イギリスの細菌学者アレクサンダー・フレミング生れる。

アオカビから「ペニシリン」を発見。1945年ノーベル医学生理学賞。
この日はどんな日?

1881年の8月6日

アレクザンダー・フレミングはスコットランドのエアシャー州に生まれました。1906年にロンドンのセント・メアリーズ病院付属医学校を卒業後、細菌学の権威アームロス・ライトに師事。鼻の粘液や涙などに含まれ、細菌を溶解する物質(酵素)を発見し、その物質にリゾチームと命名しました。その後、ロンドンで、インフルエンザの研究中、ブドウ球菌の培養皿に偶然落ちたカビが、その周囲だけ菌の発育を押えているのを発見。このカビの培養液を800倍に薄めても、ブドウ球菌の発育は妨げられました。つまり、細菌を殺したり増殖を抑えたりする働きを持っているのです。これに彼はペニシリンと名づけて1929年に発表しました。しかし、ペニシリンは不安定な物質であり抽出が難しく、結局彼はペニシリンを有効活用することができませんでした。それから10年後、フレミングの論文を見たフローリーが、チェーンとともに抽出に成功。薬が実用化され、多くの感染症治療薬として使われるようになり、3人は1945年にノーベル生理学医学賞を受賞しました。

この日が誕生日の有名人

奥菜恵
(女優・1979年)
イゴール・ボブチャンチン
(格闘家・1973年)
古田敦也
(野球・1966年)
辰巳琢郎
(俳優・1958年)
堺正章
(タレント・1946年)

/東進ドットコム / 東進ドットコムポータル/
Copyright 2005 (C) Nagase Brothers Inc.