写真
中川知毅くん
東進衛星予備校守山銀座校
出身校:守山高等学校
東進入学時期: 高1・8月
所属クラブ サッカー部
引退時期 高3・6月
この合格者の関連キーワード
この体験記は
参考になった! ★★★★★ 9
自分を信じて日々の積み重ねをしましょう
 東進に入学したのは高校1年生の夏でした。最初はとにかく、学校の授業についていくために学習をしていましたが、そのうち学校の進度を追い越し、東進のいわゆる「高速学習」の魅力を知りました。進度を自分で決め自分の好きな時に見られることや、何度でも同じ授業を見たり、授業のスピードを速めたり、一時停止して板書を取れることなど、映像の授業には様々なメリットがあり、改めて東進に入ってよかったと感じることが多々ありました。

 また、東進の特徴の一つであるグループ・ミーティングでは、友達や自分と同じレベルにいるライバルたちと意見を交わし、学習を進めるのにとても役に立ちました。やはり、自分と刺激し合ったり張り合ったりできるような存在は、一番のモチベーションになるのだと思います。僕は東進でそのような人たちに恵まれ、切磋琢磨し合いながら成長していくことができたと思います。

 大学受験を終えた身として、後輩の皆さんに伝えたいのは、先ほど述べたような仲間を大事にすること、そして自分を信じることです。よく聞く話ではありますが、勉強の成果というのは指数関数的に出ます。最初は本当に伸びなくて、落ち込むことが誰でもあると思います。そこで自分はこの努力をすれば必ず伸びる、そう信じられた人だけが、最後の伸びを感じることができるのだと思います。日々の積み重ねが最後の大きな伸びにつながる、このことを意識し勉強していけば、無駄な勉強など何もないと気付くはずです。一歩一歩積み重ねていってください。

 最後に、後輩のみなさんはこれから受験期という大変な時期を迎えるわけですが、いきなり無理に勉強量を増やしたりせず、自分のやるべきことを、自分がこなせる量を、毎日していくことが大切です。計画を立てたりするとどうしてもそのときだけ根拠のない自信が沸いて、自分がこなせる量よりはるかに多くのことを計画に入れてしまうことがあるので、1日1日計画を立て、今日1日で何ができるかを考えるのがいいと思います。そうやって毎日進化し続け、合格を勝ち取ってください。 

合格データ
Q 担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
僕は優柔不断で、何度も志望大学や志望学部をかえてきましたが、そのたびに先生方が親身になって相談に乗ってくださり、僕にとって良い選択に導いてくださいました。今の大学に合格して満足できるのも、先生方の協力あってのことだと思います。
      
Q 担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
勉強の相談はもちろんのこと、大学進学後のことや自分の人生についてなど、答えにくい質問をしてもいやな顔一つせずに相談に乗ってくださったり、優しい言葉で僕たちの焦りや不安を消し去ってくださったりしました。本当にお世話になりました。
      
Q あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
センター試験本番レベル模試
      
Q おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
2ヵ月に1度自分の実力を試すことで、モチベーションを上げます。点数が悪くても自分ののびしろが見えたと考え、落ち込むのではなく徹底的に復習して、次同じような問題が出たときに確実に解けるようにしておくといいと思います。
      
Q 部活に所属していましたか?
Yes
      
Q 東進を知ったきっかけ
友人の紹介
      
Q 東進を選んだ理由
映像授業が展開されており、ほかの塾のように授業時間が決まっていなかったので、部活をやっていて時間のあまりなかった僕でも十分に力をつけることができると思ったから。
      
Q グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
切磋琢磨し合える仲間と自分の進度を見直したり、仲間の勉強法などをきいたりすることで、1人ではなしえなかった成長を遂げることができたと思います。
      
Q 部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
どちらも一生懸命するということは不可能ではないということがわかりました。
      
Q 参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
公開授業で普段はパソコンでしか見られない先生の話を生で聞いて、モチベーションを得ることができました。
      
Q 辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
なかなか副教科が伸びず、最後の最後までもがき苦しみました。しかし、センター試験の直前になっていきなり点数が伸びたり、わからなかったところが急に理解できたりして、苦しんでいた時期の勉強も必ず生きてくるのだということがわかりました。だから、苦しい時でも努力を続けることが大切だと思います。
      
Q やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
切磋琢磨し合える仲間と、絶対に現役で合格するという気持ち。
      
Q 志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
オープンキャンパスで拝聴した模擬講義がとても興味深かったから。
      
Q あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
苦しいが、仲間と助け合いながら乗り越えることで、今まで味わったことのないような達成感を味わえるもの。
      
Q 「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
税理士か会計士になって日本経済を陰から支え、よりよい国になるために働けるような人になりたいと思います。
      
Q 東進のおすすめは?
高速学習
進度を気にせず、自分のペースで進められたのがよかったです。

【 講座修了判定テスト 】
確認テストで終わらせず、最後の確認として用いることができました。

高速基礎マスター講座
学習の基盤となる基礎を短時間で固めるのにもってこいだと思います。
Q おすすめ講座
【数学ぐんぐん[応用編]】
ひとつの問題に様々な解法を見出すことで、いわゆる「数学のパターン化」から脱却し、さまざまな問題に対応できるようになりました。また、一問一問がどれも難問で、まず自分で考えてみる力がついたので、特に数学が難しい大学を志望する人にはおすすめです。

【入試対策:センター試験対策数学Ⅰ・A(90%突破)】
センター試験の問題形式に早くから慣れることで、早い段階でセンターの数1・Aを完成させることができました。数1・Aと数2・Bを一気に上げることは難しいので、まずは1・Aを完成させることをおすすめします。

      
今年も多くの生徒を現役合格に導いた
本当に学力を伸ばす東進の学習システム、その秘密は資料請求で!
  
 大阪大学の合格体験記
合格体験記トップへ
【国公立大】
    
【私立大】