TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

3月の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

英語 大岩秀樹先生

先生の情熱あふれる授業は、英語アレルギーの生徒でさえ英語好きに変え、英語を得意科目にしてくれる。また、『英文をカタマリで読み解く』『本物の基礎力にこだわった明るく楽しい』授業は、幅広いレベルの受験生から大好評!「知らず知らずのうちにどんな問題にも通用する本物の力が身につく!」と評判の気鋭の講師。

3月31日までに基礎固め 語彙力を鍛えよう

この時期に特に意識してほしいのは、「語彙力の増強」です。今年のセンター試験では、本文を別な表現で言い換えた選択肢に苦しむ受験生が少なからず見受けられました。英語の試験では、単語のパラフレーズ(言い換え)現象がよく見られますので、もう一度単語を復習しましょう。東進生は「高速基礎マスター講座」を用いて語彙を増やしながら、「あの単語と意味が似ている!」とひらめく感覚を養いましょう。

また、文法では苦手分野の克服を行いましょう。センター試験においても、英文法の知識を要する出題は増えています。とはいっても、教科書の太字で示されているレベルのものがほとんど。このような「基礎中の基礎」は、3月31日までに身につけておくこと。東進の「高速学習」や「高速基礎マスター講座」を活用すれば、文法は短期間で修了することが可能です。10日間くらいを目安にして春休みに一気に学習を進めましょう。

<以下web限定>

英語に苦手意識があると、これから他教科の勉強も進めていくうえで非常に不利になるため、今のうちに克服しておきましょう。英語は、「きちんとしたやり方で学習すれば必ずできるようになる」という感覚をつかむことが重要です。時間を確保できる今がチャンス。「高速基礎マスター講座」や(東進の英語)講座を活用して、英語の勉強に時間を費やしましょう。

また、東進模試は必ず受験しましょう。自分が「どのような問題で間違えてしまうのか」を把握することが大切です。「どのような問題が」、「なぜ」できないかを自分で知ることが、苦手克服の第一歩につながります。

模試の受験後は、解説授業を活用しましょう。3年生になると、今よりも時間に余裕がなくなってきます。4月になったら全国の受験生が勉強を始めるのは当たり前。その前に、1教科1科目でも早く始めることで、全国のライバルと差をつけて受験を有利に進めていきましょう。

ネイティブの音声で 音を使った学習を

まずは、ひと通り単語を覚えることから始めましょう。「高速基礎マスター講座」で完全修得できれば、その先にやるべきことが見えてきます。

今年のセンター試験のリスニング問題では、「英文を聴き取れる」だけでは解けない問題が多く出題されました。「聴き取れる」のは当たり前。その先の思考力を問うものが増えたのです。「英語を聴き取り、英語で考える」訓練が必要です。

よって、今のうちから「音を使った学習」を習慣化しましょう。間違った発音が身についてしまわないよう、ネイティブの音声を聴きながら正しい音読を心掛けましょう。東進生は、講座についている音声を必ずダウンロードしてください。

講座の確認テストでSS判定が取れても、受験のための知識が完成したとは言い切れません。東進模試も大いに活用し、「どこがわかっていないのか」を明確にして、効率的な学習に活かしましょう。

<以下web限定>

志望校合格から逆算して正しく行動することが、受験対策として必須です。新高2生、新高1生の今、自分がすべきことは何かを考えましょう。

目標を立てたら、今すぐ始めましょう。志望校が決まっている人は、今年の過去問を解いてみましょう。いつも見ている英文とは単語の質も文章の抽象度も違い、驚いてしまうかもしれませんが、早くゴールを見ておくことは大事です。一文だけでもいいので、じっくりと読んでみてください。

部活を頑張っている高校生も多いと思いますが、そういう人こそ東進を活用し、1講座でも2講座でも、無理なく受講して部活と両立していきましょう。

仕事と仕事の合間の「スキマ時間」は、大人にとっても貴重ですが、高校生にとっても大事な時間だと思います。休憩時間に友達といるときはお喋りをして気分転換をする、一人で勉強するときは一気に集中する。そのメリハリをつけていきましょう。

数学 松田聡平先生

堅苦しい数学とは一線を画すその授業は、幅広い学年の上位生から強い支持を受ける。徹底的に本質を追求した明快なアプローチは、いとも簡単に東大をはじめとした最難関大レベルの壁を打ち崩す。『松田の数学Ⅰ・A/Ⅱ・B典型問題Type100』(東進ブックス)は入試数学の“コア”をまとめた必携の書。「ワカル」を「デキル」に変える新しい数学は、君の思考力を刺激し、数学のイメージを覆す!

これは、かつて実際に東京大学で出題された入試問題です。一度解いてみてください。実は小学生でも解ける問題なんですが、「数学が得意だ」と思っている高校生の中にも、解けない人がけっこういるんです。

「基礎は大事だ」、「基礎固めをしよう」などとよく言われますが、数学における「基礎」って一体何でしょうか。この問題を解くことが、そのことを考える一つのきっかけになればと思います。

例えば3分で解けるような問題をただがむしゃらに解いていく、というのは基礎固めではありません。「基礎」の概念って、本当に難しいんです。

では、基礎とは何か。

数学Ⅰ・A /Ⅱ・B においては、典型問題の解法の理解が第一です。受験数学レベルの問題を解くなかで、典型的な解法が身についているか、抜けや漏れがないかをチェックしましょう。それでも充分な効果を得られない人は、典型解法以前の「ものの見方」に問題があるかもしれません。それは、中学レベルの式や数字、図形の捉え方と言ってもよいでしょう。左記の問題は、実はこの中学レベル、小学生レベルの考え方が有効です。 ①、②、③のような発想ですね。東大の入試問題と考えると、ちょっと意外ではないですか?

数学Ⅲにおいても、基本は同じなのですが、微積分や極限などの定義、基本的な問題をどう解くか、典型解法までには至らない基本解法も重要です。しっかりした知識体系をもとに問題を解けることこそが、基礎であると言えます。

東進の講座で言えば、数学I・A /II・B の「基礎」は『受験数学I・A /II・B』まで受講すると意識できるでしょう。また、数学IIIの「基礎」の獲得には『高等学校対応数学III』をしっかり学習することで対応できます。

新高3生の皆さんは、普段の問題演習のなかで中学数学的な考え方の抜けがあれば、それを補っていきましょう。

新高2・新高1生の皆さんは、まだそれほど学力向上の即効性を迫られない時期にいるでしょう。この時期にこそ、あらゆる問題を解法の本質を考えながら解いていくことが重要です。そうすることで、より射程の長い、将来いろんなものを積み上げることのできる、しっかりとした数学の土台を作り上げていくことができます。

3月というこの大事な時期に、何よりも「基礎」に重きをおいた学習をすることで、あらためて数学と向き合ってみてください。

(左の問題にはいろいろな別解があります。ぜひ考えてみてください。)

古文 栗原隆先生

20年を超える指導経験から、東大・難関大志望者に絶大な信頼を得る真の実力講師。「構造分析による本文解釈」と「出題者の心理・行動分析による設問解法」を軸に、独自の図表や心和ませる古典エピソードを交え展開される講義は必聴。あらゆる入試問題にも素早く、確実に正解へ導く本質の指導を追究する。

必要なのは「解釈する力」

古文は「単語を暗記して、文法さえやればOK」と誤解している人がいますが、出題者が求めているのは「解釈する力」です。つまり、文章を「分析」し、部分ごとに精密な「検証」を行い、それを全体の内容として「再統合」し、得た理解を第三者に「説明」する力が要求されているのです。

正しい解釈の前提となる「古文の統語構造(いわゆる古典文法)」とは、「日本語がどんな構造を持っているか」を学ぶことです。英語やドイツ語が「主語中心構造」なのに対し、日本語は「述語中心構造」を持っています。述語を見て主語がわかる場合は、主語を省略するのです。このため、古文も述語に注目します。述語は、受身や存続、敬意など、文法的意味を表す複数の助動詞が、用言や体言の下に活用形で接続してできています。つまり、文法で必要なのは「活用」「接続」「文法的意味」の3つなのです。まずはこうしたシステム構造を理解することに努めましょう。

<以下web限定>

もうひとつ、正しい古文解釈に必要なのが、「重要な語彙の知識(いわゆる古文単語)」です。古文単語は、ただ暗記するのではなく、「この単語はどんな歴史や概念を持っているのか」という考え方を使うと、日本人の精神史を考察できて面白いですよ。また、その語の「典型的な意味」をまず想定し、そこから他の意味がどのように派生するかをチャート図にすると、単語のもつ意味の範疇が一目でわかります(プロトタイプ理論)。私の著書は、このような考え方を使って書いてありますので、参考にしてみてください。

 理系の生徒も、古文は大学入試で終わりと考えず、「古文は解釈学」であることを忘れないでくださいね。「分析」「検証」「再統合」そして「説明」といったプロセスは、人文科学や社会科学、自然科学の学習・研究であっても全く同じです。ですから、古文の学習というのは理系の生徒にとっても非常に価値のあることですよ。

正しい学習方法を 身につけよう

「古文」とは、日本語を通時的に学習する科目です。時代によって日本語は変化していきますが、「書き言葉」としての古文は、実は「話し言葉」と比べるとそれほど変化していません。例えば、センター試験の近世の文章のほとんどは、「擬古文体」という平安時代の文法体系を使って書かれたものです。古文で学ぶ文法は「平安時代を中心とする文法」体系なのです。

新高2生、新高1生は、教科書などを用いて、徹底的に「古文の構造」にこだわり、単語一つひとつの「かたち」と「はたらき」の意味を考えてみてください。学習に必要なのは「暗記」ではなく、まずは「分析」です。分析の方法については、自分で一から考えようとすると時間がかかってしまうので、入門講座である『ベーシック古文』を受講するなど、まず「習う」といいと思います。正しい学習方法をとれば、楽しく学習することができますよ。

<以下web限定>

また、受験に必要な重要単語とは、辞書の赤字部分や教科書の注釈、巻末にまとめられているような単語です。数は250~300とそれほど多くありませんから、典型的な意味をまず覚えたら、そこから他の意味がどのように派生するかをチャート図にしてみると楽しいですよ。

さらに古文を楽しむのにおススメなのが、『ビギナーズ・クラシックス日本の古典シリーズ』(角川ソフィア文庫)です。古事記から南総里見八犬伝まで、訳つきで様々な作品が取り上げられています。興味があるものを読んでみましょう。『言語学の教室』(中公新書 西村義樹・野矢茂樹著)も対話形式になっていて読みやすく、古文だけでなく英語や他の言語を勉強したい人にもおススメです。

化学 大西哲男先生

化学のさまざまな現象に関して「何故そうなるのか」ということが理解でき、正確な知識とそれを説明する思考力が身につく講義。「理解すべきこと」と「覚えるべきこと」を明確にし、複雑に見えるあらゆる問題もシンプルかつ普遍的な解法でわかりやすく丁寧に解説する。自ら考える力が身につき、化学のおもしろさが体感できる!

理論化学を 完成させよう

新高3生は、まず理論化学の理解を深めておくこと。理論化学とは「化学基礎」と「化学」の前半部分を指します。理論化学が完成していれば、この先の無機化学や有機化学の学習の際にただの暗記ではなくきちんと理解することができます。目的意識を持ちながら進めることを忘れずに。学校や東進で化学の授業を受けたら、その都度授業で扱った問題をもう一度解いてみましょう。問題を解きながら教科書に立ち返り、「その単元で理解すべきこと」を整理していくと良いですね。さらに、先生の解説を再現できるようにすること。この積み重ねが、将来大きなものになりますよ。

学習順序は基本的に教科書通りが望ましいですが、「原子の構造」や「化学結合」、「結晶」等は、化学基礎と化学の両方で触れられていますから、ここはワンセットで取り組みましょう。その後、「酸・塩基」、「酸化還元」の分野へと進めていきましょう。

<以下web限定>

理論化学が完成しないまま過去問演習に進むと、学習効果が低くなってしまいます。「答えを見て終わり」ではもったいないですからね。理論化学をひと通り終わらせて問題集を再度解き直し、そろそろ合格に近づいたと感じたら、過去問演習を進めるのが理想的。遅くとも夏までには理論化学を完成させて、秋以降、本格的に過去問演習に取り組んでいくこと。

 時間はあっという間に過ぎてしまいます。「この時期までに○○をする」といった大まかな設計図を作り、1つ1つ課題をクリアしていくことが大切です。

教科書を100%に

「モル計算」が苦手な新高2生は、3月に克服してしまいましょう。この先の学習に大きく関わる単元です。中高一貫校など、新高1生でモルを既に学習している生徒は、「化学反応における変化量計算」や「溶液の濃度」などの計算演習を積んでおくと良いですね。

化学をこれから学習する生徒は、教科書とそれに付随する問題集にしっかり取り組みましょう。いろんな問題集に手を出す必要はありません。持っている1冊を発展問題まで100%仕上げれば、十分な土台を築くことができます。

これから学習をしていくなかで、見聞きしたことのない物質がたくさん出てきます。その物質に対して、何かしらイメージが湧く生徒とそうでない生徒とでは、理解度がまるで違ってきます。新高2生、新高1生は時間的余裕があるので、疑問に思ったことは徹底的に調べてみてください。日常の中の物質に対して興味を持つことで、知識量が自然と蓄積されていきますよ。

<以下web限定>

未習の範囲に関しては、得点しようとして独力で早く学んでいこうとすると、逆に時間がかかってしまい効率が悪いです。まずは学校の授業できちんと習う、あるいは東進の受講を活用するなどして理解を深めてから演習をし、模試で定着度をチェックする、というサイクルをつくると良いですね。

日本史 井之上勇先生

語りかける口調はとても穏やかだが、緊張感のある厳しい指導で定評がある。しかし、その厳しさは生徒の成長を思ってこそであり、講義は人気を博している。つねに生徒と同じ目線に立ち、入試問題に対する的確な思考法を教えてくれる。気がついたときには、ダイナミックな歴史の流れが一本の糸につむがれ、連綿と輝いているはずである。

ペンキ塗りのイメージで

まずは夏までに、習熟度にこだわらず「原始から現代まで通史を終える」計画を立てましょう。一度薄くペンキを塗るイメージです。通史を一周終えれば、演習に取りかかることができます。演習をすると、自分の得手不得手が見えてきますから、習熟度が低い時代・分野を学習し直しましょう。これが2度目、3度目のペンキ塗りです。何度も学習し直すことを前提に進めていきましょう。

優先すべき分野は政治史・外交史です。時代区分を意識しつつ教科書を通読してみましょう。ただ漫然と目を通すのではなく、読んで理解した内容を箇条書きにするなどして、「読んだ証(あかし)」を残しておきましょう。例えば鎌倉時代を読んだのなら、「頼朝の政治」「執権政治」などで良いので、メモをしておく。そうすることで、モチベーションを維持する効果も発揮しますし、論述対策にもつながります。

<以下web限定>

「第1回 2月 センター試験本番レベル模試」(2/19)を受けた生徒は、最初の模試になりますので、極端に落ち込んだり、過信しすぎたりすることも禁物です。現状を認識しましょう。センター試験日本史Bの問題は、中学社会の知識で対応できる問題が少なくありません。「近現代は未習だから」などと考えないようにしましょう。中学社会の「歴史」の教科書では、かなり細かく近現代を扱っています。実は「どこかで聞いたことがある」という情報が多いはずなのです。また、模試解説は「○○なので誤り」などといった情報だけでなく、【参考】【整理】などのスペースを割いて、取り上げた問題の全体像が理解できるように工夫しています。模試は「やりっぱなし」では効果が半減します。受験結果を分析する習慣をつけましょう。

 東進模試は、センター試験レベルだと年6回実施されています。未習の部分も多いと思いますが、「受験する」という決断をしてください。得点率は高くないかもしれませんが、現実から逃げてばかりいては先に進めません。模試で出題された単元を中心に学習を進めていくという学習法もありえます。まずは受験する姿勢を持つようにしましょう。

「アメリカ大統領の交替」「天皇のご退位による「平成」の終焉」など、昨今は歴史的なニュースが次々に飛び込んできます。少子高齢化などかつて人類が経験したことのない問題に、今日の日本は直面しています。「今」を考えるための不可欠な情報は「過去」です。日本史の学習は「大学入試を突破するためだけのもの」ではありません。過去を学び、今を考察することは、きっとみなさんの未来を豊かなものにします。継続して学習する習慣をつけましょう。

日本史に興味を持つ きっかけを探そう

日本史に苦手意識を持っている人は、最初から学習を敬遠して「得点が低い→嫌いになる→学習しない→得点が低い」の悪循環に陥ることが多いようです。まずは日本史学習にのめり込むためのきっかけを作るよう意識しましょう。旅行先の土地の由来を調べてみるのも良いですし、映画やドラマも含め、日本史の教材は充実しています。マンガも一線級の研究者が監修にあたっているものが多く、おススメです。

日本史Bの教科書がまだ手元にない人におススメなのが、中学の教科書です。高校の教科書に比べて字も大きく、難しい歴史用語や表現を避けているため読みやすいはず。中学社会では世界史の分野も多く含みますが、近年では世界史受験でも日本史の分野が多く出題され、日本史においても「世界の中の日本」といった観点からの出題が目立ちます。中学社会の教科書を精読することは、日本史Bの学習を円滑にするために有効な手段です。

<以下web限定>

模試受験と通史の学習は車の両輪です。ただ受験するだけではダメで、教科書などを利用した通史の学習が必要です。一方で通史の学習だけでも、どんな問題が出題されるのかを認識しないまま進めると、得点は上昇しません。最も理想的な姿勢は、模試を定期的に受験すると決めて、模試をペースメーカーとして利用し、「次回の受験までには○○時代まで学習を進めよう」といった目標を立てることです。東進模試はぜひ活用してください。

 私は皆さんに、「学ぶことの楽しさ、情報・知識が増えていくことの充実感」を感じてもらえたらなあといつも思っています。学ぶことの充実感は、誰かに強制されて学んで得られるものではありません。みなさん自身が自発的に動くことによって得られるものです。東進ハイスクールには優秀な講師や担任の先生が集結していますから、思う存分活用して、自らを高めていってくださいね。

バックナンバー:

絞り込み検索:



バックナンバー



「憧れの職業を追え!」アーカイブ

全国の天気

北海道
宮城
東京
愛知
京都
大阪
福岡
沖縄

お役立ち情報|予備校・大学受験の東進

入試情報を完全網羅!
全185大学の過去問を無料閲覧!
自分に合った志望校を探そう!
28講義を一挙公開!
志望校合格を目指す生徒と
そのご父母のための大学進学情報
進路指導にご活用ください。
模試のお問い合わせも可能です。
全国の小学校から大学までの
ピンポイント天気をチェック!
国公立・私大の文理系統別難易度を一発表示
ご父母のための教育情報サイト
ぴったりの講座が見つかる!!
東進から新アプリ!「英単基本例文300」
若手研究家に贈られる永瀬賞受賞記念
フロンティア精神に溢れた世界に誇れる日本を創ろう。
教育改革の実現に向けて、全国の先生方と共に学びませんか?