うなぎとたっぷりにんじんの卵とじ
調理時間
20分
エネルギー
300kcal

2種類のビタミンAで免疫力アップ!

風邪の原因となるウイルスなどの病原体が体に侵入するのを防ぐには、目・鼻・のどの粘膜を強くすることが大切です。そのために必要な栄養素がビタミンA。ビタミンAには動物性と植物性があり、うなぎは少量で必要量がとれる優秀食材です。また、植物性のビタミンAを含む緑黄色野菜の代表ともいえるのがにんじん。にんじんの鮮やかなオレンジ色は、体内でビタミンAに変わるカロテノイドによるものです。この2つを合わせたパワフルなおかず、ご飯にのせて丼にしてもいいですね。

材料(2人分)

うなぎのかば焼き(市販)…1串(100g)
にんじん (小)…1/2本(60g)
卵…2コ
細ねぎ…5~6本(20g)
A
だし…カップ1/2
酒…カップ1/4
しょうゆ・みりん…各大さじ1

つくり方

1下ごしらえをする
うなぎは串を抜き、縦半分に切って、1cm幅に切る。にんじんは縦1cm幅に切り込みを入れて、ピーラーで3~4cm長さに削る。細ねぎは3cm長さに切る。卵は溶きほぐす。
2フライパンにAを煮立て、にんじんを入れる。にんじんがしんなりしてきたらうなぎと細ねぎを加えてサッと煮、溶き卵を回し入れ、半熟になったら火を止める。1㎝幅の切り込みを入れてからピーラーを使うと、均一の太さで薄く削れる。
料理・本多京子 撮影・岡本真直
「別冊NHKきょうの料理 免疫力アップ楽々レシピ」     
受験生応援レシピ トップページに戻る