マックス・ウェーバーが急性肺炎のためミュンヘンで亡くなる。

『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』で有名。
この日はどんな日?

1920年の6月14日

マックス・ウェーバーは、1864年4月21日にドイツのエルフェルトで政治家の父のもとに生まれました。ハイデルベルグ大学で法律を学び、博士号を取得し、1894年に29歳でフライブルグ大学教授になりました。1897年『古代社会経済史』を著し、1905年には、『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』を著しました。この本の中で、ウェーバーは「世俗の富の蓄積は慎むべき」というピューリタンの精神が、「働いて貯める」倫理を生みだし、富の蓄積の推進力となり、資本主義を誕生させたと論じ、浪費こそが資本主義の姿としていた通説に衝撃をもたらしました。

この日が誕生日の有名人

前田智徳
(プロ野球・1971年)
前田健
(タレント・1971年)
シュテフィ・グラフ
(テニス・1969年)
椎名誠
(作家・1944年)
チェ・ゲバラ
(革命家・1928年)
川端康成
(作家・1899年)

/東進ドットコム / 東進ドットコムポータル/
Copyright 2005 (C) Nagase Brothers Inc.