フランスのド・ボールが観測用風船で成層圏を発見。
この日はどんな日?

1902年の6月8日

地球の周りは大気の層におおわれています。地表から高さ約10キロメートルまでを対流圏、10〜50キロメートルにかけてを成層圏、50〜80キロメートルを中間圏、80〜500キロメートルを熱圏、500〜数万キロメートルを外気圏と区別できます。高度によって気温の変化の仕方が変わります。対流圏と中間圏では高くなるほど温度が下がり、成層圏と熱圏では逆に温度が高くなります。1902年のこの日、フランスの気象学者、テスラン・ド・ボールが観測用の気球をあげ、大気中の気温の変化から成層圏を発見しました。成層圏には太陽からの紫外線を吸収するオゾン層があります。

この日が誕生日の有名人

城島健司
(プロ野球・1976年)
TERU
(GLAY・1971年)
八木裕
(プロ野球・1965年)
フランク・ロイド・ライト
(建築家・1867年)

/東進ドットコム / 東進ドットコムポータル/
Copyright 2005 (C) Nagase Brothers Inc.