2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1242人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
日本大学 生産工学部/第一部(昼間部)学部

小林澪生さん

東進ハイスクール赤羽校

出身校: 桜丘高等学校

東進入学時期: 高3・6月

所属クラブ: ダンス

引退時期: 高1・3月

この体験記の関連キーワード

最後まで自分のペースで自分を信じて勉強する

東進に入るまでは自分で家で勉強してきました。高1・2まではなんとか自分の納得する成績を出すことができました。しかし、段々周りの人が受験勉強に力を入れてきた高2の後半からに思うような成績が出せずどうしていいかわからなくなっていたときに東進に入りました。

私が東進に入って一番良かったと思うのは孤独にならなかったことです。東進に入るまでの期間は家で一人で勉強していたので誰とも会話せずくらい気持ちで勉強したり、長期の勉強計画をたてられなかったり、不安になったりすることがたくさんありました。

でも東進に行くようになったら登校したら受付にいる担任の人や担任助手の人が挨拶をしてくれたり話しかけてきてくれたて前向きに勉強ができたり、定期的に面談をして勉強の進行状況を確認したり、アドバイスをくれたので一人で不安になることがなく受験勉強を終えることができました。

東進に入った目的は苦手科目を克服することでした。教科書レベルからできなかったので問題集を解いても理解できずに模試やテストでも全然結果が出なかったけど、受講して確認テストを受けその範囲の問題集を解くという勉強方法で苦手な教科が最後には得意科目になりました。

東進に入ると周りのモチベーションがすごくて自分の気持ちがとても甘いと思い自分のペースを無視して勉強するようになって勉強のクオリティーが下がったり、体調を崩したりして受験勉強をあきらめようとしたことありました。そんな時担任の人がたくさん相談に乗ってくれて「ここからもう一回計画を立て直してがんばろう」といってくれました。その言葉で私は最後まで受験勉強をすることができました。最後に入試は何があるか分からないので最後まで自分のペースで自分を信じて勉強することが大事だと思いました。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

いつもニコニコしていて楽しく面談ができてネガティブにならずに話すことができたし、計画を立てるときは自分の体調や予定に合わせて一緒に決めてくれたので安心して計画を立て実行することができました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

グループミーティングや面談などで自分の受験期の話や大学での話を沢山してくれたので、受験勉強や大学生活のことを何も知らなかったのでとてもためになりました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

他の模試より難しく復習するところが多かったので復習まできちんとやると実力がついた気がした。

Q
東進を知ったきっかけ
A.

0

Q
東進を選んだ理由
A.

映像による授業だから自分のペースで進めることができるのでマイペースな自分にあっていると思ったから。また、担任制度があるので自分のことをよく理解してくれてアドバイスをくれる人ができると思ったから。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

家はなくてはならないので、様々な社会の変化に応じたその時代にあった家や人生最大の買い物である家をその人が納得して購入できるような家を設計できるような建築士になりたいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

【 確認テスト 】
その講座でなにを理解してどのような問題が解ければよいのかが分かったから。また、自分がどのくらい理解しているのかを把握することができたから。

担任指導
自分のことを理解してアドバイスをくれたり励ましてくれたりしたから。気軽に相談できる人ができたから。

過去問演習講座


友達にシェアする