加藤清正が50歳で亡くなる。

安土桃山時代・江戸時代の大名です。
この日はどんな日?

1611年の8月2日

加藤清正は1562年に尾張国中村(愛知県名古屋市)に生まれ、秀吉に仕えます。1583年、賤ヶ岳の合戦で賤ヶ岳の七本槍の一人に数えられる戦功を挙げて以降、数々の功をあげ、1586年、小西行長と共に肥後半国を与えられ、熊本城を居城とします。文禄・慶長の役では、朝鮮へ出兵。ここでも功を挙げましたが、石田三成と対立が生じ、京に戻されます。秀吉の死後、徳川家康に接近。1600年、関ヶ原の戦いでは東軍に協力し、1611年には二条城における家康と豊臣秀頼との会見を取り持つなど和解を斡旋し、同年のこの日、熊本城で病死しました。築城の名手としても知られ、熊本城や、蔚山倭城(うるさんわじょう)、江戸城、名古屋城など数々の城の築城に携わりました。大きな反りを持たせた石垣の積み方が美しいといわれています。

この日が誕生日の有名人

曽ヶ端準
(サッカー・1979年)
友近
(タレント・1973年)
鴻上尚史
(演出家・1958年)
中上健次
(作家・1946年)
中内功
(ダイエー創設者・1922年)

/東進ドットコム / 東進ドットコムポータル/
Copyright 2005 (C) Nagase Brothers Inc.