2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1242人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
金沢大学 医薬保健学域

河合慧くん

東進衛星予備校金沢有松校

出身校: 金沢大学附属高等学校

東進入学時期: 中3・2月

所属クラブ: バスケットボール部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

不安な部分があれば妥協せずに復習する

僕が本格的に志望校を意識して、全力で受験勉強に没頭し始められたのは、夏合宿を終えてからだったと思います。本番の入試を模したテスト・緊張感・合否発表も含めて、この合宿で他ではできない貴重な経験ができました。

僕が受験勉強の時に強く意識していたことは、1つの単語帳・問題集・講座を穴のないように徹底的にやることです。たとえ一度できた内容でも、不安な部分があれば妥協せずに復習することで、効率的に実力を付けることができたと思っています。何冊も問題集に取り組んで自信をつけるやり方もありますが、自分に合うやり方を考えて取り組むことが大切です。

また学校では友人同士で教え合い、皆で受験勉強を続けてきたことが精神的に大きな支えになりました。受験期終盤になると、思うようにいかないことが出てきて辛い時期も訪れます。そんな時に、友人・学校の先生・東進の担任の方・家族がかけてくれる言葉1つ1つが僕の気持ちを奮い立たせてくれました。本当にありがたかったです。「受験は団体戦」という言葉の意味がよく分かりました。

正直「やり直したい」と感じたことも数多くあり、センター試験や二次試験当日はそれなりに不安になりました。でも、そんな時は徹底的に取り組んだ問題集・講座のことを思い出すと、気持ちを前向きに切り替えることができました。試験本番はそれまで付けてきた実力以上に、当日の自信が大きく結果を左右すると感じたので、これから受験を控えている人たちには自分の納得の行くところまでやり切ることを大切にして勉強を重ねていってほしいと思います。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

自分の志望校の中での立ち位置や、何を勉強しなければならないかが分かりやすく示されていました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

中学生時に通っていた塾の先生の紹介

Q
東進を選んだ理由
A.

映像による授業という未知の形態に憧れがあった。

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

入試を体験することができ、後の勉強にさらにエンジンがかかりました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

妥協せずに納得のいくところまで繰り返し、とにかく演習をしました。勉強を教え合った仲間、学校の先生、東進の担任の方、家族にかけてもらった励ましの言葉を思い出し、自分がどれだけ多くの人に支えられているかということに思いを馳せると、感謝の気持ちが生まれ、「絶対に結果を出してやろう」と前向きになれました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

何か自分の中でうまく集中できるようにするためのルーティーンを持っておくと良いです。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

医師である父に憧れを持ち、高校生になる前に医師になることを決めていました。初めのうちは委協することなく、自分の理想の志望校を目指すべきです。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

「受験は団体戦」という言葉の意味を実感させてくれたもの。周囲の人と支え合って勝ち取ったものでした。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

受験勉強を通じて学んだ「受験は団体戦」は、医師の仕事においても「医療はチームワーク」という言葉にあるように、当てはまるものがあると思っています。大学および病院で学びを深め、他の医療従事者と言葉を交わし、信頼関係を築き、チームだからこそ為し得る医療の実現を目指していきます。

Q
東進のおすすめは?
A.

学力POS


実力講師陣


過去問演習講座


Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル物理 力学 】
内容はかなり難しいため、理解できるまで何度も繰り返したり、人に聞いたりしました。1コマ1コマを大切にしました。

【 ハイレベル化学 理論化学 】
入試に必要な化学の内容がわかりやすくまとめてあったので、授業を受けながら、すべて覚えるつもりで取り組みました。図表と合わせて学習すると効率が良いです。

友達にシェアする