2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
政治経済学部

no image

写真

伊藤直登くん

東進衛星予備校平針校

出身校: 昭和高等学校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: 映画研究部 部長

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

早めに勉強を始めること

 私は中学生のとき勉強をまったくやらず、中3後半になってようやく高校受験を意識しました。そのため、高校受験はそれまでやっていなかった内容を無理やり詰め込まざるをえなくなり、かなり苦労しました。そういった反省を踏まえて、高校一年生の春から東進に入学して学習を早く始めることを決意しました。

私が考える東進の利点は、自分で考えて自由に学習が進められること、毎日早くから開いていること、授業がかなりわかりやすいことだと思います。僕はあまり他人から押し付けられた勉強をするのは嫌いだったので、宿題などもなく、どう授業を消化させるかを生徒に任せる東進の風土はあっていました。そして、毎日早くから開いていること、授業のわかりやすさによって集中できる環境が手に入るのはやはり大きいことでした。家ではスマホやゲームなどの誘惑が多く集中できないし、わかりにくい教材を使って勉強しても要領が悪くなるだけですからね。

また、東進には難関大学を目指す人のための「過去問演習講座」があります。これは、大学の過去問を解く際に、採点サービスに解説授業もついているかなり有効な志望校対策のためのツールです。解説は実力講師陣が担当しており、理解のしやすさは折り紙つきです。できるだけとったほうがよいと思います。

僕が受験勉強で一番大切だと思うのは、行動を早めに起こすことです。皆さん一度は「勉強を早く始めておけばよかった」。という言葉を聞いたことがあると思います。実際に、受験勉強を始めたのが遅くて、志望校に受かるための対策に時間がかけられない場合がよくあります。時間は有限です。「まだまだ受験は後のこと」。と思っていても、いつのまにか3年生になってしまって後悔することがないようにしてください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

当日受けることで臨場感が味わえるからです。

Q
東進を知ったきっかけ
A.

テレビCM

Q
東進を選んだ理由
A.

家から近かったことと映像授業に惹かれたからです。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座


実力講師陣


高速マスター講座


Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード日本史B PART1 】
金谷先生の日本史のわかりやすさはずば抜けているからです。理論的に話が展開されるので頭に入れるのが苦でなくなります。

【 スタンダード日本史B PART2 】


【 スタンダード日本史B(戦後史の攻略) 】
戦後史の対策は後手にまわりがちで、ここで差がつけられるからです。

 早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 44

友達にシェアする