TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

9月の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

日本史 井之上勇

語りかける口調はとても穏やかだが、緊張感のある厳しい指導で定評がある。しかし、その厳しさは生徒の成長を思ってこそであり、講義は人気を博している。つねに生徒と同じ目線に立ち、入試問題に対する的確な思考法を教えてくれる。気がついたときには、ダイナミックな歴史の流れが一本の糸につむがれ、連綿と輝いているはずである。

日本史には、理解が深まる勉強習慣がある

9月以降の日本史の勉強で、改めて大事なことが「習慣」です。日本史は、必ずしも机に向かう必要のない学習もあります。例えば、内閣の動向を把握する作業は、小学生のときに覚えた九九の覚え方と似ています。日本史が暗記だけでどうにかなるような甘い学問ではないことをみなさんはご存じのはずですが、思考力・応用力を養う前に、ベースとなる知識が必要です。つまり、学習を①暗記する ②教科書を読んで理解する ③演習を行うなどに分類し、一日の中で、三つの要素をすべて実行できるような計画を立ててみてください。

夏に立てた計画が予定通り実行できたならば、ハードルを高くしてもよいでしょう。

一方で、思ったように学習が進まなかった人は少しずつ強い負荷を与える計画を立てましょう。具体的には、毎日、過去問の大問1問取り組む→2問→3問といった形で増やしていくなどです。

<以下web限定>

「日本史の勉強」といっても既習の部分がかなり多くなってきた秋では、いくつかの学習目的があり、その目的に応じた学習法・ツールが必要となります。それは、①未習部分を撲滅する ②既習部分の定着を図る ③既習部分を得点につなげる、などです。③について補足しておけば、一通りの知識をもっていながら、演習不足であるために、既存の知識を答案に反映できない、といった事態を回避するための学習です。

①については教科書がバイブルであることは、いうまでもありません。②については「忘れない」ための手軽な教材を用いるとよいでしょう。たとえば一問一答です。パターン化した問いと解答は学習ツールとして批判されることもありますが、全体像が把握できているならば、知識を維持するためにツールとして最適だといってよいでしょう。とはいえ、一問一答的だけでは、テーマ的な出題がなされたり、視覚教材が用いられたり、論述形式が含まれていたり、といった多様な入試問題に必ずしも対応できません。そこで、③については過去問と正面から向き合う必要が生じます。③の目的のための過去問への取組みのなかで、弱点もみえてくるでしょう。既習のつもりでいても、実はほとんど未習とかわらないレベルだった、ということもあるでしょう。③の目的で取り組んだ過去問演習で発見できた課題を、①②のための学習に活かしましょう。

模試が大きな効果を発揮するのはなぜでしょうか。自分の実力が数値化されてもどってくることがわかっているため、少しでも点を高くしたいという気持ちが、受験会場で受験者を真剣にさせるのでしょう。過去問演習でも、講義を受ける前に演習を行うことは当然なのですが、本番のときの自分と同じ気持ち、集中力で取り組まなければ意味がありません。問題集などを説いていても、わからないからといって、すぐに解答をみてしまったら効果がありません。「これはなんだったかなあ」と受験会場、もしくは過去問演習を受講する前に自ら真剣に考えて、正解をみたり解説をきいたりしたときにこそ、大きな効果を発揮します。

教科書はおもろくない!?まずは、その認識を改めよう

「教科書はおもしろくない」、「わかりにくい」といった声を聞くことがあります。しかし、その感想は誤りです。教科書ほど簡潔に、そして、今日までの研究成果を的確に反映した教材はありません。読みこなせないのは、自らの学習への姿勢が甘いためだと考えましょう。

日本史学習はペンキ塗りのようなイメージで臨んでください。教科書を精読するといっても、最初は聞いたこともない用語ばかりでとまどうでしょうが、二度目、三度目にそのページを読むときに、きっと「思ったよりも理解できている」といった印象が得られるはずです。

近年の入試のシーンや、教養的側面から考えても、近現代史からスタートさせることをおススメします。近現代史では、出題される・されないに関わらず、学習で得た知識がビジネスシーンをはじめ、将来的にさまざまな場面で役立つと考えてください。

<以下web限定>

未来を思い描くことはとても重要です。もちろん、自分がなりたい職業を見つけ、その方向にむかって志望大や学部を設定していくことは重要です。ただし、みなさんの中には,自分に適切な職業など、発見できていない人も少なくないでしょう。私自身もそうでした。私自身が高校生のときに考えたことは,未来が見えなくてもあとでいくつかの選択が可能なように、努力する自分を養っておこう、というものでした。その意味では少し遠回りをしています。大学入学時は日本文学科で、もう一度受験しなおすかたちで日本史学科に編入したからです。しかし、努力する自分を養っておけたことは時代の変化にある程度ついていく自分を身につけることができたのだ、と思っています。昨今話題になっているニュースに、「コンピュータによる技術革新によって、現在ある職業は半減する」といったものがあります。

みなさんも、優良とされた企業、世界でも有数の企業が倒産するとか、外国企業に吸収されるといったニュースを耳にしたことがあるでしょう。

時代は常に変化しています。安定した職業などありえません。明治時代初期において極めて優秀な人力車夫は、自動車や鉄道が発達した時代にどうなったと思いますか~無声映画が一般的だった時代に活躍できた活動弁士(映画の解説をする人)はトーキー(音声映画)が登場したときにどうなったでしょうか。

時代は常に変化していきます。ある分野で専門性を高めてエキスパートになったとしても、その専門性は不要になる時代がくるかもしれません。でも恐れる必要はないと思います。ある分野で専門性を高め、エキスパートになった人は、尋常ではない努力をした人です。その努力はすぐに別の分野でも活かされて、あらたな道を切り開けるでしょう。

つまり、大学受験という機会を、自らに負荷を与え、努力する自分を養う機会にしてほしいのです。死ぬほど努力しても、もしかすると,第一志望には合格できないかもしれません。でも、大事なのはそこに至るプロセスです。「ここまで自分は頑張ることができた」それは周囲の人からみて、わかってもらえないのかもしれません。

しかし、その努力は自分の将来を想像もできないくらい、明るいものにしています。大学受験という機会を、「人生でこれ以上努力したことがない」と思えるようにしてみましょう。本番を終えたとき、結果(合否)にかかわらず、きっと「ここまで努力できたのだから、可能性は無限大だろう」と思えるはずです。本番までの努力は自らの可能性を無限大にする…このことを忘れずに地道な努力を続けてください。

物理 三宅唯

「理論は知っているだけではだめ、それを行使できるかが重要」であるとし、原理・定義・法則の定性的把握と定量的行使を軸に、自然現象をグラフィカルに解析。それは公式を振り回すだけの物理を超え、因果関係を的確に捉える直感を君に与えてくれるだろう。公式の運用のみならず、それ自身の導出と解釈に重点を置いた講義で、森羅万象の謎を華麗に紐解いていく。

「わかる」を「できる」にしよう

この時期になると、知識量が増えていると思いますが、これから過去問演習を進めるにあたって大切なのは「わかる」を「できる」にすることです。例えば力学の問題で、「エネルギー保存の法則を用いて答えよ」というハシゴがなくても解ける力、つまりその現象を解析するために何が必要なのか、理論の架け橋を自分で用意して答えを出して行く能力がついているかどうかを自問自答しながら進めてください。1つの大問に小問が(1)~(4)まであるとすると、大抵の場合、最後の小問(4)が最終的な着地点で、小問(1)~(3)はいわばハシゴの役割になります。この小問(1)~(3)が無くても、自分で筋道を立てて結論に至れるかどうか試してみましょう。これを繰り返すうちに、「この現象にはこの法則を使う」といった解決の型ができ、自ずと得点に結びついていくはずです。モチベーションアップにもつながりますよ。

<以下web限定>

物理の学習は、基本さえ理解できれば、学習スピードは向上します。特に物理の苦手な生徒は、「早く先に進めなければ」という意識が強くなり、焦って先を急ぎがちですが、1つ1つの単元についてしっかり理解していくことが大切です。模試や過去問演習においては、あまり全体的な得点は気にしないこと。現時点での既習分野がしっかり得点できていれば良いので、それを励みに進めていってください。

模試や入試の全ての問題には「何を学生に求めているのか」というメッセージ性が含まれています。模試の解説では、その辺りのことまで踏み込んで説明していることが多いので、模試を受験したら是非しっかり読んで欲しいです。

また、これまで受講した講座も再度受け直すことをおススメします。物理の場合、同じものを繰り返し学習することで、段々と能力が上がって理解度も深まりますから、1回目にうまく理解できなかった知識や考え方も、2回目にはすんなり理解できることが多いです。

物理の学習に「ネガティブな思考」は禁物です。あまり細かいことに落ち込んでいたらキリがない学問ですので、自分に自信持って取り組んでください。

自分の好きな単元から取り組もう

複雑な現象をそのままに性質を見出そうとする化学や生物と違って、物理は現象をシンプルに、いわば大雑把に模型化する学問です。まずは物理という学問の特性に慣れて欲しいです。高2生、高1生はまだ準備段階にいますので、教科書の練習問題や易しい問題集を選んで、自分の好きな単元から取り組んでみましょう。もし愛用の問題集が手元にないならば、今月出版された私の著書『物理一問一答【完全版】』も見てみてください。物理に苦手意識のある生徒は、「これならできる」という自信を少しずつ積み重ねていくことが大切です。定期テストの範囲の公式を集中的に覚えるだけの勉強では、すぐに忘れてしまい、何も残りません。自分の中にしっかり残っていく学習をして欲しいですね。

高3生までに、中学の理科も含めて、物理で説明できる現象をある程度知っておくこと。これを知らない生徒がとても多いです。

<以下web限定>

物理はモチベーションが一番大事な学問です。まずは自分の好きな分野や楽しいと思える単元から取り組んで伸ばして行けば、苦手な分野も含め、自ずと結果はついてきます。あまり苦手な分野ばかりにとらわれないこと。物理の学習だけではなく、将来の目標に対しても、まずは自分の得意なところから伸ばして、モチベーションを維持しながら取り組んでいくことが成功につながります。

東進はホームページ上でセンター試験の解答・解説を掲載しています。高3生はもちろん、高2生・高1生も入試問題の解答・解説をぜひ読んでみてください。通常は受験した生徒が解答確認のために読むことが多いと思いますが、今後受験をする皆さんへ向けて、「どういう勉強の仕方をしたらいいか」という指針が明記してあります。学習の計画を立てるときや勉強の方法を考えるときに大いに活用できると思います。

古文 栗原隆

20年を超える指導経験から、東大・難関大志望者に絶大な信頼を得る真の実力講師。「構造分析による本文解釈」と「出題者の心理・行動分析による設問解法」を軸に、独自の図表や心和ませる古典エピソードを交え展開される講義は必聴。あらゆる入試問題にも素早く、確実に正解へ導く本質の指導を追究する。

最後の基礎確認を済ませ、過去問演習に進もう

昨年度のセンター試験は、大変読みやすい問題文でしたが、問1(ア)の単語解釈の問題で13%、問2の品詞分解の問題で30%程度の正答率でした。問1(ア)は、どんな単語集にも載っている重要単語が出題されていたのですが、文脈を無視し、傍線部分だけ読んで意味を判断したのが原因です。再度「基礎強化古文」のような基礎講座を活用し、出題者が「何故ここに傍線を引いたのか」「何故このような選択肢を組み立てたのか」まで考えること。問2の品詞分解に関しては、「対策不足」の一言に尽きます。こちらも基礎講座を受講し、知識を固めておくことで、必ず得点できる設問です。

理系で古文にまで手が回っていない生徒も、今を逃すとあっという間にセンター試験本番になってしまうので、9月中にある程度まとまった時間を取って最後の基礎確認を済ませ、過去問演習へと学習を進めましょう。

<以下web限定>

大学入試の古文で出題者が求めているのは、文章を「解釈する力」です。つまり、与えられた文献を「分析」し、部分ごとに「検証」を行い、それを現代語として「再統合」し、全体の内容を「理解」して「説明」する力を求められています。ここは自己主張する場ではないのです。設問を見たら、「出題者が一体何を聞いているのか」をまず考えること。答えは必ず本文中にあることを忘れないでくださいね。また、問題文が書かれた時代にも要注意です。例えば口語文の影響を強く受けた近世の問題文であれば、現代語文により近い構成になってくるので、いわゆる古文単語の意味のまま訳してしまうと、大きなズレが生じてしまいますよ。

古文学習のプロセスは将来必ず役に立つ!

古文が苦手な人ほど、「古文が何の役に立つのかわからない」という人が多いと思います。古文の方法論である、文献を「分析」し、部分ごとに「検証」を行い、それを現代語として「再統合」して全体の内容を「理解」して「説明」するプロセスは、この先の卒業論文、修士論文、博士論文といった大学の研究においても全く同じですし、ビジネスの世界で、多くのクライアントの前でプレゼンを行う場合も必要になります。つまり、古文の学習は文理問わず将来的にも非常に価値のあるものなのです。結果は後からついてくるので、まず勉強のプロセスを楽しむことが大切ですよ。

楽しんで学習するキッカケとして、東進の講座を是非活用してください。まずは自分の現在のレベルに合って、楽しそうだと思える講座を見つけて始めてみてください。新たな発見があると思いますし、それがモチベーションアップにつながりますよ。

<以下web限定>

古文という科目は、日本の言語文化を学ぶ教科です。民俗学や哲学、思想史や日本語史などさまざまな要素を含みますので、その中で何か1つでも興味を見つけて頂ければ、今後も苦痛だけでなく、喜びを持って勉強できるのではないでしょうか。

また、「わからないことが発見できる喜び」も古文の魅力です。「同じ時代の作品でも何故文体が違うのか」「登場人物が何故そのような行動をとるのか」「その行動が何に基づくものなのか」ということは、原文を見ればヒントが出てきます。これらは単に訳文だけ読むだけではわかりません。私にとって古文は、「自ら犯行現場に入り、現場を観察して証拠となるものを見つける」という犯罪捜査的な面白さを感じるんです。

授業の予習復習をする際は、問題文を品詞分解し、現代語訳する習慣をつけておきましょう。かなり力がつきますし、高3生になってからが楽ですよ。そこで疑問が出れば、先生に質問したり、東進の講座を活用してください。少しずつ小出しに勉強するよりも、映像を使った授業で集中的に取り組んだ方が、理解度が深まります。テレビドラマも、1、2週間おきに視聴すると話のつながりがよくわからなくなりますよね。ワンシーズンを一気に視聴した方が、その作品に対する理解度がかなり深まるはず。古文の勉強もそれと同じですよ。

数学 沖田一希

「数学が苦手、でも何とかしたい!」という高校生の期待に応え、短期間で数学力を徹底的に養成し、バラバラな知識を統一・体系化していくプロ中のプロである。熱く情熱的な沖田ワールドは時が経つのを忘れさせ、君の数学力を飛躍的に向上させる。

9月は苦手克服の最後のチャンス

9月は志望校対策と基礎固めを並行して進めます。まず基礎を固め、段階的に学力を伸長させるには時間的に厳しい時期。模試や過去問など、実践で基礎を固めながら、階段を一段ずつ昇るのではなく、昇ったところから見下ろすような感覚で進めていきましょう。志望校対策では、受験校ごとに入試のウエートを意識した学習を進めます。理系なら数学IIIと並行して数学I・A、II・Bを仕上げましょう。文系は数学II・Bを仕上げます。特に、数列・ベクトルを苦手にしている人は多いですが、何が何でもこの時期に弱点を補強しましょう。秋になると焦りが出やすいので、今が苦手な分野に取り組む最後のチャンスです。

過去問演習は、やりはじめは難しく感じるでしょう。まずは3年分を完璧にやり込んでください。それができたら5年分、7年分、最終的には10年分までやります。闇雲にやるのではなく、まずは3年分を繰り返し解いて完璧に仕上げることが大切です。

<以下web限定>

数学は毎日学習するのが理想ですが、1日のルーティンの中で他の科目との兼ね合いもあるので、例えば月・水・金で重点的にやる、週末に総復習をするなどの方法がいいでしょう。間を空け過ぎると記憶したことが抜け落ちてしまうので、1日おきくらいで。

9月はセンター対策よりも、記述問題を中心に。記述対策はセンターの得点にも繋がります。センター試験特有の解き方もありますが、12月からはセンター対策一色になることを考えると、それが終わってから記述対策に切り替えては間に合わないので、9月に対策しておくべきです。

記述の答案は「わからない人に説明してあげる」という姿勢が大切です。式の羅列は避け、問題文に書かれていない文字を自分で設定したときは、必ず説明を加えましょう。

秋風が吹きはじめると不安になる人も少なくないでしょう。でも、不安で何も手につかないのは本末転倒。心を落ち着けて、まずペンを持って机に向かう。自分の未来を信じて、がんばってください!

数学を苦手なままにしないために今、できること

9月は学校行事や部活の予定がたくさんあります。それらを一生懸命やりつつ、勉強の習慣をつけましょう。毎日東進に最低でも30分行く、といったやり方でもいいので習慣をつけ、学習から離れないこと!1年生は高校の内容がどんどん難しくなってきて授業に遅れる人が出てきます。2年になると、特に文系の生徒で数学の苦手意識がしみついてしまう人もいます。この9月はとても大切!でもこの時期努力して踏みとどまっておけば、この先でつまづくことはないでしょう。

高校数学の難易度の高さゆえに、数学嫌いになってしまう人が意外に多いものです。続けるうちに解けて楽しくなるのはどの教科も同じです。やらないとそれが見えてきません。わかるための訓練、自信をつけるための努力をしてみましょう。計算力をつけるのも大事です。解き方は正しくても計算力なくして正答に辿り着くとことはできませんから。受験は英語と数学がメインです。苦手な人はあえて数学漬けになるようなやり方もおススメします。

<以下web限定>

1年生なら、特に2次関数は大事です。後から数列・ベクトルなど他の分野と絡んでくるので、完璧に仕上がて欲しい分野です。三角関数は食わず嫌いの人が多いようですが、実は覚えることはそんなに多くないので、早めにマスターしましょう。

秋からは受験に意識を向けて下さい。「がんばろう!」「入学するぞ!」と自分を鼓舞するのはいいことですが、それだけではダメです。習慣や行動を変えない限り、成績も将来も変わらないことを肝に銘じてください。小さなことでもいいので、習慣・行動を変えていきましょう。成功した未来の自分になるためには何が足りないか、もっとがんばれるはずだ、と常に問いかけてみて欲しいと思います。

英語 慎一之

関西の若手・実力講師が全国の受験生へ。君の夢を叶えるために、正しい「努力」の仕方を教えます。徹底した基礎修得から英語力をグイグイ伸ばし、最難関大学へナビゲート。予備校講師になるという夢を実現した慎が、今度は東進生の夢を実現。言葉に熱い想いと情熱を込めて、全国の生徒を90分間魅了する感動の授業! 慎が贈る、真の英語を君に伝授する!

その解き方は正しいか解答プロセスの確認を!

8月頃から本格的に過去問演習に取り組んでいる人が多いと思います。入試までほぼ半年ですが、合格点に届かず焦ってはいないでしょうか。今の時期は、点数だけに焦点を当ててはいけません。自分が導いた解答に対して、解法のプロセスをしっかりと持つ習慣を持つことが大切です。

さらに、志望校の出題傾向の把握も進めましょう。東進の「過去問演習講座」であれば、解説授業を使ってしっかりと理解して、本番に生かせるようにしてください。くれぐれも点数に一喜一憂しないことです。

過去問演習をしていると、基礎の抜けている部分に気づくこともあるかもしれません。例えば、空所補充の力や語彙力が不十分だったら、これまで使った教科書やテキストなどで補強してください。基礎に戻ることで焦りが生じるかもしれませんが、盤石な基礎力があって、はじめて志望校で通じる応用力が身につくと考えましょう。

過去問演習と基礎の確認を並行するうえで大切なのがバランスです。復習はどうしても時間がかかってしまうもの。例えば、ノートの左に出題された英文を全文写し、右側に日本語訳を全文書くやり方。ノート自体は美しいし一生懸命なのはいいことでも、高3の9月でこの進め方は時間がもったいない。基礎確認の時間はある程度で見切りをつけて、志望校対策、過去問演習の時間をしっかり確保してください。明青立法中レベルを志望しているのであれば、志望学部だけでなく、同レベルの別の学部の入試問題でも練習するといいでしょう。

9月には「難関大本番レベル記述模試」「有名大本番レベル記述模試」、10月には「東大本番レベル模試」「京大本番レベル模試」をはじめとする旧帝大模試が予定されています。まだ自信がなかったとしても、模試の結果から弱点を見つけ出すことも大切です。

<以下web限定>

特に現役生は、入試当日まで学力が伸びます。頑張った結果は人によって個人差があり、入試直前にたまたま見た単語が出題されたという体験談もよくあります。逆に、「これくらいでいい」と思ったら成長はそこで止まっています。常に「自分はもっと伸ばせる」という気持ちで、最後まで頑張りましょう。

学習の指標はセンター試験 新テストでも問われる基礎力は同じ

高2時点の英語の学力を計る指標として、センター試験の記述200点中何点取れるかが一つの目安です。特に高2生は現行のセンター試験を受験する最後の学年。センターの過去問を解けば、9月以降の実践的な学習計画の目安になります。早慶レベルなら160点はほしいところです。

高2生・高1生は部活も多く、一日3~4時間の勉強時間の確保は難しいかもしれませんが、たとえ1日90分であったとしても、しっかり集中して取り組む習慣をつけましょう。

高2生はもし浪人をすると、現時点では高1生と同じように新テストを受けることが決まっています。ただし、浪人をしなくても、将来仕事をするうえでスピーキング力、リスニング力をはじめとする英語力がますます求められる時代になっているのは確かです。まずは、英語でのディスカッションをするうえで、自分の意見を持っているのが前提。スピーキングにはある程度の型がありますので、意見があれば考えを型に当てはめていくだけ。学校の授業や東進の講座を活用して、どんどん話してください。

高1生は新テストを初めて受験する学年です。まだまだわからない点も多いですが、形が変わっても問われる基礎力は変わりません。現行のセンター試験の問題でしっかりと基礎力を積み上げていきましょう。ただし、現時点で制限時間内に解くのはまだ難しいはずです。

特に長文読解はゆっくりでいいので、全訳ではなく、段落ごとに何が言いたいのか要約しながら読む訓練をしましょう。メモを取りながら読んで、段落ごとの繋がりがわかれば、全体を把握できます。忘れることや間違えることを恐れず、続けることで覚えるべきもの、解くべきものを確実に身につけられるように頑張りましょう。

<以下web限定>

新テストでの英語は、ライティング、リーディング、リスニング、スピーキングの4技能の学力を計るものです。特にスピーキングと聞くと、対策が難しく感じるかもしれませんが、日常会話であれば中学生レベルの英単語でもできます。中学の教材をもう一度使って、やさしい英語で考える、話す練習を積むのもいいでしょう。そして、耳で聞いておくことも大事。問題集を買うときも、CDなどがついているものがいいですね。

バックナンバー:

絞り込み検索: