TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

物理 三宅唯先生の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

物理 三宅唯先生

「理論は知っているだけではだめ、それを行使できるかが重要」であるとし、原理・定義・法則の定性的把握と定量的行使を軸に、自然現象をグラフィカルに解析。それは公式を振り回すだけの物理を超え、因果関係を的確に捉える直感を君に与えてくれるだろう。公式の運用のみならず、それ自身の導出と解釈に重点を置いた講義で、森羅万象の謎を華麗に紐解いていく。

力学を深く理解しよう

「力学」分野をきちんと固め、物理の考え方を養いましょう。高3生になると「早く先に進めなきゃ」という意識が強くなり、電磁気学などその先の分野に目移りしがちです。ですが力学の理解が甘いと、その他の分野の修得に必要以上の時間をかけてしまいます。あまり先に進めようと焦らずに、着実にできるようになることを意識しましょう。

また、「授業はわかったけど点が取れない」という状況に陥る受験生をよく見かけます。授業がわかることと、自分で解けることは違います。ざっくり授業を受けてしまうと、わかったようでわからないまま終わり、得点につながりません。東進生であれば、基本的に授業は何度も見返すことを前提に学習を進めましょう。そして、受講した範囲の問題を自分の手を動かして解き、今習ったことについて確実に解答を作れるかどうかということを確認する。ここまでをセットで行う習慣をつけましょう。

<以下web限定>

学習においては、単元ごとに理解しきって次に進むようにしましょう。例えば模試において5大問あったときに、全大問で少しずつ得点を取るのと、大問1つだけ完答して得点を取るのとでは、同じ点数でも質が大きく違います。各大問のはじめの問題は公式をあてはめるだけの問題が多く、それだけが解けても物理を理解できているとは言えないからです。大問1つを完答できるということは、物理の基本的な考え方が定着したということ。物理の根本的な考え方はどの分野でも同じなので、1つを完答できればその後の学習速度は向上します。「学習した範囲は完答できるようにする」という意識をもってじっくり取り組めば、期待を裏切らない成果が必ずや得られることでしょう。

物理学習のための 土台を作る

高2生、高1生は、数学を優先して学習しましょう。物理は、数学的素養が固まっている生徒とそうでない生徒とで習熟スピードに大きく差が出る科目です。特に三角比、三角関数、ベクトル、微分積分などを先に仕上げておくと、スムーズに物理のスタートを切ることができます。

 物理で大切なものは「概念」「法則」「理論」です。これをないがしろにして物理はありません。教科書はそうした大切なことが簡潔にまとまっている分、言い変え表現や具体例などの説明が少ないので、難しいと感じるかもしれません。その場合、参考書の説明でイメージを膨らませ、シンプルな問題を集めた問題集を解く、といった学習をおススメします。まずは問題を解き、法則の使い方を頭に入れる場合も、後から「その法則の意味はいったい何だろうか」という概念、「なぜその法則を使ったのだろうか」という理論の理解を深めていくようにしましょう。

<以下web限定>

東進はホームページ上でセンター試験の解答・解説を掲載しています。高3生はもちろん、高1生・高2生も入試問題の解答・解説をぜひ読んでみてください。通常は受験した生徒が解答確認のために読むことが多いと思いますが、今後受験をする皆さんへ向けて、「どういう勉強の仕方をしたらいいか」という指針が明記してあります。学習の計画を立てるときや勉強の方法を考えるときに大いに活用できると思います。

バックナンバー:

絞り込み検索:



バックナンバー



「憧れの職業を追え!」アーカイブ

全国の天気

北海道
宮城
東京
愛知
京都
大阪
福岡
沖縄

お役立ち情報|予備校・大学受験の東進

入試情報を完全網羅!
全185大学の過去問を無料閲覧!
自分に合った志望校を探そう!
28講義を一挙公開!
志望校合格を目指す生徒と
そのご父母のための大学進学情報
進路指導にご活用ください。
模試のお問い合わせも可能です。
全国の小学校から大学までの
ピンポイント天気をチェック!
国公立・私大の文理系統別難易度を一発表示
ご父母のための教育情報サイト
「何を究めるか」から始まる本当の志望校選択
東進から新アプリ!「英単基本例文300」
若手研究家に贈られる永瀬賞受賞記念
フロンティア精神に溢れた世界に誇れる日本を創ろう。
教育改革の実現に向けて、全国の先生方と共に学びませんか?