>
>
2019年12月01日号 1面
  • 東進タイムズ 2019年12月01日号 1面

センター試験直前は1日1点以上伸びる!

「センター試験本番までの残りの期間で、どれだけ得点が伸びるのか」「1点でも多く伸ばすにはどうすればよいのか」、この時期の受験生が最も知りたいことではないだろうか。実は、この1カ月の学習次第でセンター試験の得点は大きく変わってくる。そこで、今号で2019年合格者の分析を行い、この1カ月間で何をどう勉強すべきかを明らかにしよう。

国公立大合格者の約6割が、センター試験直前に1日1点以上伸ばしていた!

資料1

資料1は、「最終12月センター試験本番レベル模試」(2018年12月実施)から、2019年センター試験本番までの間に、国公立大合格者が5教科7科目(900点満点)で得点を1日に何点伸ばしたかを示したものである。

これを見ると、国公立大合格者の58.1%が1日1点以上得点を伸ばしていた。最後まで努力を続ければ入試当日まで点数は伸びるのだ。

苦手科目ほど伸びる!

さらに、得点の伸びを科目別に分析した(資料2)。その結果、「最終12月 センター試験本番レベル模試」で得点が低かった科目ほど、センター試験本番で伸びていた。

資料2

直前期の残された時間でできるだけ得点を伸ばすためには、次のように学習に取り組もう。

まず、志望校合格に必要な総合得点と、総合得点まであと何点必要かをしっかり把握する。次に、得点不足があればどの科目・どの分野で補うか、見当をつける。そして、科目別・分野別の優先順位とどのくらい時間を割くかを決めて、学習に取り組む。模試や過去問は苦手を把握し、優先順位づけするためのツールとして生かそう。

この時期にむやみに新しい問題集や参考書に手を出すのは禁物。総合得点との差が大きいのならば、伸びしろの大きい苦手科目・苦手分野に積極的に取り組もう。東進生は「志望校別単元ジャンル演習講座」を活用し、センター試験対策を完成させよう。

取り組みによる違いを見るため、講座受講者を5つのグループに分けて比較した。すると、演習を徹底したグループは合格率84.2%と極めて高い数値となった。

まず、志望校合格に必要な総合得点と、総合得点まであと何点必要かをしっかり把握する。次に、得点不足があればどの科目・どの分野で補うか、見当をつける。そして、科目別・分野別の優先順位とどのくらい時間を割くかを決めて、学習に取り組む。模試や過去問は苦手を把握し、優先順位づけするためのツールとして生かそう。

この時期にむやみに新しい問題集や参考書に手を出すのは禁物。総合得点との差が大きいのならば、伸びしろの大きい苦手科目・苦手分野に積極的に取り組もう。東進生は「志望校別単元ジャンル演習講座」を活用し、センター試験対策を完成させよう。

【データについて】

対象大学:国公立大学前期および私大一般入試(早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、東京理科大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、法政大学、中央大学、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学、日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学、京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学)得点の伸びは、2018年12月実施「最終12月 センター試験本番レベル模試」と2019年センター試験本番(再現)の得点差。(平均点の差による補正を実施)

最新ニュース

  • 2020/01/31

文部科学省 令和3年度共通テストの実施大綱の見直しについて公表

文部科学省は29日(水)、「令和3年度大学入学者選抜に係る大学入学共通テスト実施大綱」の見直しについてウェブページに掲載した。記述式問題の出題見送りにより、国語の試験時間が100分から80分となったことが主な変更点。文部科学省 令和3年度… →もっと読む

  • 2020/01/29

大学入試センター 令和3年度共通テストの出題方法等の変更について発表

大学入試センターは、令和3年度の大学入学共通テストの出題方法、問題作成方針についてウェブページに公表した。文部科学省によって見直された「令和3年度大学入学者選抜に係る大学入学共通テスト実施大綱」に基づくもの。出題方法については、国… →もっと読む

  • 2020/01/29

文部科学省 共通テストの実施大綱を今日にも公表

文部科学省は28日(火)、見直しを行ってきた大学入学共通テストの実施大綱を29日(水)に公表する考えを明らかにした。大学入試センターでも問題作成方針の見直しについて発表する予定で、出題教科や試験時間などが明らかになる。〔2020/01/29 東… →もっと読む

  • 2020/01/27

文部科学省 令和2年度国立大学の入学定員について公表

文部科学省は、令和2年度国立大学の入学定員(予定)についてウェブページに掲載した。それによると、全体では昨年度より107人減少し9万5,528人。分野別に見ると、教育が165人、医学・歯学が62人の減少となっているのに対し、理工は90人増加してい… →もっと読む