレベルを知り、1年後の自分をイメージ出来ました。その後も「センター試験本番レベル模試」を連続受験。東進模試は成績返却が速いので、今の自分のレベルがすぐにわかり助かりました。