>
>
2017年05月01日号 1面
  • 東進タイムズ 2017年05月01日号 1面

2017年合格発表会場アンケート調査より 難関大現役合格者学校以外での勉強時間平均6時間35分!!

受験勉強を進める君にとって、「どのくらい勉強すれば合格できるのか」は気になるところだろう。学力の向上および合格するか否かは学習の「量×質」で決まる。
ここでは、前号でも紹介した「合格発表会場アンケート」から、合格者と不合格者の学習量を分析した結果を紹介する。

難関大合格のカギは早期スタート

まずは、今年の受験における難関大現役合格者と不合格者それぞれの学習時間(学校の授業以外)を比較したグラフ(資料1)を見てほしい。

資料1

結果は、現役合格者のほうが、不合格者よりも高校3年間トータルで334時間多く学習していた。

現役合格者、不合格者のどちらも共通して学年が上がるにつれて、年間の学習時間が増えている。これは受験本番が近づくほど、誰もが自ずと学習時間を増やすからであり、想像しやすいだろう。

さらに詳しくこのデータを見てみよう。学年別にこのデータを見ると、現役合格者のほうが高1生で120時間、高2生で178時間、高3生で36時間と、どの学年でも不合格者よりも多く学習をしていた。

このことから現役合格した先輩たちは、高1・高2のうちから早めにスタートして勉強を積み重ねることで、受験を有利に進めていたと読み取ることができる。

高2生・高1生は高校生活を充実させるためにも、今から受験勉強をスタートさせよう。

今まで思うように学習に取り組めなかった高3生は、高1・高2のときの分まで挽回する意識を持って勉強をスタートさせ、次に説明する学習時間を確保できるよう学習を進めてほしい。

学習量を確保する総合的な計画を立てよう

高3生の難関大現役合格者の一日あたりの学習時間(学校の授業以外)は、平均6時間35分であった(P2・資料2)。前述した学習時間の開きである334時間を埋めようとしたら、51日、つまり約2カ月が必要だ。

この学習量を現実にあてはめて最短で追いつこうと考えると、今から入試本番までの残り約10カ月間のうち、およそ2カ月間は、まわりの受験生の2倍の勉強が必要ということになる。やりとげるためには、並々ならぬ強い意志と猛烈な努力・体力が必要だ。もちろん学習の量(=時間数)だけではなく、質が重要なことは言うまでもない。

さて、難関大現役合格者の学習時間4093時間(学校の授業以外)は、この334時間の12倍にあたる。

一気呵成に終わらせる方法もあるが、量が多いからこそ、「千里の道も一歩から」だ。まずは「目標を持つ」「計画を立てる」そして「実行する」、このスタイルを身につけてほしい。すると勉強のみならず、勉強と、学校行事や部活動とを両立させるやり方へのヒントも得られるだろう。

いずれにしても難関大を目指すなら、早期スタートと、高校3年間のトータルの学習時間を確保することは必須の条件である。

既に学習をスタートしている高校生は、自分で限界を決めるのではなく、より高みを目指して学習を進めよう!

このアンケートについて

調査方法
 各大学の合格発表会場およびインターネット上で実施。掲示板による合格発表を行わない大学は合格発表直後に個別にアンケートを実施。

調査大学および分類方法
難関大
I 国立大学
 東京大学、京都大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、大阪大学、九州大学、東京医科歯科大学、東京工業大学、 一橋大学、東京外国語大学
II 私立大学
 早稲田大学、慶應義塾大学

サンプル数405件
数字はすべて、無回答を除く100%表示とした。

最新ニュース

  • 2019/10/11

令和2年度大学入試センター試験の出願状況(受付最終日)

大学入試センターは、令和2年度大学入試センター試験出願最終受付日の10月10日(木)、出願状況を発表した。出願総数は530,917人で、前年度より6,091人減少した(17時現在)。確認はがきの送付がすでに始まっている。届いたら登録内容を確認し、訂… →もっと読む

  • 2019/10/09

大学入試センター 「志願者問合せ専用電話」を開設

大学入試センターは、令和3年度から始まる「大学入試英語成績提供システム」についての質問に応える「志願者問合せ専用電話」を開設した。受付時間は平日の9:30〜17:00。大学入試センターウェブページの「大学入試英語成績提供システムFAQ」や文… →もっと読む

  • 2019/10/07

文部科学省 「大学入試英語成績提供システム」利用予定大学を掲載

文部科学省は、9月30日時点で大学入試英語成績提供システムを利用すると回答した全国の国公私立大学・短期大学の一覧をウェブページに掲載した。利用予定大学は561校(四年制大学は483校で、そのうち国立77校、公立71校、私立335校。短期大学は78… →もっと読む

2021年に日本で開催される第53回国際化学オリンピックを見据え、京都大学では、10月19日(土)に中学生・高校生を対象とした化学の講演会を実施する。プログラムでは、最先端の化学研究の成果や元素周期表をテーマとした講演やトークセッションが予定されている。化学研究の拠点として名高い京都大学で化学への興味・関心を深め、君も化学オリンピックを目指そう!開催日時10月19日(土)14:00〜17:00開催場所京都大学 北部総合教育研究棟1階 益川ホール参加方法ウェブサイトから要事前申込(定員170名)プログラム基調講演:「一家に1枚周期表」から学ぶ科学技術の進歩講演:材料化学の新潮流―塗布できる高性能ペロブスカイト太陽電池―トークセッション:国際化学オリンピックに挑戦しよう!京都大学 講演会「京都で感じる化学の風〜明日の化学を担う皆さんへ〜」に関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2019/10/07 東進タイムズ〕
  • 2019/10/07

京都大学 講演会「京都で感じる化学の風〜明日の化学を担う皆さんへ〜」を開催

2021年に日本で開催される第53回国際化学オリンピックを見据え、京都大学では、10月19日(土)に中学生・高校生を対象とした化学の講演会を実施する。プログラムでは、最先端の化学研究の成果や元素周期表をテーマとした講演やトークセッションが… →もっと読む