医学部現役合格目指すなら東進!
東進なら、医学部現役合格
必要すべて揃っています!

医学部現役合格のために
知っておきたいこと見ていきましょう!

現役合格のためにしておきたいことその1医学部合格必要とは

 医学部人気が年々高まりを見せています。定員に対する志願倍率も10倍20倍は当たり前と、まさに難関を極める過酷な入試となっています。

 医学部の入試結果を見ると、浪人生の比率が極めて高いという特徴があります。大学によってその比率は異なりますが、全国の医学部医学科全体の合格者のうち、現役合格者はわずか4割、残りの約6割は浪人生と他の学部では類を見ない現役比率の低さです。何年浪人してでも医学部医学科に合格したいという強い気持ちの受験生が多いということの現れです。

 さて、医学部に合格するために必要な力を考えてみましょう。極めて高い学力が求められることは言うまでもありません。しかし、学力は合格の必要条件であって十分条件ではありません。医学部を目指す学生にとって一番大切なこと、それは一言で表現すれば「人間力」です。

医学部医学科の入学定員数などの推移

医学部医学科の入学定員数などの推移
人間力とは

 医師を目指す人は高い志が求められます。多くの命を預かる立場である医師には、強い責任感と利他精神、そして人間の尊厳を守るという意志。そういった心の部分が極めて重要なのです。医師を職業としてしか考えていない人に、私たち患者は怖くて命を預けられませんね。また、患者との対応でも重要なコミュニケーション力、チームとして活躍するためには、リーダーシップや協調性、さらに限られた時間の中での判断力も重要になってきます。

 そしてもう一つ、特に医療の現場において欠かせないのが強靭な精神力と体力です。

 これらの力を総合して東進では「人間力」と言っています。「人間力」は「心」「知」「体」のバランスのとれた総合力であり、リーダーに必要な力として東進での指導の根幹となっていますが、まさに医師に必要な力が「人間力」なのです。

 各大学の医学部としては、このような資質を持った受験生を採るために、入学試験にも工夫が施されています。(「②医学部医学科の試験傾向は?」参照。)医学部受験を目指すならば、高い学力を身に付けつつも、医師に求められる資質を高校生・受験生のうちからしっかりと身に付けて欲しいと思います。

現役合格のためにしておきたいことその2医学部医学科試験傾向

 次に、医学部医学科の試験傾向や変化について見てみましょう

国立大の医学部

 近年の国公立大の医学部は、例年センター試験は80%を超える得点率を求められ、高い点数での二段階選抜を実施する大学が多くあります。さらに、個別学力試験も高い得点率を求められる為、ハイレベルな入試が続いています。

近年、募集定員を一般枠の他に、地域枠(在住地域、高校の所在地の限定や卒業後大学所在地域での限られた期間勤務する等の条件)が設けられている大学が増加しています。

 例えば、札幌医科大 募集定員75名(地域枠55名、一般20名)、山形大 募集定員75名(地域枠10名、一般65名)、横浜市立大 募集定員80名(地域医療枠20名、一般60名)等があります。また、大阪市立大のように、募集定員95名(地域医療枠10名、大阪府枠5名、一般80名)で、地域枠が2つある場合もあります。

 さらに、前期日程試験の前にAO、推薦入試と言った選抜方法も加わっている事で、従来の募集定員は変化しており、入試自体はまさにハイレベルな入試となっています。

 また、国公立大の入試日程ですが、後期日程の廃止に伴い、事実上前期一本勝負となっている事もあります。もちろん山梨大など後期入試を実施している大学もありますが、こうしたところは極めて高い倍率となっています。

地域枠設置大学一覧

地域枠設置大学一覧

AO・推薦入試枠設置大学一覧

AO・推薦入試枠設置大学一覧

学力試験のほかに面接を課している大学一覧

学力試験のほかに面接を課している大学一覧

 2018年度東京大理科三類では面接を11年ぶりに再開しました。これは学力重視だけでは無く、募集要項にある通り「受験者の人間的成熟度、医学部への適性、コミュニケーション能力等評価して、将来医療医学研究に従事するにふさわしい資質を持った学生」を確認する主旨で実施されました。

 既にこうした面接を重視している大学は多く、受験生1人と面接官では無く、受験生にテーマを与えての集団で討論させたり、論文を課す大学もあります。いずれも学力だけでない人物確認を目的としていると言えます。

東京大学理科三類面接内容

東京大学理科三類面接内容

私立大の医学部

 従来私立大の医学部は、保護者が医療関係者等であることが一般的で、サラリーマン家庭では厳しいと言われてきました。その理由としては、何と言っても学費が、他の学部よりも高額である事が挙げられます。国公立大の授業料は6年間で約330万円前後となるのに対して、一方私立大では約4,000万円以上かかる大学があります。しかし、2008年に順天堂大は2,090万円と大幅な学費の減額をしました。その結果志願者数は大きく増加して、翌年以降昭和大、日本医科大なども追随して設定を下げました。それでも国公立大と比べれば高額でしたが、特待生制度やさまざまな奨学金制度の設置もあり事実上学費を下げました。

 また、国公立大にあるような東京枠(卒業後特定期間指定する医療機関での勤務が条件)で、学費全学の支給や生活費の支給等も増加しています。昨年千葉県の成田市に設置された国際医療福祉大学医学部では奨学金を受け取れれば、国公立大と殆ど同じ金額負担となります。このように学費面ではかなりハードルが低くなったと言えます。

 しかし、医学部志望者に求められる学力や人間性などは決して下がっているわけでは無く、むしろ志望者数が殆ど減っていない現実を考えると、ハイレベルな入試である事は変わりません。

学費ランキング

学費ランキング

※私立大学の医学部医学科の学費ランキングです。
6年間の学費合計が低い順に掲載しています。

現役合格のためにしておきたいことその3医学部医学科受験勉強ポイント

 国公立大、私立大、防衛医大を加えて全国で82大学総定員は約9,500人と他の学部から比べるとかなり少ない事は言うまで
もありません。つまり、ハイレベルな入試があります。

 医学部合格を勝ち取った先輩たちの学習は幾つかの重要なポイントがあると考えますのでまとめてみます。

1.センター試験、二次試験など満遍なく学習をして、不得意科目を作らない

2.学習計画をしっかり行い、模擬試験の結果を参考に学習を進めている。

3.受験の準備は早期から進めている。

4.普段から医療関係の記事やニュースにも興味を持つなど幅広い知識と自分の考えを持っている。

5.学習だけでなく自分の将来をしっかりと意識して物事を考える習慣を持っている。
※何よりも医者として自分は何をしていくのか、強い意志を持ち続けていると言えます。

 2019年度以降医学部を目指す皆さんも先輩に続き栄冠を勝ち取って下さい。

医学部医学科現役合格した生徒

センター大問別演習で得点が飛躍的に向上

 「過去問演習講座 センター対策」は 10 年分の過去問だけでなく、大問別演習が特に役に立ちました。大問別演習は分野ごとに分かれているため、自分の苦手な分野をピンポイントで演習することができました。もちろん、数をたくさんこなすことも必要であると思いますが、暗記科目では同じ問題を何度も解いて完璧にすることも大切です。東進に入った当初は、地理は特に苦手な科目のひとつでした。しかし、東進の授業で知識の土台をつくり、大問別演習でそれを補強することによって、ほかの得意科目と肩を並べるほどの点数がだせるようになりました。どんな大学でも志望しなければ合格することはありません。演習量は点数を裏切らないので、最後まで目標をあきらめないでください!

早期に目標を決めることが大切です

 僕は高校に入学する前の春休みに入学しました。後輩の方へのアドバイスとしては、できるだけ早期に目標を決めるということです。僕自身、入学時に滋賀医科大学と目標を決めて同じ志を持つ仲間と切磋琢磨して、目標達成のために対策を重ねたことが一番の勝因だったと思いますし、明確な目標はなりたい自分をより具体的にするので、モチベーションの向上にも繋がると思います。勉強していく中で、とても忙しい時期とそうでもない時期がありますが、忙しい時期にいかに耐えて最低限のことを続け、その他どれだけ進めるかが大切だったと思います。

※個人の感想です。

医学部医学科入試科目一覧

国公立大

国公立大医学部医学科入試科目

私立大

私立大医学部医学科入試科目

医学部医学科偏差値ランキング

国公立大

国公立大医学部医学科ランキング
⊕もっと見る

私立大

私立大医学部医学科ランキング
⊕もっと見る