銀だらとほうれんそうのピリ辛煮
調理時間
20分
エネルギー
277kcal

目・鼻・のどの粘膜を強くして、
ウィルスに負けない体に!

この一皿で1日に必要なビタミンAが
バッチリ!
ウィルスなどの病原体が体内に侵入するのを防ぎ、体を守る「砦」となっているのが、目・鼻・のどの粘膜。これらの粘膜が乾燥し、カサつくことでバリア機能が落ち、病原体が侵入しやすくなります。粘膜を強くするにはビタミンAを摂取することが大切。動物性のビタミンAを含む銀だらと、植物性のビタミンAを含むほうれんそうの合わせ技で、ビタミン摂取はもちろんのこと、ピリ辛味で体が芯から温まります。

材料(2人分)

銀だら(切り身)…2切れ(160g)
ほうれんそう…(小)1/2ワ(100g)

A
にんにく(みじん切り)…小さじ1/2
しょうが(みじん切り)…小さじ1/2
豆板醤(トーバンジャン)…小さじ1/2

B
水…カップ1
しょうゆ…大さじ1/2~1
酒・酢・砂糖…各大さじ1/2
顆粒チキンスープの素(中国風)…小さじ1/2

水溶きかたくり粉:
かたくり粉…大さじ1/2
水…大さじ1

ねぎ(みじん切り)…大さじ2
●塩・こしょう・酒・サラダ油

つくり方

1銀だらは塩・こしょう各少々、酒大さじ1/2をふって5~6分間おき、水けをよく拭き取る。ほうれんそうはゆでて水にとり、水けを絞って3㎝長さに切る。
2フライパンにサラダ油大さじ1/2を熱し、銀だらの両面を焼く。焼き色がついたらサラダ油大さじ1/2を足し、フライパンの空いているところでAを加えて炒め、香りがたったらBを入れて4~5分間煮る。
3ほうれんそうを加えてサッと煮、水溶きかたくり粉を回し入れてとろみをつけ、器に盛って、ねぎを散らす。ほうれんそうはゆでてあるので、サッと煮るだけでOK。
料理・本多京子 撮影・岡本真直
「別冊NHKきょうの料理 免疫力アップ楽々レシピ」より
受験生応援レシピ トップページに戻る