2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1242人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
同志社大学 文化情報学部

宮田陽南子さん

東進衛星予備校倉敷駅前校

出身校: 倉敷古城池高等学校

東進入学時期: 高2・1月

所属クラブ: 生徒会執行部 生徒会長

引退時期: 高2・3月

この体験記の関連キーワード

私は、高校2年生の秋から本格的に大学調べを始めました。高校生活の中で地元の活性化や伝統文化の継承活動に尽力していたので、これらをアピールできる入試方法をと思い推薦・AO入試を中心に調べました。調べを進めていくと、推薦・AO入試では受験科目に小論文を課す大学が多かったため、全国レベルの小論文の力を身につけたく、学べる場所を探しました。そこで出会ったのが東進です。また、推薦・AO入試対策と並行して一般入試対策もでき充実した時間を送ることができました。そして、AO入試という自分に合った入試方法で同志社大学に合格することができました。大学ではデータサイエンスを学び人の興味や行動を読み解く力を身につけて将来に活かしていきたいと考えています。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
おすすめ講座
A.

【 ベースチャレンジ現代文 】


【 ベースチャレンジ英語 】


【 小論文の基礎 】


友達にシェアする

 

ベースチャレンジ現代文

「読む力」と「解く力」の集中トレーニングで、入試現代文に必要な基礎を確実にマスターします

板野博行 先生

学校教科書の現代文を読む感覚で入試レベルの現代文に挑戦しても、解けないのは当たり前。入試現代文には入試現代文に必要な力というものがあるのです。本講座では、入試現代文の読解に必要な学力を体系的に「読む力」と「解く力」に分類し、それぞれの項目を集中的にトレーニングすることによって、自分の現代文の弱点を克服し、入試レベルの現代文読解に必要な基礎学力を無理なく身につけます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:現代文の読み方・解き方がよくわからない生徒

東進の授業を体験する

ベースチャレンジ英語

英語が苦手に感じるときは、中学英語を総復習しよう!

山中博 先生

授業を聞き、その場で演習ができるトレーニング形式の講座なので、必ず授業中に定着を図ることができます。中学校レベルの英文法をゼロから非常に丁寧に指導し、その場で必ず定着させます。スモールステップで進むので無理なくトレーニング学習ができ、受講後には高校レベルの英文法を理解する準備が万全となります。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:英語が苦手で、どこから勉強すればいいのかよく分からない生徒

東進の授業を体験する