>
>
2015年03月01日号 1面
  • 東進タイムズ 2015年03月01日号 1面

高2の3月までに基礎力完成で合格率急上昇!

受験シーズンもピークを過ぎ、新高3生は「受験生」としての意識が本的に高まる時期になった。

「受験勉強はまず基礎から」とは、多くの先輩たちが述べていることだが、その真相を確かめるべく、昨年入試に挑んだ東進生の受験結果を徹底分析した。

高2の3月までに基礎修得で得点差は歴然!

高2の3月までに基礎力を完成させることは、合否にどのような影響を及ぼすのだろうか。この疑問を解明するため、高2の3月までに基礎を修得していた場合と未修得の場合に分けて、その後の成績の伸びを分析した。資料1はその結果だ。

資料1

グラフは高2の2月の「センター試験本番レベル模試」における英語の得点がほぼ同じだった生徒を、単語・熟語・文法が修得できていたかどうかでグループ分けし、その後の成績の伸びを比較している。

これによると、高2の2月時点ではほぼ同じ得点でも、高2の3月までに基礎を修得していたか否かで、高3の4月には9.8点差、さらにセンター試験本番では17.3点差と、成績の伸びの差は広がった。

難関大現役合格なら、高3の4月で「得点率80%以上」を目指せ!

それでは、センター試験レベルの学力は、難関大合格にどのような影響を与えるのだろうか。そこで、高3の4月の「センター試験本番レベル模試」の受験者を英数国の得点率で3つのグループに分けて、各グループの合格率を調べた(資料2)。

資料2

その結果、得点率60%未満(=基礎未完成)の合格率は、難関国公立大で21.7%、早慶ではわずか9.9%となり、合格が極めて困難なことが示された。さらに、得点率60%以上80%未満の合格率も難関国公立大で37.8%、早慶でも36.1%と厳しい結果だった。

一方、得点率80%以上の合格率は、難関国公立大で64.3%、早慶では72.4%と大幅にアップしていた。

国公立大二次や早慶レベルでは、数段上の応用力が求められる。その基礎となるのがセンター試験レベルの学力であり、主要科目については得点率80%の早期突破がいかに大切であるかがわかるだろう。

では、高3の4月に80%以上得点するためには、どのように学習に取り組めばよいのだろうか。

P.2~3で特集する「基礎力向上のススメ」や先輩の合格体験記を参考に今すぐ計画を立てて実行してほしい。新高3生は新学年になる4月前までに基礎力を完成させよう。新高2生は基礎の早期修得を心がけてほしい。

【データについて】

[資料1]

  1. 東進2013年度高3生に限定し、かつ英語の受験者のうち高2の「第1回 2月 センター試験本番レベル模試」の英語 平均点(103.3点)±10点以内の生徒を対象とした。
  2. 基礎修得とは、受験に必要な単語・熟語・文法事項を身につける、 東進の「高速基礎マスター講座」英単語センター1800、英熟語センター750、英文法750の修了とした。

[資料2]

  1. 2013年「第2回 4月 センター試験本番レベル模試」受験者(受験当時高3生に限定)
  2. 大学のグループ分けについて
    (1)難関国公立大…旧七帝大(東大・京大・北大・東北大・名大・阪大・九大)+国公立医学部医学科
    (2)早慶…早稲田大、慶應義塾大
  3. 東大および医学部医学科は、主要3教科4科目の得点率80%以上ではなく85%以上としている。
  4. 合格率について:今回のデータでは、同一の受験生が同じ大学グループを複数校受験し、1校でも合格したら、  その受験生をそのグループの合格者としてカウント。分母は各グループ内の大学に出願し、受験した人数。

最新ニュース

  • 2018/01/17

平成30年度大学入試センター試験(本試験)の平均点等一覧(中間集計)

大学入試センターは1月17日(水)、平成30年度の大学入試センター試験(本試験)の受験者数・平均点・最高点・最低点・標準偏差(中間集計)を発表した。中間集計の対象となった受験者数は、全志願者582,671人中260,827人。さらに、1月19日(金)… →もっと読む

  • 2018/01/13

大学入試センター試験 全国で始まる

 2018年度 大学入試センター試験が1月13日(土)午前、全国会場で始まった。今年度のセンター試験志願者数(確定)は、現役高校生・既卒生合わせて582,671人(大学入試センター発表)。昨年度から6,704人の増加となった。センター試験を利用するのは848… →もっと読む

  • 2018/01/12

大学入試センター試験 いよいよ明日から

平成30年度大学入試センター試験が、ついに明日からの2日間実施される。受験生は当日の天候や交通状況の影響を考慮し、時間に余裕をもって会場へ向かおう。また、試験本番で慌てず最大限の実力を発揮するためにも、もう一度「受験上の注意」に目を… →もっと読む

東京理科大学では、1月28日(日)に実施される「宇宙教育プログラム」の講義の聴講者を一般から募集している。「宇宙教育プログラム」とは、選抜された高校生・大学生が講義・実習・体験・交流を通して最先端の宇宙科学技術を学び、その修得を目指す9ヵ月間のカリキュラム。今回の講義はその一部が一般に公開される嬉しい機会。君も宇宙開発の世界へいざなわれよう。実施日 1月28日(日)募集期間1月26日(金)9:00まで(定員になり次第締切)実施場所東京理科大学 神楽坂キャンパス 2号館1階 211教室定員110名(申込順)実施内容受付9:40〜9:55講義10:00〜11:30「表面張力の不思議 宇宙を舞台にした流体物理実験」(仮題) 上野一郎教授(理工学部機械工学科)        11:40〜13:10 “My Life in Space”(仮題)ダン・タニ氏(アメリカン・スクール・イン・ジャパン、宇宙飛行士) 14:00〜16:00「微小重力環境利用を支える運用者と地上システム」新井光男氏(TISソリューションリンク株式会社宇宙システム事業部) 申込方法ウェブサイトより申込東京理科大学 「宇宙教育プログラム」の聴講者を募集に関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2018/01/05 東進タイムズ〕
  • 2018/01/05

東京理科大学 「宇宙教育プログラム」の聴講者を募集

東京理科大学では、1月28日(日)に実施される「宇宙教育プログラム」の講義の聴講者を一般から募集している。「宇宙教育プログラム」とは、選抜された高校生・大学生が講義・実習・体験・交流を通して最先端の宇宙科学技術を学び、その修得を目指… →もっと読む



バックナンバー



「憧れの職業を追え!」アーカイブ

全国の天気

北海道
宮城
東京
愛知
京都
大阪
福岡
沖縄

お役立ち情報|予備校・大学受験の東進

入試情報を完全網羅!
全185大学の過去問を無料閲覧!
自分に合った志望校を探そう!
28講義を一挙公開!
志望校合格を目指す生徒と
そのご父母のための大学進学情報
進路指導にご活用ください。
模試のお問い合わせも可能です。
全国の小学校から大学までの
ピンポイント天気をチェック!
国公立・私大の文理系統別難易度を一発表示
ご父母のための教育情報サイト
「何を究めるか」から始まる本当の志望校選択
東進から新アプリ!「英単基本例文300」
若手研究家に贈られる永瀬賞受賞記念
フロンティア精神に溢れた世界に誇れる日本を創ろう。
教育改革の実現に向けて、全国の先生方と共に学びませんか?
世界で活躍するリーダーを目指す東進生諸君へ。
世界は、結構カンタンに近くなる。