ページを更新する ページを更新する

共通テストの結果でリサーチ!共通テスト合否判定システム

2022年の登録は終了しました

東進ならできる3つの判定

共通テストの得点入力だけでわかる!

  1. 国公立大学
  2. 私大一般y入試
  3. 私大共通テスト利用

私大一般入試の判定は東進だけ

さらに

登録すると185大学・最大27年分の過去問が見られる!

こんなお悩みありませんか?

二次試験の出願に必要な情報を探すのが大変… どの大学に出願しようかな… 試験日が重複したらどうしよう… 私大一般入試の合格可能性も知りたいな

気になるお悩みをクリック!

全て東進なら解決できます

合否判定システム 5つの特長

横にスライドして全ての特長をチェック!

共通テストと二次試験の
配点を考慮した総合判定を提示

東進は、
「総合判定」=「共通テスト+二次試験(配点に準拠)」を行います。
そのため、より明確な受験校選定が可能です。

一般的な判定

共通テストのみ

総合判定

共通テスト

+

二次試験

共通テストの得点入力だけで、
二次試験の配点も考慮した
的確な判定を提示!

私大一般入試の合格可能性も提示

国公立入試・私大共通テスト利用入試に加え、難化する私大一般入試合格可能性を提示するのは東進だけです。現役合格を掴むための受験校選定にお役立てください。

私立一般入試の合格可能性も提示

二次試験の科目・配点などの
出願に必要な情報をまとめて閲覧

入力した大学の入試科目配点など、必要な情報を一覧で表示します。

二次試験の科目・配点

合格可能性の高い大学を検索できる

登録した志望校を基準としてレベルが近い
大学の中から、学部系統や地域などの
条件で絞り込んで表示
します。これを参考に、併願校の戦略を立てて第一志望校合格を勝ち取りましょう。

大学

カレンダーで
志望校の入試日程を一覧で表示できる

試験日の重複出願締切日もすぐにチェックできます。さらに過去問もその場で確認でき、効率良く最後の追い込みに専念できます。

カレンダー
2022年の登録は終了しました
合否判定システムを利用すると

嬉しい利用特典があります!

➀実力講師陣によるワンポイント解説授業

②二次試験 ここがよくでる分野一覧表

③W合格者進学先一覧

①実力講師陣によるワンポイント解説授業

渡辺 勝彦先生

「二次私大対策」 英語編

論説文の読み方

講師:渡辺 勝彦先生(英語)

公開期間:1/15-1/31

宮崎 尊 先生

「二次私大対策」 英語編

和文英訳

講師:宮崎 尊 先生(英語)

公開期間:1/15-1/31

②全国主要大学 二次試験 ここがよくでる分野一覧表

分野一覧表

③W合格者進学先一覧

昨年ダブル合格した先輩がどちらに進学したのか、なんと11,510の事例を紹介。
中にはあっと驚く結果もあり。君の出願校決定に役立てよう。

W合格者進学先一覧

SCROLL

2022年の登録は終了しました

「大学入試問題 過去問データベース」にも簡単アクセス

「共通テスト合否判定システム」から
過去問データベースに無料でアクセスできます。

185大学・最大27年分の過去問を掲載!

他の予備校の合否判定と何が違うの?

ココが違う!

東進の合否判定システムと他予備校との違い

東進の合否判定システムと他予備校との違い
2022年の登録は終了しました

スケジュール

スケジュール

利用するには面倒な手続きが必要だと思っていませんか?

簡単3ステップで志望校の
合格可能性を正確に診断できます!

簡単1分!

マイページに
無料登録

自己採点の
結果を入力

志望校の
合格可能性を確認!

2022年の登録は終了しました

Q&A

Q共通テスト+二次の総合判定とは?

A

共通テストの得点と二次試験の配点に準拠し、共通テスト+二次試験の総合判定を行います。共通テストのみでの判定に比例して、受験する大学の入試に即した判定を出すことが
できます。

Qなぜ私大一般入試の判定もできるの?

A

国公立大以外の判定を知りたいという声に応えるため、東進の合否判定システムは「私大一般入試の判定」も提示します。私大本番に最も近く、どの模試よりも多くの人が受験している大学入学共通テストの結果にもとづいているので、直前期の学力の伸びを加味した最新の
判定を知ることができます。
また、東進の合否判定システムでは、制限なく何校でも
合否判定が可能です。

Q登録するとどのようなサポートが受けられる?

A

二次試験の科目・配点などの出願に必要な情報をまとめて閲覧可能です。
また、カレンダーで志望校の入試日程を一覧で表示できます。

その判定だけで大丈夫?

東進と他予備校とで判定が異なる事例

東大、京大、北大、東北大、名大、阪大、九大、東工大、一橋大、筑波大、神戸大、広島大など、
二次試験の配点が大きな大学に多く見られました。
中には他社でD判定が東進でB判定、他社でE判定が東進でC判定と、2段階異なる結果もありました。

東京大学 京都大学

それは他社では大学入学共通テストのみの判定を行っているところを、東進では共通テストと
二次試験の配点に準拠した、より正確な総合判定
を行っているからです。

名古屋大学 工学部志望のTくんの場合

一般的な判定では…B判定!

東進の総合判定では…A判定!

東進と他予備校とで判定が異なる事例

文系科目の落ち込みから一般的な判定ではB判定のTくん。しかし、理系科目の強さから総合判定では
A判定に。
自信を持って試験に挑めます。

※これはサンプルです。説明のために点数で示していますが、実際には各科目の偏差値に基づいて判定します。二次試験の得点は、
共通テストの得点率を元に推定しています。

SCROLL

2022年の登録は終了しました

友だちに紹介する

LINE twitter Instagram Facebook メール
東進ドットコム > 

合否判定システム