トップページ













2010年1月15日号
エイブラハム・リンカーン米大統領のスピーチ
『ゲティスバーグ演説』November 19 1863

Fourscore and seven years ago our fathers brought forth on this continent a new nation, conceived in liberty and dedicated to the proposition that all men are created equal.

Now we are engaged in a great civil war, testing whether that nation or any nation so conceived and so dedicated can long endure. We are met on a great battlefield of that war. We have come to dedicate a portion of that field as a final resting place for those who here gave their lives that this nation might live. It is altogether fitting and proper that we should do this.

But, in a larger sense, we cannot dedicate, we cannot consecrate, we cannot hallow this ground. The brave men, living and dead who struggled here have consecrated it far above our poor power to add or detract. The world will little note nor long remember what we say here, but it can never forget what they did here. It is for us the living rather to be dedicated here to the unfinished work which they who fought here have thus far so nobly advanced. It is rather for us to be here dedicated to the great task remaining before us that from these honored dead we take increased devotion to that cause for which they gave the last full measure of devotion ? that we here highly resolve that these dead shall not have died in vain ? that this nation under God shall have a new birth of freedom and that government of the people, by the people, for the people shall not perish from the earth.

words

fourscore :【形】80の
fathers :【名】祖先の複数形
brought forth :bring forth(【動】生む)の過去形
continent :【名】大陸
conceived :conceive(【動】心に描く、思いつく)の
過去分詞形
dedicated :dedicate(【動】捧げる)の過去分詞形
proposition :【名】命題、提案
engaged :engage(【動】従事する、携わる)の
過去分詞形
civil :【形】国内の、市民の
endure :【動】持続する、耐え忍ぶ
battlefield :【名】戦場
portion :【名】一部分
resting place :【名】休息所
altogether :【副】まったく
fitting :【形】適切な
proper :【形】ふさわしい
in a larger sense より広い意味では
consecrate :【動】清める
hallow :【動】神聖化する
brave :【形】勇敢な
struggled struggle(【動】奮闘する)の
過去形
detract :【動】減じる
note :【動】注意する、気づく、書き留める
unfinished :【形】未完の
thus :【副】このように、従って
nobly :【副】気高く、立派に、貴族として
advanced :advance(【動】前進する)の過去分詞形
honored :【形】名誉ある
devotion :【名】献身
cause :【名】理由、主張
measure :【名】限界
resolve :【動】決意する
in vain :無駄に
perish :滅びる

リンカーン、何をした人?

エイブラハム・リンカーン(Abraham Lincoln)
1809年2月12日アメリカのケンタッキー州(Kentucky)に生まれる。貧困な家庭に生まれたリンカーンは正規の教育を受ける機会はなかったが、独学で知識を磨き弁護士となる。1834年イリノイ州(Illinois)の下院議員に初当選し、有能な弁護士として活躍する傍ら、政界に進出。奴隷制度に反対していたリンカーンが1860年に初の共和党所属大統領になると、南部諸州が反発して次々と連邦を離脱し、これが南北戦争のきっかけとなる。リンカーンは「奴隷解放の父」と呼ばれるも、1865年4月15日暗殺によりこの世を去った。

演説が行われた歴史的な経緯

当時のアメリカは工業中心の北部に対し、農業中心の南部では働き手として黒人奴隷が多く使われており、奴隷たちの労働の過酷さに対する抵抗や抗議の動きが各地で発生していた。奴隷制度に反対していたリンカーンが大統領に選出されると、アメリカ合衆国から脱退した南部奴隷州の7つの州が「アメリカ連合国」を結成。就任後の1861年4月に連合国軍が合衆国軍の要塞を攻撃し、4年間に渡る南北戦争が始まった。

リンカーンが激戦地であったペンシルベニア州(Pennsylvania)ゲティスバーグ(Gettysburg)でこの演説を行った時点では南北戦争はまだ継続中であり、連合国軍司令官のリー将軍が降伏して終戦を迎えたのは約1年半後のことだった。大統領2期目に就任していたリンカーンは、リー将軍の降伏から6日後、暗殺者の凶弾に倒れた。

歴史に残る名言

government of the people, by the people, for the people
(人民の人民による人民のための政治)

この言葉が歴史に残る名言となった理由の一つとして、「people」という表現を使っ
たためという解釈がある。それまでのアメリカの政治家たちは、「people」ではなく
「citizen」を多用していた。「citizen」は合衆国の国民を想起させるが、連合国の国
民に対しては疎外感を与える表現である。リンカーンは「people」を使うことで、南北
アメリカの分裂を阻止しようとしたと考えられている。