>
>
2014年05月01日号 1面
  • 東進タイムズ 2014年05月01日号 1面

難関大現役合格者、学校以外での勉強時間平均6時間3分!!

受験勉強を進める皆さんにとって、「どのくらい勉強すれば合格できるのか」は気になることだろう。

学力の向上、および合格するか否かは学習の「質×量」で決まる。これは間違いなくすべての受験生にとって等しくいえることであろう。
ここでは、前号でも紹介した「合格発表会場アンケート」から、合格者と不合格者の学習量を分析した結果を紹介する。

難関大受験者高3時学習時間の差はわずか

さっそくだが資料1を見てほしい。難関大(欄外参照)に現役合格した受験生の、高3時の学習時間(学校の授業を除く)は、1日あたり平均6時間3分という結果が出た。「学校の授業以外にそんなに勉強しているの?」と驚く人もいるかもしれない。しかし、土日・祝日を含めれば平均でこのくらいの学習時間は十分確保できる。


資料1

一方、不合格者の平均は5時間55分。合格者との差は1日たったの8分。これは、高3になれば誰もが真剣に受験勉強をするので、学習時間に差がつきにくかったと考えられる。ちなみに、難関大現役合格者のうち部活生は79.3%を占め、平均学習時間は5時間45分であった。このことから、部活生は限られた時間を工夫して学習にあてていたと考えることができる。

志望校合格の目安は早期スタートと高校3年間の学習の質と量

次に、資料2を見てほしい。これは、難関大現役合格者と不合格者の高校3年間の総学習時間を比較したグラフである。


資料2

双方を比較すると、現役合格者のほうが不合格者よりも高1時は15時間、高2時は46時間、高3時は45時間多く、高校3年間トータルで106時間の差であった。しかし、合格者も不合格者も、学校以外で4000時間前後の学習時間を確保しており、学習の総量はほとんど変わらないとも言える。難関大を受験生する生徒は、もはや学習の量を十分に確保することは当たり前で、いかに質の高い学習を行ったかが、合否を分ける最大のポイントになったのだろうと推測できる。例えば、高1の早い段階から、基礎学力の土台づくりを始めていれば、その後の学習が無理なく効率よく積み上がっていく。そして、高3の夏までに入試全範囲を修了させ、その後は徹底的な志望校対策の時間とする。このような順番をたどり、質の高い学習をした生徒とそうでない生徒では、同じ1時間の学習でも格段に成果が変わってくる。

いずれにしても難関大を目指すなら、早期スタートと、高校3年間のトータルの学習時間を確保することは必須条件である。高2生・高1生は早めのスタートを、そして今まで思うように学習時間を確保できなかった高3生は、高2・高1時の分まで挽回すべく、今号の記事を参考にして、しっかりと質の高い勉強を始めてほしい。

このアンケートについて

<調査方法>
各大学の合格発表会場、インターネット上で実施。また、東大など、掲示板による合格発表を行わない大学については合格発表直後に個別にアンケートを実施。
<調査大学および分類方法>
[難関大学]
(1)国立大学:東京大学、京都大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、大阪大学、九州大学、東京医科歯科大学、東京工業大学、一橋大学、東京外国語大学 
(2)私立大学:早稲田大学、慶應義塾大学
[分類方法] (1)サンプル数723件 有効回答数691件 
(2)数字はすべて、無回答を除く100%表示とした。

最新ニュース

  • 2019/11/18

文部科学省 大学入試英語成績提供システム運営大綱の廃止について通知

文部科学省は11月15日(金)、「大学入試英語成績提供システム」導入見送りにともなって、「令和3年度大学入学者選抜に係る大学入試英語成績提供システム運営大綱」の廃止を発表した。ただし、各大学がシステムを介さず英語の資格・検定試験を入試… →もっと読む

  • 2019/11/15

大学入試センター 令和3年度大学入学共通テストの英語の出題方法等について公表

大学入試センターでは、大学入試英語成績提供システムの導入延期に伴う令和3年度の大学入学共通テストの英語の出題方法等について、ウェブページに掲載した。それによると、発音、アクセント、語句整序等を単独で問う問題を出題しないことや、リー… →もっと読む

東京大学は、令和2年度の推薦入試出願状況をウェブページに発表した。募集人員100名程度のところ173名が出願した(11月6日時点の受取通数)。第1次選考結果は、12月2日(月)にウェブページに掲載される。12月14日(土)・15日(日)には面接が実施され、令和2年1月18日(土)・19日(日)のセンター試験を経て、2月12日(水)に最終合格者が発表される。出願状況       学部・学科    募集人員    出願者数(受取通数)        法学部    10人程度    14     経済学部    10人程度    6      文学部    10人程度    11       教育学部    5人程度    15       教養学部    5人程度    19        工学部    30人程度    51       理学部    10人程度    37       農学部    10人程度    11       薬学部    5人程度    4       医学部医学科    3人程度    4       医学部健康総合学科    2人程度    1       計    100人程度    173  東京大学 令和2年度東京大学推薦入試出願状況に関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2019/11/13 東進タイムズ〕
  • 2019/11/13

東京大学 令和2年度東京大学推薦入試出願状況を発表

東京大学は、令和2年度の推薦入試出願状況をウェブページに発表した。募集人員100名程度のところ173名が出願した(11月6日時点の受取通数)。第1次選考結果は、12月2日(月)にウェブページに掲載される。12月14日(土)・15日(日)には面接が実… →もっと読む

東京大学理学部は、世界をリードする Top Scientists による高校生のための特別授業を今年も実施する。日程は12月25日(水)・26日(木)の2日間。気候変動やコンピュータなど注目の最新研究はもちろん、ミクロな分子の世界からマクロな宇宙空間、そして驚きの生命共進化まで、魅力的なテーマが揃う。この冬、君も本郷で理学への扉を開いてみよう。開催日12月25日(水)・26日(木)13:00〜16:30会場東京大学 本郷キャンパス 理学部1号館2階 小柴ホール講義内容12月25日(水)気候変動の多様性〜複雑はおもしろい〜(地球惑星物理学科)小さな花に隠された植物と昆虫の共進化(生物学科)最先端実験で探る分子の“かたち” と “動き”(化学科)12月26日(木)すばる望遠鏡の見た宇宙、そしてその向こう(天文学科)コンピュータがことばの意味を理解する(情報科学科)物質の物理学:変幻自在な電子の不思議な世界(物理学科)参加方法東京大学ウェブページより要事前申込(各日先着170名)、参加費無料東京大学 「東大理学部 高校生のための冬休み講座2019」に関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2019/11/11 東進タイムズ〕
  • 2019/11/11

東京大学 「東大理学部 高校生のための冬休み講座2019」を開催

東京大学理学部は、世界をリードする Top Scientists による高校生のための特別授業を今年も実施する。日程は12月25日(水)・26日(木)の2日間。気候変動やコンピュータなど注目の最新研究はもちろん、ミクロな分子の世界からマクロな宇宙空間、… →もっと読む