明治新政府が断髪令を発布する。
この日はどんな日?

1871年の8月9日

明治新政府は約300年続いた封建制度の払拭という目的のため、日本古来の風俗や制度を西洋化する政策を推し進めていました。その一環として1871年のこの日、「士農工商四民の斬髪勝手たるべき事」という太政官布を発布しました。「断髪令」といわれるものですが、文面上は強制ではなく「髪形の自由」となっていました。また、布告の3ヵ月前に、「半髪頭をたゝいてみれば因循姑息の声がする。惣髪頭をたゝいてみれば王政復古の音がする。ザンギリ頭をたゝいてみれば文明開化の音がする」という俗謡が新聞に掲載され、流行しました。これは新政府の木戸孝允が新聞の果たす役割が大きいことに着目し掲載させたもので、文明開化にザンギリ頭が欠くことのできないものであるという観念を国民に植え付けたのです。ザンギリは漢字で書くと「散切り」で、髪を結わないで切って垂らしたままのことを言います。

この日が誕生日の有名人

ホイットニー・ヒューストン
(歌手・1963年)
佐藤蛾次郎
(俳優・1944年)
黒柳徹子
(女優・1933年)
源実朝
(鎌倉幕府3代将軍・1192年)

/東進ドットコム / 東進ドットコムポータル/
Copyright 2005 (C) Nagase Brothers Inc.