学入学共通テストまで1年余りに迫るなか、「英語民間試験」の導入見送りが発表されるなど、日々新しい情報が飛び込んできています。変わる大学入試に向けて、今後、日本の教育がどう変わっていくのか、どのような人財が求められるのか、東進が最新の情報をもとに詳しく解説します。お気軽にご参加ください。

講演内容例

    • 親世代の入試の常識とは全く違う!
      ・大学入試改革でいったい何が変わるのか?
      ・ちょっと待って!親の入試経験と知識だけでの危険な判断
    • 大学入学共通テストでココが激変する!
      ・新テストのポイント=リスニング力を身につけるには?
      ・リーディングはオール読解に。アクセント・文法問題が消える?
    • 新しい入試で変わらないこと。
      ・これだけは親世代から変わらない、普遍的な力とは?
    • ここまで進化。かつてない学習システムを公開!
      ・人の力には限界あり。不可能を可能にしたAI学習の最前線!
      ・入試は大学からのラブレター。返事をどう書くかで合否が決まる。
  • 東進主催 教育セミナー 実施概要
    日時
    2019年11月24日()
    11:00~12:30
    会場
    東進ハイスクール各校舎
    対象
    近隣地区にお住まいのご父母・高校生・中学生
    ※お申し込みは終了しました。

    情報を持つ者が
    受験を制す!

    学入学共通テストまで1 年余りとなり、少なからず不安を抱える中学生、高校生、そしてご父母の方々から多くのお問い合わせをいただきます。不安に思うのは皆さん同じです。でも、しっかりと情報を集めて、しかるべき対策を講じさえすれば、何も恐れることはありません。大学入試改革の内容、求められる力、そのために何をすべきか、東進が分かりやすく解説し、皆さまに知っていただく機会を設けました。ぜひお気軽にご参加ください。

    なぜ新テストでは
    「思考カ・判断カ・表現力」が
    問われるのか

    年急速な発達が話題に上がるA|(人工知能)。A|の登場で十数年後には現在の仕事の約50%がなくなると 言われています。さらに、巳本は人口減少やグローバル化・多様化の波が押し寄せています。このような大きな社会変動を迎えるなかで、問題を発見し、答えを生み出し、新たな価値を創造するための能力が重要です。大学入試で問われる力には、時代に即して活躍できる人財に必要な能力が反映されています。

    激変する英語に
    どう対応するか

    語民間試験の導入は 2024 年度まで見送られることになりましたが、大学入学共邁テストの英語の試験、「リー ディング」と「リスニング」はこれまでのセンター試験から激変し、万全の対策が必要になります。特にリスニングは リーディングと均等配点になる予定で、比重が高まります。 実際の問題(試行調査)をお聞きいただき、今の入試のレベルを体感していただきたいと思います。

    ●リスニングの重要度が大幅アップ
    ※お申し込みは終了しました。