>
>
2014年02月01日号 1面
  • 東進タイムズ 2014年02月01日号 1面

入試本番までの伸びは、早期の基礎力修得で決まる!

受験シーズン真っ只中。受験生は、今まで培ってきたすべての力を出し切る時が来た。そして新高3生にとっては、いよいよ受験生としての一年が始まった。今号では、そんな新高3生のためにあらためて「基礎力」の大切さや、基礎力の差がその後に及ぼす影響を具体的なデータによって明らかにする。

高2の2月今は見えない基礎力の差

資料1は、高2の2月時点の「センター試験本番レベル模試」における英語の得点がほぼ同じだった生徒を基礎力による3つのグループに分け、彼らのセンター試験本番の得点を比較したものだ。ここでいう基礎力とは、「センター試験本番レベル模試」の基礎問題の得点を指す。第1問のアクセントや、第2問の文法などが代表例。これによると、基礎力が50%未満のグループは本番で147.2点、50%以上70%未満のグループは152.2点、70%以上のグループは163.1点を得点し、50%未満のグループと70%以上のグループでは15.9点も差が開いている。この結果から、高2の2月時点の得点はほぼ同じでも、基礎力の差が、センター試験本番の得点に大きく影響することがわかった。

資料1

基礎力があるほど本番で差がつく!

次の資料2では「基礎力」をさらに英語の単語・熟語・文法という具体的な項目の修得状況別で比較してみた。

資料2

すると、単語・熟語・文法すべて○だったグループ(4)と、単語・熟語・文法すべて×だったグループ(1)では、19.3点も差が開いてしまっていた。

"基礎=簡単=入試に出ない"と思い込み、基礎に時間をかけずに応用問題の演習を優先してしまう受験生も少なくない。しかし、認識を改める必要がある。基礎力とは、各教科を理解するために欠かせない知識であり、その本質を正しく理解し応用力を身につけるための力である。そのため、資料1と2のグラフからわかるように、基礎=土台がしっかりしているほど、その後の学習が確実に身につくようになる。

新高3生は、遅くともこの3月末までには万全な基礎固めをしておきたい。

まずは、現時点で自分の基礎力がどれくらいなのかを確認するために、今月23日(日)に実施される「第1回2月センター試験本番レベル模試」をぜひ受験してみよう。結果が返却されたら、総合得点だけではなく、基礎問題がどのくらいできているかに着目して、今後の学習計画を立ててほしい。 

【データについて】
[資料1]
(1)2012年「第1回2月センター試験本番レベル模試」受験者(受験当時高2生に限定)かつ、英語の受験者において平均点±5点以内の生徒を対象とした。
(2)基礎力をみるために、「センター試験本番レベル模試」の問題の中から基礎力を重視する問題を抜粋し、その得点を調べた。
[資料2]
(1)東進の「高速基礎マスター講座」の「英単語センター1500」(現在は「英単語センター1800」)「英熟語センター750」「英文法750」それぞれについて、高2の3月までに完全修得した場合を○、完全修得しなかった場合を×とした。

最新ニュース

東京大学は、国による大学入試英語成績提供システムの導入見送りを踏まえ、令和3年度一般入試における出願要件に関するこれまでの予告について、次のように変更する。英語力を証明するための、①民間の英語試験の成績、②高等学校等の証明書、③理由書のいずれかの書類を出願用件として提出することは求めない。またこれに伴い、「英語力に関する証明書」「理由書」の様式案についても使用しないこととなった。東京大学 令和3年度一般入試における出願要件に関する変更に関する詳細は、ウェブページから。〔2019/11/29 東進タイムズ〕
  • 2019/11/29

東京大学 令和3年度一般入試における出願要件に関する変更を発表

東京大学は、国による大学入試英語成績提供システムの導入見送りを踏まえ、令和3年度一般入試における出願要件に関するこれまでの予告について、次のように変更する。英語力を証明するための、①民間の英語試験の成績、②高等学校等の証… →もっと読む

  • 2019/11/29

国立大学協会 2020年度入試における英語民間試験への対応について掲載

11月1日(金)に文部科学省が発表した「大学入試英語成績提供システム」導入見送りを受けて、各国立大学は英語民間試験の活用の有無等について一斉に発表した。国立大学協会では、各国立大学の該当するリンクをまとめてウェブページに掲載している… →もっと読む

  • 2019/11/18

文部科学省 大学入試英語成績提供システム運営大綱の廃止について通知

文部科学省は11月15日(金)、「大学入試英語成績提供システム」導入見送りにともなって、「令和3年度大学入学者選抜に係る大学入試英語成績提供システム運営大綱」の廃止を発表した。ただし、各大学がシステムを介さず英語の資格・検定試験を入試… →もっと読む

  • 2019/11/15

大学入試センター 令和3年度大学入学共通テストの英語の出題方法等について公表

大学入試センターでは、大学入試英語成績提供システムの導入延期に伴う令和3年度の大学入学共通テストの英語の出題方法等について、ウェブページに掲載した。それによると、発音、アクセント、語句整序等を単独で問う問題を出題しないことや、リー… →もっと読む