2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

中央大学
商学部

no image

写真

菅原杏奈さん

東進ハイスクール西葛西校

出身校: 跡見学園高等学校

東進入学時期: 高2・11月

所属クラブ: 陸上競技部 学年代表

引退時期: 高2・9月

この体験記の関連キーワード

やった分だけ最後まで伸びる

 受験を何となく意識し始めたのは部活を引退した高2の9月で、周囲の人たちと比較すると遅かったような気がします。東進に入ったのは高2の11月でした。正直入ってからも自分が受験生だという意識はあまりなく、皆が勉強しているから自分もそろそろやらなければ、その程度の気持ちだったので最低限の勉強(学校のテスト対策、受講、高速マスター)しかしていませんでした。ただ、当時の担任助手の方が「英語は高3になるまでにある程度固めておいた方がいい」と仰っていたので、今井先生のC組・B組には真面目に取り組みました。そのおかげか、英語の基礎は4月の時点でそれなりに安定していたと思います。

4月の終わりあたりからは吉野先生の基礎からの的中パワーアップ古文の受講を始めました。それまで英語以外の教科の勉強は全く疎かにしていたので、今となってはもっと早くからやっておくべきだったなと少し後悔しています。

そんな調子で夏までは英語と古文の勉強が中心で、世界史に取り組み始めたのは夏休みに入ってからでした。学校の授業で使っているプリントを一から覚えなおす→問題集を解く→教科書を読んで最終確認し、抜けがあったらその時に覚える→次の単元に進む、というのが私の暗記スタイルでした。「後で見直そう」ではなく、「一回で全て覚えきる」くらいの気持ちで取り組むのが効率的かつ自分に一番合ったやり方でした。

夏休みが終わってからは新しく英・国の講座を85コマとり、とにかく受講を進めました。試しに一度志望校の過去問を解いてみたとき、センター試験とタイプの異なる問題になると全くと言っていいほど解けない自分の現状に失望し、問題の傾向や解き方を知らないまま過去問を解いても身にならないと思いました。また、単語帳や文法書などを使うのが嫌いだったので、知らなかった知識はその時に覚えるという形で講座やテキストを利用していました。

冬休みは残っていた受講とセンター試験対策、世界史の復習に時間を費やし、センター試験が終わってからはひたすら受験する大学の過去問を毎日必ず1年分は解いていました。過去問で解いた問題が他の大学の入試本番で出るということは結構よくあることなので、直前期は新しいことを詰め込むよりも今までやってきたことをきちんと復習することが何より大切だと思います。

結果として私は第一志望・第二志望に合格することは叶いませんでしたが、その原因は受験生としての自覚を持つまでに時間がかかり、一般的な受験生の勉強量に圧倒的に及ばなかったためです。それでも中央大学に合格することができたのは、ただ闇雲に勉強時間を増やすのではなく、自分に合った勉強法を見つけ、やるべきことを効率よく集中してこなすことができたからだと思います。「やった分だけ最後まで伸びる」というのは本当だと実感しました。諦めずに最後まで自分ができることをやり切ってください。

大学生になれば今よりも自由な時間が増えますが、自分の学びたい分野の学部に入ったからにはきちんと勉学に励みつつ、好きなことややりたいことも思う存分楽しもうと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

どこの大学の過去問を何年分解くという計画を一緒に立てて下さったので、受験直前期でも時間を無駄にすることなく勉強できました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

模試の結果が揮わなかったときに励ましのお言葉を頂いたので、気落ちすることなく切り替えることができました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

実際のセンター試験よりも少し難易度が高めに作られている(気がする)ので、良い点数が取れたときは本番への自信に繋げていました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

その他

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

兄が通っていたため。

Q
東進を選んだ理由
A.

映像授業が自分に合うと思ったからです。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

普段東進で雑談をする機会が私はほとんどなかったので、同学年の話を聞けるのは新鮮で楽しかったです。

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のB組・英語実力アップ教室 】
今井先生の雑談がとても面白いので飽きることなく受講を進められ、難関大学(東大・早稲田等)の問題に触れつつ基礎的な知識を身につけることができるからです。

【 過去問演習講座 センター対策 】
自己採点する際にかかる手間を省くことができ、解説授業もついているので何故間違えたのかをきちんと理解することができるからです。

 中央大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 0

友達にシェアする

今井宏先生

今井宏のB組・英語実力アップ教室

「確実で速い問題の解き方」を、わかりやすく

文法などの基礎はだいたい理解できているけれど、長文読解に不安が残り、模試の成績が思うように上がらず焦っている受験生が対象です。長文読解問題を毎回1問徹底解説し、スピーディで正確な解き方を身につけていきます。「模試になると、どうしても時間が足りなくて……」と悩んでいる皆さんのために、長文読解の基礎完成を目指し、残った時間で整序英作文・文法語法問題・会話体問題なども強化していきます。地元国公立大学・明青立法中・学習院・関関同立などを志望する高3生の「エンド講座」に最適。高い目標を持つ高2生にもオススメです。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター85%以上を目標とし、長文読解での得点向上を目指す生徒