地動説を唱えた天文学者コペルニクスが誕生。

「コペルニクス的転換」って言い方を覚えよう。
この日はどんな日?

1473年の2月19日

コペルニクスはポーランド(ドイツとの説も)生まれの天文学者。牧師でもあり、知事・長官・法学者・占星術師・医者でもありました。それまでの天動説では惑星の色々な動きを説明し切れず、地動説を取ることで説明がつくことを発見しました。彼の説は天文学史上最も重要な発見とされ、その後のケプラーやガリレイなどの多くの人に影響を及ぼしました。地動説の考えを「天体の運動の仮説についての概要」にまとめ友人に見せましたが、キリスト教の教えに反するので発表しませんでした。友人の熱心なすすめで亡くなる直前に『天体の回転について』が発表された際、出版者は「これは単なる計算方法である」という注釈を付けました。地動説を元に惑星の軌道計算を行い、1年の長さを365.2425日と算出し、グレゴリオ暦への改暦の際に使用されました。「コペルニクス的転換」とは、天動説から地動説へ、つまり、180度物事の見方が変ってしまうことを言います。

この日が誕生日の有名人

堀井学
(スピードスケート・1972年)
かとうれいこ
(タレント・1969年)
薬丸裕英
(タレント・1966年)
アンドルー王子
(英国王室・1960年)
村上龍
(作家・1952年)
二子山親方
(大相撲・1950年)
財津和夫
(歌手・1948年)
藤岡弘
(俳優・1946年)

/東進ドットコム / 東進ドットコムポータル/
Copyright 2005 (C) Nagase Brothers Inc.