TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

6月の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

地理 山岡 信幸先生

「趣味は幾何学の問題を解くこと」ということからもわかるように、その論理立てられた緻密な授業には定評がある。丁寧な板書とわかりやすい図解に、地理が苦手な生徒も思わず引き込まれてしまう。とにかく地理を暗記科目だと思っている君は、ぜひ先生の授業を受講してみてもらいたい。

夏までに「系統地理」 の完成を

地理の場合、知識事項を覚えさえすればそれでOKと思いがちで、なかなか過去問に手が出ないかもしれませんが、実は過去問研究がとても重要です。特に難関大は大学ごとの傾向が明らかですから、過去問研究をしっかり行ったかどうかで本番でも点数に大きな影響が出ます。なるべく早く過去問演習に取り組んで欲しいですね。テーマ別の学習である「系統地理」でリクツを学び、考え方を理解したうえで、地域ごとの学習である「地誌」で具体的な地域に当てはめて整理していく流れですから、とりあえず「系統地理」を一巡しておけば、夏から過去問演習に入ることが可能です。

地理は、勉強机の前で長時間かけて勉強するよりは、ある程度細切れ学習も可能です。まとめノートを自作したり、一問一答の問題集を活用したりして、スキマ時間を大いに役立ててください。部活生も「時間が取れない」という言い訳は禁物!

<以下WEB限定>

センター試験の第1問「自然環境に関する問題」と第2問「産業に関する問題」、第3問「都市や集落に関する問題」では、特に「なぜそうなっているか」の理解を求められますので、

6月の「全国統一高校生テスト(6/17(日)実施)のようなセンター試験レベルの模試を受験した際は、解説をしっかり読みこんで「理屈をしっかり理解できているか」を確認してください。

第4問、第5問の「地誌」に関する問題は、まだ難しいかもしれませんが、これを機会にチェックしておきましょう。

また旧帝大の本番レベル模試(6/10東大、6/24京大・北大・九大、6/3東北大・名大・阪大)では、「記述問題が思っていた以上に書けない」ということを経験する生徒も多いかと思います。

ここで重要なのが、「白紙の答案は絶対に出さない」ということ。

大問ごとに、どの問題も0点にならないように取り組むというのが、最初の目標です。

地理に対する 先入観を壊そう

地理というと、中学までの社会の延長で、「暗記科目」のイメージがあると思います。まずはその先入観を壊して欲しいですね。もちろん覚えるべきこともありますが、ベースになる考え方やメカニズムを理解せずに、情報だけ羅列して丸暗記では非効率的ですし、センター試験はもちろん、国公立大や私大入試でも、理屈を理解しているかどうかが試されています。早めにこの感覚を掴むためには、講座を受けたり、私の著書『気鋭の講師シリーズ 山岡の地理B教室』(東進ブックス)など初学者向け参考書を読んだりすることをおススメします。

地理の学習対象はまさに今の世の中です。ですから、新聞やテレビを通してもっと世の中に興味や関心を持って欲しいと思います。自分たちの暮らしと世界がどう結びついているのか考えて面白みを感じられれば、学習も楽しくなりますよ。

<以下WEB限定>

センター試験の第1問で出題される「気候」は、今のうちに押さえておいてください。気候はそれぞれの地域の風土を産み、産業を作っていくベースです。メカニズムの理解の大切さがわかる単元だと思いますよ。

早稲田や慶應の入試問題の中には、世界史の問題と見間違えるような設問が必ず出題されています。それは国公立大の入試においても見られます。当然ながら、今の地球の表面で起きていることの背景には、過去に地球の表面で起きたこと、つまり歴史があります。ですから、自分の受験科目が地理だからといって、他の世界史や日本史の授業をないがしろにしてしまうと、結果として地理の学習にも不利にはたらいてしまいます。地理との関連も意識しながら、他教科もまんべんなく学習を進めましょう。

模試を受験した際は、間違えたところはもちろん、あやふやなままに「正解してしまった」問題のおさらいも重要です。解説を読んで出題のねらいを確認しておきましょう。また、正解肢以外の選択肢についても、都市名や地図上での場所をチェックしておくこと。出題者側は何かしらの意図をもって選択肢を作っています。不正解の選択肢にも意味があるのです。解答解説集を重要な学習ツールとしてしっかり読み込み、大いに活用することも忘れずに。

皆さんが思っている以上に、時間はあっという間に過ぎ、受験を迎えます。時間を大切に過ごしてくださいね。

物理 橋元 淳一郎先生

『橋元の物理をはじめからていねいに』で、数えきれないほど多くの受験生を救ってきた先生の授業が、君の目の前で展開される。SF作家としても著名な、そして「物理はイメージだ!」がモットーである先生の授業は、君の左脳はもちろん、右脳をも直撃する。

夏までに教科書レベル完成

夏までに全分野をひと通り終わらせておくことが理想的です。特に各分野の後半、電磁気の後半や原子物理などは手薄になりがちですから、必ずおさえましょう。「終わらせる」というのは、教科書の練習問題レベルを見てすぐに解き方が浮かぶようにしておくことです。あるいは「物理基礎」の範囲ならセンター試験の問題も解けるようにしておくと良いですね。勉強する際は「図に描いてイメージする」ことが大切です。物理にも暗記すべきものはありますが、イメージができたうえで暗記すると記憶に残ります。

部活生の場合は「いかに短時間で力をつけるか」がポイントです。1日15分~30分で良いので、苦手なテーマから1つ選んで取り組むことをおススメします。例えば、力学の中の「浮力」の理解に限定すれば15分で十分ですし、熱力学の中の「第一法則」に絞って、その意味を理解できるようになれば、公式は特に丸暗記しようと意気込まずに済みますね。

<以下WEB限定>

6月の「全国統一高校生テスト」(6/17実施)や旧帝大の本番レベル模試(6/10東大、6/24 京大・北大・九大、6/3東北大・名大・阪大)といった模試は、結果よりも「実力を知る」という感覚で受験しましょう。もちろん、解答解説を読んでしっかり理解することも大切ですが、

「どの分野が弱いのか」「まだ手付かずの分野はどこか」等をチェックして、今後の学習計画に活用しましょう。

「図を描いてイメージ」の訓練

「力学(特にエネルギー)」の分野は物理の土台ですので、基礎をしっかり押さえましょう。私の著書『物理をはじめからていねいに(力学編)』(東進ブックス)などをぜひ活用してください。

学習順序は、必ずしも教科書通りでなくて構いません。まずは土台となる「慣性の法則」、続いて力が一定の「等加速度運動」に取り組む(この公式は、物理公式の中でも一番複雑ですが、実は微分積分の知識があるとすんなり理解できます)。そして、力が一定でない「円運動」、「単振動(バネの運動)」へと続いていくのがおススメです。

万有引力など「円運動」は、物のどこに何が触れているかイメージすると理解しやすいです。僕はこれを「タッチの定理」と呼んでいます。「重力」に加えて、物が動くときには、物が何かにタッチしている必要があります。念力では絶対に動きませんからね。何かが動く、力が働くというときは、そこに「何が触れているか」に注目しましょう。

<以下WEB限定>

特に高1生の場合、「中学の理科」と「高校の理科」の違いに注意してください。内容も易しく、ただ暗記でも良かった中学の理科とは違って、高校の理科は「考え方の基本」を理解する必要があります。その違いは早く体得しておいてくださいね。

物理は、他の科目と比べて覚えることが少なく、理屈・イメージをしっかり掴めたら、短期間でも修得可能な科目です。「図を描いてイメージする」ことに充分に時間をかけて、訓練を積んでおいてください。まだ文系・理系さえ決めていない生徒も、「物理は難しい」という意識なんて持たずに、ぜひ物理も選択肢に入れてみて欲しいと思います。

小論文 石関 直子先生

受験小論文界の良心遂に登場! 一生ものの文章力を一から丁寧に教えます。「私は華道家としての一面も持っていますが、医療従事者への道も華道同様一種の「修行」。時に自己と向き合いながら、時に周囲の助けを受けながら、合格への道のりを歩んでいきましょう。栄冠への3点セットは『夢・努力・目標』です。今日の努力が明日の笑顔! 夢に向かって一緒に頑張りましょう!」

夏までにチェック! 「意欲」「技術」「情報」

高3生が夏休みまでに確認しておくべきことは3つです。1つ目は「意欲」です。自分の進みたい分野を明確にし、「それに向けて頑張るんだ!」という決意を新たにして頂きたいと思います。そしてその達成に必要となるエネルギーがどの程度かを確認しましょう。

2つ目が「技術」です。小論文の基本は「根拠を明確に書く」こと。意見を書くならその理由、問題点を挙げるならその背景、体験談などです。どんなテーマであっても根拠を明確にして書く、ということを身につければ、過去問演習でもスムーズに文章が書けます。

3つ目は「情報」です。近年どの学部においても、専門分野の知識を必要とするテーマが増えてきています。これは一朝一夕で身につくものではないので、例えば医学部志望なら医療のトピックなど、新聞の中に志望分野の記事があれば、200字程度に要約しスクラップする練習を続けましょう。

<以下WEB限定>

小論文は、自己流で書き続けても上達しません。高校の先生の指導を受けたり、東進の講座を活用したりして基本的な書き方を学び、過去問演習で仕上げていくのが、一番効率的な方法です。

また、他教科・科目で記述式の解答が必要となる場合にも、小論文の力が活きてきます。模試を受験したら、解答解説と添削された答案を読み込みましょう。正しく解答するためのキーワードや、使うべき文末など、外してはいけないポイントが明らかになるはずです。こうしたポイントは一つでも落としてしまうと、最悪の場合0点になってしまうこともあるんですよ。自分の足りない部分も合わせて確認しながら、夏休みまでに、「問いの要求にあった記述」がきちんとできるようにしておきましょう。

必要な知識を蓄えよう

必要なことは次の3つ。まずは「他教科の学習」です。小論文は文章を深く理解するための国語力が必要ですし、数学の計算をしたうえで自分の意見を述べるという形式や、問題文が英語の大学・学部もあります。「小論文」そのものだけでなく、書くために必要な知識をまんべんなく身につけましょう。

2つ目は「社会へアンテナを張る」ことです。近年、小論文は専門性が高くなってきており、各分野の基礎知識があるかどうかで、文章の密度がぐっと違ってきます。興味を持った記事や本などについて、できればまとまった分量を読む習慣をつけると良いですね。

3つ目は「高校生活を充実させる」こと。本格的な受験勉強の際にも、また受験後の人生においても、高校での経験は大きなエネルギーになります。さまざまな経験を積むことは、小論文においても、根拠となる体験談を増やすことにつながり、重みのある文章が書けるようになります。

<以下WEB限定>

近年の入試では、「小論文は授業を受けてしっかり練習をしてから臨むのが当たり前」という傾向が見られ、大学の先生からも受験生のレベルが上がってきていると伺います。AO 入試や推薦入試で小論文の配点が高くなってきている大学も多いです。つまり、推薦の評定平均をクリアできていることは前提で、そこからいかに小論文で得点するかということが重要になっています。できるだけ早い時期から練習を開始することが合格の鍵ですね。

週末や試験休み等、ある程度まとまった時間が取れる時には、「大学でどんな勉強をしたいのか」「そのためには何が必要で、自分には何が足りないのか」を考えてみてください。友人や先輩、先生方からの客観的な意見やアドバイスをもらいながら、軌道修正することも可能ですよ。じっくりと自分と向き合ってみてください。

数学 石綿 夏委也先生

エネルギッシュなワクワク授業で絶大な人気を誇り、多くの生徒の信頼を集める実力講師。数十年のデータ分析による各大学の傾向と対策で、生徒を魅了する。

ツールを活用して学習 スタイルを確立する

夏までは通期講座に集中的に取り組み、今のうちに自分の弱点と向き合いましょう。例えば、三角関数は公式を覚えるだけならおもしろくありませんが、解法をマスターすれば数学Ⅲの武器になります。また、高校の教科書傍用問題集も活用しましょう。最近の問題集は丁寧な解答もついていて、受験対策に使えます。できない部分を克服したうえで、夏からの過去問演習に臨んでください。

有効な時間を使うためには、有効なツールを選ぶことが大事です。学期が進むと教材はレベルアップしていきますが、変えずに使い続ける問題集を1冊手元に置きましょう。わからない問題があれば何度でも戻って、基礎を完璧にします。もう一つおススメなのがストップウォッチ。入試は時間との勝負です。小問1問に考える時間は3分と決めるなど、時間を区切りながら解きましょう。いきなり1時間は無理でも、3分なら集中できるはずです。

<以下WEB限定>

今の高校生はほとんどスマートフォンを持っているので、ストップウォッチ機能を活用できますが、メールを受信してしまったりするので、できればストップウォッチそのものを使って欲しいところです。時間の使い方は道具の使い方次第。問題集をそばに置き、ストップウォッチで測りながら解きましょう。繰り返すうちに1回3分で10ラウンドが続けてできるようになります。そうしているうちに、センター試験の密度の高さや速度に対応できる力が身につくはずです。

東進の授業も模試も、ツールです。特に、模試は入試の内容とレベルを知り、自分の弱点を知るためのツールですから、受けた後は「間違い直しノート」を作り、解いた日付も記録しておきましょう。今の時期は無理をするより、基礎力をつけることに徹底してください。焦らずに、ただし夏までとそれ以降の時間を意識して、急いで取りかかりましょう。

数学の得意分野を作ろう

高2、1生は学校の勉強と合わせて、問題集などを活用して演習を重ねていきましょう。この時期には、得意分野を作る、あるいは不得意分野を排除するといった勉強の方向性を明確にして、基礎を完成させることが目標です。

数学の学習を通じて身につけてほしい力も変化しています。例えば、データの分析のような計算力だけでなく図表や文章を読み取る力を問う問題が入ってきています。ビッグデータ時代ならではの分野ですが、得意になれば高得点が見込めます。確率やデータの分析は教科書を見ながら自分で学習しやすい分野です。焦点を絞り、今のうちに一つでも二つでも得意分野を作りましょう。

高2生は数学Ⅱなら三角関数、数学Bなら数列やベクトルといった入試でもポイントとなる分野の基本問題はしっかり解けるようにしておきましょう。高1生はまず数学Ⅰ・A、特に二次関数や、先に触れた確率やデータの分析を固めましょう。

<以下WEB限定>

今は、時代が数学を求めていると思います。昔は何のために学ぶのかという問いかけもありましたが、今は分析能力や予測能力、方向性の見極めが重視されています。そのときに数学の論理的な能力が欠かせません。

コンピュータやスマートフォンはあくまでツールで、その背景に論理思考があるかどうかが問われます。グローバル時代のこれからは、日本人だけの戦いではありません。数学を学ぶことは論理力、分析力、企画力を磨くこと。数学を好きになることは、自分が生きる道を好きになるということではないでしょうか。

大谷翔平選手が高校時代に作った「目標設定シート」が話題となっています。彼のすごいところは、10代のうちに目標を立て、それを今でも続けていること。これを受験に置き換えてみると、大いに刺激になるのではないでしょうか。

英語 武藤 一也先生

東進が誇る新世代英語界の若きホープ。大学生にして、ジャパンタイムズのオーストラリア特派員を務めた異色の経歴を持つ。その記事は入試問題にも使われたことがあり、海を越えて活躍する、まさにグローバル英語人。大学生時代から4技能試験の指導をし、受講生のスコアを劇的に向上させることで話題になった達人講師が今、東進の教壇で4技能を伝授する。TOEIC 4技能すべて満点、英検1級。

過去問や模試で、自分の弱点や 足りないものを見つける

夏から「過去問演習講座」に取り組めるよう、夏前に通期の講座を終わらせましょう。「終わらせる」というのは、通期講座の復習はもちろん、単語・熟語・基礎文法を固めていること。それに音読も徹底的にやってほしいですね。単語を覚えるのは苦しい時間ですが、身につけてしまえば、過去問を解くときにいちいち調べる時間が短縮できますし、問題を解いていて手応えも感じられます。

過去問演習は今の自分の弱点や不足しているところを明確にするためのものですから、今の段階で解けなかったからといって落ち込まないこと。来年の入試で合格点に届くために、過去問演習を通して今の自分に何が足りないのかを知ることが大事なのです。

文法問題では、あまり細かいことにとらわれないようにしましょう。私立では、私でも調べないとわからないような問題が出ることもあります。そのような問題にこだわりすぎるよりも長文でしっかり点を取れるようにしましょう。そのためには、私立大学志望でも国公立大学の長文問題に取り組んでみるのも効果的です。また、英語の問題を解くには国語力も大事です。特に国公立の英語は記述問題ですから、正しい日本語で文章をまとめる力が必要です。私立は選択式ですが、英文を正しく理解するためにも、国公立の記述問題に取り組んでみましょう。

「全国統一高校生テスト」や「センター試験本番レベル模試」は、本当の入試を受ける気持ちで臨んでください。これが第一志望大学の入試の本番だったらどうするかと考えて、模試の前日から緊張感を高め、自己ベストを目指してください。もちろん、実際には思うように点が取れないと思いますが、模試はそこからが大事。終わったら必ず復習して、自分の弱点を見つけましょう。そうすることで、模試が生きてくるはずです。

<以下WEB限定>

【高3生】

部活をしていることは、不利ではない

高3生で部活をしている人にとっては、最後の大会などを控え、練習も厳しくなってくる時期です。だからこそ、スキマ時間を有効活用して勉強を進めましょう。東進の「高速マスター基礎力養成講座」を活用するのが効果的です。

部活をしているからといって、不利なことはありません。時間が限られている人のほうが、時間を有効に使えるものです。むしろたくさん時間がある人ほど、だらだらと過ごしてしまいがちです。時間が限られているからこそ、きちんと成績に結び付く質の高い勉強をすることが大事になります。例えば、問題をたくさん解いても復習をしないと、時間をかけた割にリターンが少ないので、質が高いとは言えません。授業で習った長文問題を徹底的に復習・音読をして、自分でも授業ができるくらいにまで理解したほうが、結果的に成績が伸びます。

高3生というのは、高校生活のハイライトです。部活動も勉強も最後までしっかりがんばって「いい高校生活だったな」と思えるような、充実した生活を送ってください。

【高2生・高1生】

普段から意識を高めておくと、本番で強くなる

高1生は模試を初めて受ける人が大半だと思いますが、まずは高校生の「レベル感」というものを知って、できればそこで壁を知ってほしいですね。「このままではやばい」と思えばしめたもので、そこで自分には何ができて何が足りないのかをしっかり理解していくことが大切です。

高2生は高校1年分の英語力がちゃんと身についているのかを確認しましょう。自分の実力を客観的に見つめて、高1生で学んだことが身についていないのであれば、早急に対策を始めましょう。

できれば、模試の2週間くらい前から試験を意識して、「絶対にミスはしない」という心がけで臨んでほしいものです。一度解いた問題はもう間違えない、少し厳しめの時間設定のなかで問題を解くなど、普段から意識を高めておくと試験の時でもミスが減ります。

高1生の夏にがんばっておくと、高2生になったときに楽になりますし、高2生の夏に頑張れば、高3生になったときに楽になります。早め早めに準備し、高2生の終わりまでに英語を完成させて、他教科に時間が割けるように進めましょう。

バックナンバー:

絞り込み検索: