TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

10月の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

英語 宮崎尊先生

『英単語の集中講義』などの参考書の執筆のほか、雑誌『TIME』や数々のベストセラー作品の翻訳も手掛け、英語界でその名を馳せる有名実力講師。英語を日本語に置き換えるのでなく、英語そのものをとらえる独自の読解法で受験生を難関大合格へと導く。英語を知り尽くした男が最高レベルの授業を約束する。

自分の実力と「あと何点で合格できるか」を知ろう

この時期の受験生にとっては、志望校の過去問が何よりの先生です。過去問の演習を重ねることで、地方の国立大などが「絶対に出す問題」がわかってきます。今、自分はどれくらい得点できるのか、あと何点取れば合格できるのかを考えながら合格ラインを目指しましょう。「志望校対策特別講座」、「過去問演習講座」も有効活用してください。

10月まで中堅の実力をもって勉強を進めてこられた人なら、長文の読解力がかなりついているはずです。しかし、仮に全然読めないものがあっても焦らないこと。今読めない問題は、解説を読んでもすぐに頭に入りません。自分が読めないものは、他の人も読めないんだと考え、間違っても新しい参考書などに手を出さないこと。それなら今読める問題を10問でも解いて得点力を完璧にしたほうがいいでしょう。今から3カ月後、本番前に読めたら、それだけ実力がついたということです。

構文などは、自信がない問題があれば東進の講座を集中的に受講して弱点をなくしておいてください。学力が中堅以上の人は二次試験対策、私大対策をすることで力はついていきますが、センター試験対策は切り換えが必要です。本番1カ月前はセンター試験対策、終わったらまたガラッと切り換えて二次試験対策に打ち込んでください。

秋にはさまざまな模試があります。受験する場合は「惜しかった問題」を大事にしてください。理解できても得点できなかった問題は、そこまでのレベルに達していなかったということです。「全国統一高校生テスト」を受けて、日本中の受験生の中で、今の自分のポジションを知ることでモチベーションにしてください。思ったほど高くなかったとしても、そこは謙虚に受け止める。逆に上だったらしめたものです。実力をしっかり把握して、秋からの対策を効率的に進めていきましょう。

<以下Web限定>

受験勉強は社会人の勉強と同じ?

漠然と「がんばるぞ!」とか「やれば必ず受かる!」と力むのは簡単ですが、それで本当に目標を達成できるのでしょうか?志望校に合格できますか?少し冷静になってみましょう。現段階で志望校の合格レベルに達していない場合、どれだけ得点しなくてはならないかをじっくりと考え、着実に達成していくのが秋以降の学習です。受験勉強は受験生がするものですが、やり方は社会人の仕事と共通するところがあります。目標を定め、計画を立てて、それを達成していく。これから1カ月くらいのスケジュールを決めて、考えながら遂行していく。この繰り返しです。社会人ならほぼ誰もがしていること。こうした習慣が高校生のうちから身につけられれば、大学や卒業後の人生にも大いに役立つはずです。計画と実行を繰り返していると、「たまには寝たい、休みたい」が社会人のモチベーションだったりしますが、皆さんには3カ月後に控えた受験、志望校の合格という明確な目標があります。高校生のうちから、特に受験生の秋から意識して臨んでください。ちょっと大人になるつもりで。

気持ちが向くままに勉強できる人ほど強い

受験までまだ時間がある高2、1生には、得意な科目があれば徹底的に勉強を進めることをおススメします。授業のスピードや入試の出題範囲などのバランスを考えながら進めるより、気持ちが行けるところまで行ったほうがいい。関心があれば、高3の授業を受講してもまったく問題ありません。

英語の学習では、構文を重視しましょう。文法を分類するといったゲームみたいな勉強よりも、「構造」が大切です。内容をしっかり理解できるように意識してください。

人間は、心が向いたらやりますが、向かなかったらやらない。やらなければ、そのうちに「このままじゃヤバい」という気持ちになり、また向いてくるかもしれない。東進には集中的に実力を伸ばせるカリキュラムがあるので、活用してください。それから、皆さんの近くに、勉強のロールモデルになる「かっこいい人」はいませんか? かっこいい人は、勉強のやり方にも自分なりのスタイルがあります。先輩の真似をしてみるのもいい。東進では、大学生の担任助手の先生が活躍しています。受験勉強の経験値やセンスに優れた人が多く、彼らの経験は年齢の近い皆さんにとても参考になるはずです。校舎で積極的に話を聞くなどして吸収しましょう。

勉強は「スピード」と「集中力」です。明治時代の日本人は、開国した後、英語を火のついたようなスピードと集中力で学びました。ゆっくりやっていると、学力の伸びるペースもゆっくりになってしまいます。英語は語学であり、勉強の中でも学問というより肉体トレーニングに近いと思います。短期でも伸びる可能性が十分にあるんです。あるレベルに達するとどんどん伸ばすことができます。そこに到達できるように、頑張ってみてください。また、受験のレベルを知るためにも、模試も大いに活用しましょう。

<以下Web限定>

語学のスキルアップにはスピードと集中力だ!

英語の学習は「スピード」と「集中力」と言いましたが、私は2017年5月に「哲学塾」というものに参加しました。中島義道先生という哲学者が開催しているもので、ドイツ語で5日間の集中講義です。参加者は社会人や大学生など約30人、半分はドイツ語のスキルがない人です。毎回、高密度の授業をすごいスピードで進めていきます。完全にドロップアウトしてしまう人も少なくありませんが、2度受講しているという人も多い。最後にテストがありますが、受講者の半分くらいは100点満点で70点~80点は得点して、辞書を使えば科学雑誌を読めるレベルの読解力をつけていきます。学ぶ意思がある人は勉強の規則のようなものを見つけるのがうまいですね。語学の習得はある程度時間がかかりますが、現状の教育現場の学習ぺースはゆっくりかもしれません。私は大学の第二外国語でフランス語を選択しましたが、週2回の授業ではまったくものになりませんでした。語学スキルを高めるうえで、高い負荷を短時間に自分に課すことはとても大切だと改めて思います。原語で読みたい本があるとよいモチベーションになるでしょう。

数学 河合正人先生

延べ20万人以上の生徒を指導し、数多くの締切講座を記録する予備校界を代表する講師。本物のプロ意識で指導し、第一志望校に合格した受験生は多数。作問者の考えにまで及ぶ「流れを大切にする」授業では、心底から数学の面白さを体感することだろう。『センター数学分野別問題集』(東進ブックス)では、研究し尽くされたデータ分析が絶大な人気を獲得し、高校教材としても採用される。

二次対策とセンター対策の並行学習を

センター試験は、出題者の意図を読み解き、設定した解答を導き出す力が必要です。公式や定理だけ理解しても得点に結びつかず、問題の流れを徹底的に理解することが大切です。過去問はもちろん重要ですが、現行課程に対応した直近の問題を重点的に解いて傾向をつかむことが効果的です。〝やるなら最後まで?続けること。他者理論を読み解く訓練には継続性が必要。二次対策と並行して取り組んでほしいです。

その二次対策では「理系数学」と「文系数学」の取り組み方に違いがあります。理系は絶対的に数学Ⅲがメインで、続いて数学B、数学Aの分野に重点を置きましょう。数学Ⅲが出題の大部分を占めるため、数学Ⅲに割く時間は必然的に多くなります。加えて数学Bの数列とベクトル、数学Aの確率と整数の性質は押さえておく。文系は数学Ⅱ・数学B・数学Aを徹底的にやっておくことです。

<以下Web限定>

センター対策は応用力強化

センター試験は、出題者の意図を読み解き、設定した解法を導き出す力が必要です。教科書例題レベルの一問一答式での解答力だけでは太刀打ちできません。基礎力は基本事項と解き方がセットになっています。公式や定理だけ理解しても得点に繋がらないので、実践演習で実力を磨きましょう。過去問演習はもちろん重要ですが、まずは特に近年の問題を重点的に解いて傾向をつかむことが効果的です。

文系にも求められる数学力

秋は文理の選択をする時期。自分の適性に合わせて選択するのが一番ですが、心に留めておいてほしいのは、大学では文系でも理系の知識が求められるということです。数学が苦手だから文系に、という安易な選択は避けましょう。経済系に進むのであれば、計量経済学で行列計算が必要になり、心理学系の分野でも統計学の知識を使い分析を行っています。また、理系でもある大学の医学部では、化学や生物で受験した新入生に、入学前の春休み中に化学や生物の前提として必要な物理を学ばせています。

高校で数学を諦めてしまうと、大学に入ってから相当な努力が必要になります。大学で専攻する分野を極めようと思ったら、数学は大きな関門になって来るでしょう。経済系に限らず、特に統計は文系の全分野に関わりがあります。文系の選択を考えている人も、数学的な感性は磨いておきましょう。

<以下Web限定>

新テスト、数学の授業はどう変わる?

今、中学3年生の生徒の皆さんが受験を迎えるとき、センター試験に代わり「大学入学共通テスト」が導入されます。高校1年生の皆さんにも気になるところだと思います。「数学Ⅰ」「数学Ⅰ・数学A」で記述問題の導入がある一方で、「内容は現行のセンター試験と大きく変わらない」という意見もあります。文部科学省から今年の7月にマーク式モデル問題例が発表されています。

大学入学共通テスト導入とともに、学習指導要領の改訂が予定されており、学習・指導方法の改善として、「主体的・対話的で深い学び」の視点から、これからの時代に求められる資質・能力を身につけられるものに変わっていく見込みです。学習のしかたが変わったとしても、公式の理解や活用など、基礎力として押さえておかなければいけないポイントは変わりません。どのような舵がきられようとも、対応できる数学力を身につけましょう。

古文 栗原隆先生

20年を超える指導経験から、東大・難関大志望者に絶大な信頼を得る真の実力講師。「構造分析による本文解釈」と「出題者の心理・行動分析による設問解法」を軸に、独自の図表や心和ませる古典エピソードを交え展開される講義は必聴。あらゆる入試問題にも素早く、確実に正解へ導く本質の指導を追究する。

入試レベルに必要な力の確認を

この時期までに、古文の勉強が思うようにできていない人もいるかと思います。10月はぜひ、古文を最初から確認し直す時間をとってほしいのです。夏が終わり「過去問をひたすら解こう」と意気込みがちになりますが、過去問を解くという行為が、そのまま問題文を読めるようになるための体系的な訓練とはなりません。まずは焦らずに、語彙や語法、古典常識に関する知識と、問題文を正確に解釈する力をきちんと身につけましょう。東進生なら、「高速学習」で古文の講座をもう一度見直すと良いですね。

過去問演習を行う場合は、問題の「傾向」とその「本質」の違いを意識してください。「傾向」は対策を立てるために早く知るべきですが、その「本質」に求められる読解力は過去問をただむやみに解くだけではつきません。思うように得点できる基礎力が身についているかどうか10月に一度検証したうえで、過去問で要求されている核心を見抜く力を養成すべきです。

<以下Web限定>

皆さんが入試問題に向き合う時、「問題文の長さ」、「設問数」、「古文にかけられる制限時間」の三つの要素が、それぞれの問題に対する「攻略法」を決定します。その問題に相対した瞬間に、その場で素早く「攻略法」を決定しなくてはなりません。

そこで、必要とされるのが、「出題者の意図」を「解き明かす」ことです。問題を作成する「作問者」の視点になって考えてもらえるとよくわかってきます。文面だけではすべてお伝えすることができませんので、ぜひ志望校のレベルに相当する講座を受講してみてください。

センター試験の古文は、長文の古文を正確に読解したうえで、各設問から出題者の意図する要素を抽出し、それを吟味し、すでに提出されている選択肢の中から最も妥当なものを決定して、得点するものです。そして、この作業を20分以下で完遂せねばならないという、実はおそらく「日本一難しい古文の問題」といえます。

出題者は、何のためにそこに傍線をつけたのか、どのようにフェイクの選択肢を作っているのか、検証しながら「騙されない正答選び」とは何かと考えてみてください。

旧帝大の本番レベル模試は、二次試験に記述式問題を課す難関国立大学志願者には必須の模試です。記述式であろうが選択式であろうが、言うまでもなく正確な本文解釈が前提となります。そのうえで、出題者は何を問いたいのか、どうしてそこに傍線をつけたのかを考え、本文の中からその要素を抽出し、出題者が求める形式で、正しい現代語として答案を構成しなくてはなりません。

その制限字数も、大学によってさまざまです(北大60字以内。東北大80字以内。東大約34字以内。名大150字以内。京大100字以内。阪大70字程度。九大100字以内等)。制限字数が少なくなるほど、要約力、語彙力(熟語の知識等)が要求されます。そして、この能力は一朝一夕では身につきません。「本番レベル模試」はよい機会です。志望する大学の出題傾向を肌で感じて、さらに過去問を解いてみてください。

古文学習は「知の総合格闘技」

10月は多くの行事が重なる時期ですね。「東進で講座を受けている90分はとにかく集中しよう」というように、頭を切り替える訓練をしましょう。勉強できる環境に身を置くことで集中力が高まります。

そもそも、古文はどのような科目で何が求められているでしょうか。私は、「文献学の基礎」を学ぶものだと考えています。与えられた資料を分析・検証し、現代語で再統合して、第三者に説明する。これが古文の勉強です。例えば、品詞分解はまさしく、分析し、検証して理解するために行うものですよね。文献学の基礎でもある古文は「知の総合格闘技」と言えるでしょう。言語学、史学、民俗学、哲学、芸術学等の知識も必要な面白い学問です。知的好奇心を持って古文を楽しく勉強できるといいですね。

10/29(日)には「全国統一高校生テスト」があります。今やっている「古文」と大学側が求める「古文」との違いに気づくためにはいいきっかけです。ぜひ受験しましょう。

<以下Web限定>

私は紙面で、古文は「文献学の基礎」であるとお話をしました。日本では「文献学(Philology)」とは聞きなれない学問かもしれませんが、例えば、イギリスでは文献学を専攻した探偵や刑事が主人公として活躍するドラマ等が人気を博しています。古文とは、すべての学問を総合して学習する、実はすごい科目なのです。そう思うと楽しくなってくるでしょう。

また高1生・高2生は、刺激的な読書体験をして欲しい。少々背伸びしてもいいのです。今回も、おススメの本を2冊ご紹介します。『日本語の謎を解く 最新言語学Q&A』(新潮選書 橋下陽介著)、『日本人の給与明細 古典で読み解く物価事情』(角川ソフィア文庫 山口博著)。高校生のみなさんにも読みやすい内容なので、ぜひ手に取ってみてください。

難しいかもしれませんが、「20年後、どんな大人になっていたいか」を想像してみてください。そして、「そのためには、今どんな力を身につけたらいいのか」と思いを巡らせてみましょう。未来のあなたのために。

公民 執行康弘先生

変化の激しい時代の先を捉え、そのポイントを的確に反映する授業センスは抜群。心地よいテンポの語りと流れるような板書で、重要事項が一目でスッキリと整理される。受験の範囲に留まらず、社会人対象の講座を担当することもあり、教科に対する群を抜く専門性に裏打ちされた授業は必見。自ら努力することをいとわない先生の姿勢は、キミの人生も豊かにするだろう。

高得点の秘訣は「教科書」!

公民のセンター試験対策は、教科書を読み込んで、過去問を解くことが大切です。センター試験は教科書ベースで出題され、教科書の細かいところまで出題されます。特に公民の分野は、教科書を読み込まないと点数を取ることができません。ですが、教科書を完璧にしておけば、満点を取れる教科なので、10月からは点数を取ることを意識して教科書を徹底的に読んでください。

アウトプットするには、センター試験の過去問を解くのが効果的です。過去問は、解きながらリード文を読むとより多くの知識を吸収できます。東進の緑本を合わせて解くと、より一層効果的ですよ。

二次試験対策としてまずは、知識の定着に努めましょう。得た知識を確実に、また自在に引き出すために過去問演習を行ってください。踏ん張り時の今、全精力を集中して、勉強しましょう。とにかく点数にこだわって、がむしゃらにやりきってください!

<以下Web限定>

「参考書での勉強」よりは、教科書一冊を完璧にすることを強くおススメします。センター試験は、教科書と過去問で対策しましょう。特に公民のセンター試験は、教科書をベースにしており、また細かい内容まで出題されます。センター対策として、参考書を使う受験生も多いと思いますが、参考書は、内容をわかりやすくまとめている反面、細かいところを省いてしまっているものもあるので、教科書を中心に勉強しましょう。内容を暗記しているかどうかの確認として、センター試験の過去問を解いてください。東進の緑本も合わせて取り組むと、より一層効果的ですよ。

現代社会は近年、時事問題が多く出題されています。新聞やニュースを見て、時勢を把握することは、教科書の勉強同様に必要です。また、倫理の現代思想の人物が出る傾向があるので、受験科目とは違う公民科目の過去問を解くことも有効です。

社会の「今」を知り「考える力」を養おう

センター試験の問題は、中学公民の内容で解けるものが意外とあります。だから今の時期は、中学校の公民を学びなおすことから始めてみるのも良いですね。中学校の範囲が高校で学ぶ公民教科の基礎でもあります。短時間でいいので、中学校の範囲を復習しておくと、その後の勉強がスムーズにできますよ。

また、新聞やニュースに触れることを心掛けましょう。現代社会では、時事問題が出題されます。教科書の知識と同様に、「現在」を知ることがより一層求められるようになっています。「現在」の問題に対する解決策を吟味することは、「考える力」を伸ばしてくれます。また、社会に関心を持つとともに、自分のやりたいこと、こうなりたいという目標をを持つことが大切です。社会に対する関心を通じて、自分の目標を立て、その理想がかなえられるように自分の可能性を信じて、頑張ってくれればと思います。

<以下Web限定>

公民を勉強するうえで、社会を知ることは、とても大切です。現状を把握してはじめて、どう対処していくか、「考える力」を養っていけるからです。そのため「今」を知ることは、非常に重要です。ですが、社会への関心の基礎には自分への関心が必要です。まずは自己関心を持ち、それを発展させて社会にも興味を広げてみましょう。世の中に関心を持てば、「今見えないもの」が見えてくるはずです。

今の時期に「考える力」を身につけることは、とても大切なことです。憲法が話題になっているから憲法関連の問題が出る、みたいな時事問題も、センター試験では出題されます。それに備えて、先手必勝で憲法について勉強し、考察するのも手ですね。

センター試験には、中学校公民ができれば解ける問題が意外とあります。勉強の取っ掛かりとして、まずは中学校のやり直しから公民の勉強を始めてみましょう。

地学 青木秀紀先生

地球や宇宙のこと、すべて知りたいと思わないかい?大学に入ってから学べばいい?もったいないなあ。数ある教科・科目の中で、最も“up-to-date”な分野が地学。保証するよ。ワクワクしながら探求していくうちに、キミは地学の虜になり、そして合格という大きな通過点に到達するんだ。一緒に頑張ろう!

センターを知りセンターに勝つ!

9月になっても過去問を解いたことがないという高3生、結構いると思います。しかし、敵(志望校)がわかってない状態で戦う(解く)ことはできません。まずは時間制限はなしでもいいので、過去問を解いてほしい。例えばセンター試験の問題は前年と出題分野が重複しないように作成されていますので、本試験を何年分か解けば出題範囲を網羅することができます。苦手なポイントがはっきり把握できたら、教科書を繰り返し読んだり、参考書を読んだりして、理解できていないところを潰していってください。

難関国公立大以外の二次・私大についても、聞かれている根本はセンター試験と同じ。センター試験の過去問を活用してください。ただ、形式やレベルの差は存在するのでそれに慣れる、また傾向を把握するという意味で、自分の志望校レベルの模試も受けましょう。

<以下Web限定>

センター試験数年分の過去問に取り組むと、ひと通りの出題傾向や分野を把握することができます。やっぱりこれが一番効率の良い勉強方法なんです。

一方、各大学の入試問題を見ていると、新課程に移行してから3年が経ち、だいぶ旧課程と問われ方が違ってきました。その単元ごとの扱いに、教科書の昔と今の違いが出てきているんです。旧課程時代の過去問は新課程に移行した現在の入試問題とはかなり違う可能性があるので、数をこなす意味でも、模試を活用することは有効ですね。

苦手得意の判断方法として、本文や選択肢の活用があります。それらを読んで曖昧に感じる箇所は、理解が浅いといえるでしょう。「なんとなく3番だけどなんで3番かは言えません」のような、そんな曖昧さではダメなんですよね。理科という教科には曖昧な部分はありません。そういう所を集中的に勉強して理解を深めてほしいですね。

勉強のカギは誤魔化さない姿勢

高2生・高1生で大切なのは「勉強に対する丁寧な姿勢」です。なぜそうなるのか、時間制限を無視して考える訓練を積み重ねてほしいです。ただし、理科なので覚える知識もいっぱいあります。それは素直に覚える。「難しいがこれは理解すべきだ」と判断したら、逃げずにじっくり向き合う。数週間から数カ月たつと突然わかることがあります。これが、丁寧な勉強であり誤魔化さない姿勢です。これは全教科に通ずること。正しい勉強の仕方を習慣づけるには時間がかかりますが、試行錯誤して、焦らずに身につけてほしいなと思います。

模試は受験前に勉強する人が多いと思いますが、実は終わってから必死に勉強するほうが学力向上につながります。受けると、「ここができていない」と如実に表れるわけです。そして、そこからが勉強の本当のスタートです。解説を読み、誤魔化さずに勉強を進めてください。

<以下Web限定>

模試は、受験一週間前や直前に勉強を始める人も多いと思いますが、出題が全入試範囲であることがほとんどですから、一週間で対策ができるものではありません。終わったら「やったー試験終わったー!」と、開放感に溢れてそこでカラオケに行っちゃったりする。それじゃダメですよ。

模試が終わって、記憶が鮮明なうちに得意と苦手を確認する。そして、また一週間後、数カ月後に復習すると、知識が盤石なものになっていきます。地学においては、模試を活用して得意と苦手を把握して、定期的に復習していくことが効果的ですね。

加えて高2生・高1生に必要なのは、勉強法を勉強することなんですね。例えば自分でルーズリーフにまとめたり単語帳のようにまとめたり、いろいろな手段が今はあるので、自分なりの勉強方法を編み出してください。

最後に、勉強の方法というのは全教科同じです。ですから、全体の科目を見通して勉強の仕方をいろいろ工夫して試行錯誤してほしいですね。

バックナンバー:

絞り込み検索:



バックナンバー



「憧れの職業を追え!」アーカイブ

全国の天気

北海道
宮城
東京
愛知
京都
大阪
福岡
沖縄

お役立ち情報|予備校・大学受験の東進

入試情報を完全網羅!
全185大学の過去問を無料閲覧!
自分に合った志望校を探そう!
28講義を一挙公開!
志望校合格を目指す生徒と
そのご父母のための大学進学情報
進路指導にご活用ください。
模試のお問い合わせも可能です。
全国の小学校から大学までの
ピンポイント天気をチェック!
国公立・私大の文理系統別難易度を一発表示
ご父母のための教育情報サイト
「何を究めるか」から始まる本当の志望校選択
東進から新アプリ!「英単基本例文300」
若手研究家に贈られる永瀬賞受賞記念
フロンティア精神に溢れた世界に誇れる日本を創ろう。
教育改革の実現に向けて、全国の先生方と共に学びませんか?
世界で活躍するリーダーを目指す東進生諸君へ。ただいま留学日誌更新中!!
世界は、結構カンタンに近くなる。!!